今売れている文庫ランキング(2016年7月25日~31日)

2016年08月09日
もっと見る
ほんのひきだし編集部
Pocket

単行本として出版された作品の文庫版や、時代小説、ライトノベルなど、さまざまなタイプの作品が入り乱れている文庫ジャンル。価格帯も手に取りやすいのでよく買うという方は多いと思いますが、日々新刊がたくさん発売されており、たびたび「気が付いたら買い逃していた!」なんてことがあるのではないでしょうか。

そんな文庫ジャンルでは今どんな作品が売れているのか? 今週から、1週間の売れ筋商品をランキング形式でご紹介します(※今回の集計期間:7月25日~7月31日)。

 

文庫売上ランキング トップ3

順位 書名 著者 発売日
1 新潮文庫
村上海賊の娘(3)
和田竜 2016/7/28
2 新潮文庫
村上海賊の娘(4)
和田竜 2016/7/28
3 新潮文庫
村上海賊の娘(1)
和田竜 2016/6/27

上位を『村上海賊の娘』が占拠する結果となりました。6月発売の第1巻・第2巻に続き、第3巻と完結4巻が発売されました。とにかく発売初速がすごかった! 多くの方が続きを待ちわびていたのでしょうね。

 

第4位~第10位

順位 書名 著者 発売日
4 角川文庫
小説 君の名は。
新海誠 2016/6/18
5 新潮文庫
村上海賊の娘(2)
和田竜 2016/6/27
6 文春文庫
死神の浮力
伊坂幸太郎 2016/7/8
7 集英社文庫
共犯捜査
堂場瞬一 2016/7/20
8 角川文庫
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし
太田紫織 2016/7/23
9 オーバーラップ文庫
ありふれた職業で世界最強(4)
白米良 2016/7/25
10 PHP文芸文庫
夢幻花
東野圭吾 2016/4/7

第4位の『小説 君の名は。』は8月26日公開の映画「君の名は。」の原作小説。「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」で多くの人の心を掴んできた新海誠監督の3年ぶりの最新作に、期待が高まっています。

第8位『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』と第9位『ありふれた職業で世界最強』は、それぞれ小説投稿サイト「E★エブリスタ」「小説家になろう」発の作品。『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』はアニメ化やコミカライズも果たした人気作です。

 

第11位~第20位

順位 書名 著者 発売日
11 新潮文庫
約束の海
山崎豊子 2016/7/28
12 集英社オレンジ文庫
青空エ-ル
下川香苗 2016/6/23
13 角川文庫
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
宮部みゆき 2016/6/18
14 角川文庫
はなとゆめ
冲方丁 2016/7/23
15 ファミ通文庫
賢者の孫(4)天下無双の魔王降臨
吉岡剛 2016/7/30
16 宝島社文庫
ぼくは明日、昨日のきみとデ-トする
七月隆文 2014/8/6
17 富士見ファンタジア文庫
ハイスク-ルD×D(22)卒業式のグレモリー
石踏一榮 2016/7/20
18 小学館文庫
世界から猫が消えたなら
川村元気 2014/9/18
19 角川ホラー文庫
ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
内藤了 2016/7/23
20 中公文庫
怒り(上)
吉田修一 2016/1/21

第12位には8月20日公開の映画「青空エール」のノベライズがランクイン。原作は河原和音さんによる少女漫画で、映画では土屋太鳳さんが主演を務めます。映画化関連では、第16位『ぼくは明日、昨日のきみとデ-トする』が福士蒼汰さん✕小松菜奈さん主演で実写映画化され、2016年12月公開予定。東出昌大さんが福士蒼汰さんの親友役で出演することでも話題を呼んでいます。

第19位の『ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』は、7月12日より関西テレビで放送されているTVドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の原作シリーズ最新作。ドラマでは波瑠さんが初めての刑事役に挑戦しています。

第20位『怒り』は、空前の大ヒットを記録した映画「悪人」の吉田修一さん✕李相日監督が再びタッグを組み映画化されるヒューマンミステリー(2016年9月16日公開)。読書メーターとダ・ヴィンチが共催する「レビュアー大賞」の課題図書にもなっています。

No.1レビュアーは誰だ!?読書メーター×ダ・ヴィンチ「レビュアー大賞」応募受付スタート

 

もうちょっとでランクイン!

烏に単は似合わない
著者:阿部智里
発売日:2014年06月
発行所:文藝春秋
価格:756円(税込)
ISBNコード:9784167901189

史上最年少で松本清張賞を授賞した阿部智里さんが描くファンタジー大河「八咫烏」シリーズに注目が集まっています。后選びや王座を守るための政敵との戦いなど、ビジネスパーソンからも高い評価を得ている小説で、その記念すべき1作目がランキング上昇中。2作目の『烏は主を選ばない』と対になっている作品ですので、2作あわせて読むのがおすすめです。

このコーナーでは今後、文庫ランキングにあわせて、文庫の旬な話題をお届けしていきます。今後もご注目ください。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る