• 危険なビーナス

    『コンビニ人間』4週連続首位!東野圭吾最新作『危険なビーナス』も好調 今週の週間総合ランキング(8/31調べ)

    2016年09月01日
    もっと見る
    日販 仕入部 SxGxMxT
    Pocket

    前回のランキングでは、芥川賞受賞作『コンビニ人間』が3週連続で首位獲得、次いで『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』が第2位となりました。今週のランキングはどうなったのでしょうか?

    ランキングど~~~ん!

    順位 書名 著者 出版社
    1 コンビニ人間 村田沙耶香 文藝春秋
    2 危険なビーナス 東野圭吾 講談社
    3 どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法 Eiko サンマーク出版
    4 掟上今日子の家計簿 西尾維新 講談社
    5 鋼のメンタル 百田尚樹 新潮社
    6 八男って、それはないでしょう!(9) Y.A KADOKAWA
    7 君の名は。(角川つばさ文庫) 新海誠
    ちーこ
    KADOKAWA
    8 自分を操る超集中力 DaiGo かんき出版
    9 ざんねんないきもの事典 今泉忠明
    下間文恵ほか
    高橋書店
    10 言ってはいけない 橘玲 新潮社

    村田沙耶香さんによる芥川賞受賞作『コンビニ人間』が、4週連続で首位を守る結果となりました! 読みやすい文体ながら鋭い視点で人間のありさまを抉っていると評判の本作。発売から1か月以上が経ちましたが、まだまだ売れています。

    第2位は東野圭吾さんの最新作『危険なビーナス』! 8月26日の発売から1週間足らずで第2位を獲得するとは、さすがです。こちらは早くも9月2日の重版出来が決まっています。

    危険なビーナス
    著者:東野圭吾
    発売日:2016年08月
    発行所:講談社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784062202404

    第7位には、大ヒット上映中の映画「君の名は。」の児童向け文庫がランクイン。なお原作小説は、先週に引き続き文庫部門で第1位を獲得しています。

    君の名は。
    著者:新海誠 ちーこ
    発売日:2016年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784046316417

    今週のランキングで注目したいのが、第9位の『ざんねんないきもの事典』。夏休み期間に入ってから爆発的に売上を伸ばしている児童向けの科学読み物で、紫外線を浴びると光る「サソリ」、敵に襲われると死んだふりをするネズミに似た動物「オポッサム」といった、進化の結果なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちが122種類紹介されています。

    ざんねんないきもの事典
    著者:下間文恵 徳永明子 かわむらふゆみ 今泉忠明
    発売日:2016年05月
    発行所:高橋書店
    価格:972円(税込)
    ISBNコード:9784471103644

     

    今週のスポットライト:あなたもきっと恋をする!「君の名は。」公式ビジュアルガイド

    総合ランキングでは圏外ながら注目のタイトルをピックアップする「今週のスポットライト」。今週は、8月26日に公開された映画「君の名は。」の公式ビジュアルガイドを取り上げます。

    すでにご紹介したとおり児童向け文庫が総合ランキング第7位、原作小説が文庫部門で第1位を獲得している、新海誠監督最新作「君の名は。」。今回ご紹介する公式ビジュアルガイドも、単行本ノンフィクションほか部門で第6位にランクインしています。

    君の名は。公式ビジュアルガイド
    著者:東宝株式会社 コミックス・ウェーブ・フィルム
    発売日:2016年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784041047804

    新海誠監督最新作の公式BOOK。監督インタビューをはじめ、キャストインタビュー、製作の裏側までご紹介。キャラ設定や背景画など、ビジュアルをふんだんに掲載した豪華決定版。

    KADOKAWAオフィシャルサイト『君の名は。公式ビジュアルガイド』より)

    映画「君の名は。」は、「秒速5センチメートル」(2007年)や「言の葉の庭」(2013年)などを手掛けてきた新海誠さんによる最新作。心が洗われるような透明感で定評のある絵に加え、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」で知られる安藤雅司さんが作画監督、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の田中将賀さんがキャラクターデザインとして参加するなど今の日本を代表するクリエイター陣によって制作されていることでも注目を集めています。

    「高校生の男女が入れ替わる」というよくある設定が、予告編からは分からない“ある事実”によって予想外の展開を迎えるストーリーに心を掴まれた方も多いはず。ぜひ公式ビジュアルガイドで、「君の名は。」の世界をもう一度堪能してくださいね。

    以上、今週の総合ランキングでした。来週もお楽しみに! それではまた~。

     

    映画「君の名は。」関連記事

    映画「君の名は。」公開!神木隆之介が新海誠作品の世界を語る「新海誠Walker」発売

     

    先週の総合ランキング

    「開脚本」が連続首位の『コンビニ人間』に迫る!今週の週間総合ランキング(8/25調べ)

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る