バレンタインデーにぴったり!「だっこクマビスケット」の生みの親・Maaさんに、失敗しないコツを教えてもらいました!

2016年02月10日
くらす
SDJ(日販 広報)
Pocket

もうすぐバレンタインデー! もう準備はしましたか? 定番のチョコレシピもいいですが、今年はInstagramでも大人気の「だっこクマビスケット」を作ってみてはいかがでしょう。今回はだっこクマビスケットの生みの親である料理人のMaaさんに、上手に作るコツを伺ってきました!

maa.0206

Maa プロフィール
三重県伊賀市出身の料理人。辻調グループフランス校卒業後、フランス・ブルターニュ地方のレストランで研修。フランス料理店、ホテル、ビストロ、ブリティッシュパブなどの飲食店に勤務し、2016年現在はクラフトビールと料理が楽しめる「終日 one」(東京・代々木上原)で料理を担当している。

だっこクマビスケットBOOK
著者:Maa
発売日:2016年01月
発行所:宝島社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784800251282

いま、TwitterやSNSで話題の「だっこクマビスケット」。アーモンドやコーヒー豆をギュッとだっこしている姿がとっても可愛いと注目を集めているこのビスケットを作るのに使える抜き型5点をセットにしました。ミニレシピには基本のビスケット以外に、クリームをサンドしたスペシャルなビスケットの作り方も掲載!作って楽しい、プレゼントに最適なビスケットBOOKです。(宝島社HPより引用 http://tkj.jp/book/?cd=62512801

 

だっこクマをバレンタインデーらしくアレンジしよう

―バレンタインデーにおすすめのだっこクマレシピを教えてください!

Maa:バレンタインにはココア生地のだっこクマがおすすめです。カカオに含まれている油分のおかげか、抱っこさせるのが簡単で失敗しにくいんですよ。ハート型のスプリンクル(トッピング用シュガー)を抱っこさせるとかわいいと思います。
スプリンクル※写真はcuocaさんのHP(http://www.cuoca.com/?ref=header_top)よりお借りしています。

Maa:「ハートはちょっとかわいすぎる」という大人の方は、アーモンドのままでも十分かわいいです。その際はラッピングのリボンを赤にしてみるとバレンタインらしくていいかもしれません。

DSCN2276.02

Maa:あと、後ろ姿のビスケットにチョコレートをサンドするレシピも用意しています。全体にチョコレートを塗ると挟んだときにはみ出してしまうので、真ん中にこんもり置くのがコツです。横から覗いて、はみ出す寸前のところで止めるときれいにできますよ。それに、真ん中にチョコを置いたほうが厚みが出ておいししそうに見えるんです。

 

『だっこクマビスケットBOOK』は初心者も安心のオリジナル型付き!

―『だっこクマビスケットBOOK』にはオリジナルの型が付いていますよね。どんなところがポイントですか?

Maa:私がもともと使っていた型はちょっと細身だったので、手の部分がちぎれやすくて型を抜くのが難しかったんです。なので今回は座っている姿の型にして、全体的にコロッとさせました。おかげでかなり抜きやすくなったんじゃないかと思います。手は折りたたむことを前提に、長めにしてみました。

DSCN2248.02

―生地のアレンジもかなりバリエーションがありますね。

Maa:『だっこクマビスケットBOOK』にはココアや抹茶、シナモンなどを載せています。アーモンドプードルの代わりに片栗粉を使うのもいいですよ。片栗粉を使うと「ボリッ」とした食感の固めのビスケットが作れます。油の量が少ないとボロボロして生地がまとまりづらくなってしまうのですが、だいたいの分量を守っていただければ大丈夫です。てんさい糖シロップの代わりにメイプルシロップを使ってもおいしいですよ。

 

これから作る方へ!失敗しないコツを伝授

―手を折りたたむときのコツはありますか?

Maa:生地を作ったらすぐに手をたたむのがコツです。乾燥するとどうしても折れてしまうので、型を抜いたらまず抱っこさせて、その後ゆっくり好きな顔を描くといいと思います。

―ナッツが取れてしまわないよう上手に抱っこさせるには、どうしたらいいでしょう?

Maa:ナッツをお腹に乗せたら、まずナッツを優しく上から押さえて生地にくっつけます。それから手をたたむのですが、このときに手の部分をつまむようにして慣らすとナッツがこぼれにくくなりますよ。

DSCN2275.02

いかがでしたか? 友達にあげても喜ばれるかわいい抱っこクマビスケット。ぜひバレンタインデーに向けてチャレンジしてみてください。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る