• GWに読まれた本はこれだ!今週の週間総合ランキングトップ10!(5/4~5/10)

    2015年05月12日
    もっと見る
    仕入窓口のさっかー小僧(日販 仕入部)
    Pocket

    久しぶりに新書大ブームの予感!?

    こんにちは!

    大型連休も終わり、次のまとまった休みは夏休みというちょっと憂鬱な毎日が始まりましたね。連休中は天候にも恵まれ、行楽地は大変賑わったようです。私もJリーグを二試合見に行き、フットサルをやって過ごしました。

    これだけ天候に恵まれるとみんな本屋さんには行かないのかと思いきや、この連休中も注目銘柄がよく売れております。ということで、週間ランキングどん!

    (2015年5月4日~5月10日 日販調べ)

    順位 書名 著者
    1 家族という病 下重暁子
    2 ハイキュー!!ショーセツバン!! 5 古舘春一
    3 火花 又吉直樹
    4 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 坪田信貴
    5 NARUTO木ノ葉秘伝 岸本斉史
    6 一〇三歳になってわかったこと 篠田桃江
    7 鹿の王 上・下 上橋菜穂子
    8 暗殺教室殺たん基礎単語でわかる!熟語の時間 松井優征
    9 猫ピッチャー 3 そにしけんじ
    10 嵐、ブレイク前夜. 元「嵐」側近スタッフ一同

    月間ベストの際に注目銘柄として挙げました『家族という病』が並み居る注目銘柄を抑えて第1位となりました!取り上げて全然売れなかったらどうしようとドキドキしてましたが、よかったです(笑)。

    家族という病
    著者:下重暁子
    発売日:2015年03月
    発行所:幻冬舎
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784344983762

     

    4位にランクインした『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』、通称ビリギャルは映画公開が始まり売上を急増させています。特筆すべきは4月に文庫化されたにもかかわらず、元本がこれだけ売れているということです。まだまだ注目の一冊ですね。

    学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
    著者:坪田信貴
    発売日:2013年12月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784048919838

     

    また、6位の『一〇三歳になってわかったこと』は、タイトルの通り103歳にして今なお現役の書家である篠田桃紅氏の著作。1世紀を生きてきた著者でも、考え方が固まることなく、重ねてきた人生の年輪から綴られる言葉はまさに箴言。購買層の中心は60代以上の女性で、新聞広告の反響が非常に大きな一冊です。

    一〇三歳になってわかったこと
    著者:篠田桃紅
    発売日:2015年04月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784344027534

     

    仕入窓口がすすめる今週の一冊

    総合ランキングは以上のようになりましたが、ランク外ながらも売上を伸ばしている商品をご紹介します。

    今週はこちら。

    人生がときめく片づけの魔法
    著者:近藤麻理恵
    発売日:2011年01月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784763131201

    2010年12月に発売されて以来、ミリオンセラーにもなった一冊ですが、最近再ブレイクのきざしがあります。きっかけは著者の近藤麻里恵さんがアメリカTIME誌の選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたことです。4月中旬のことですので、ご記憶の方も多いと思います。

     

    以来、週の売上はそれまでの10倍、多いときには30倍にもなっています。また、5月に入ってからも「NHKニュースおはよう日本」や「ニュースウォッチ9」などTVパブリシティも目白押し。まさに第二次片づけブームと言えるでしょう。

     

    常で言うと、片づけ本というのは年末にかけて売行きが上がっていくものなのですが、世界に影響を与える著者の本はそんな常識には当てはまらないですね。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る