• 「さば缶」は健康食材としてもすごかった!不調を改善する『食べて健康になるレシピ250』

    2019年01月20日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    健康情報誌「おとなの健康」の特別編集による『食べて健康になるレシピ250』が発売されました。

    食べて健康になるレシピ250
    発売日:2019年01月
    発行所:オレンジページ
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784865932706

    本書には健康食材を上手に取り入れることで、体の不調を改善する250の健康レシピが収録されています。

    2018年に大きな話題を集めた「さば缶」や売り切れ続出のブームとなった「もち麦」、腸を元気にする「乳酸キャベツ」など話題の健康食材が登場。

    さらに血液をサラサラにする「酢玉ねぎ」「青魚」、骨を丈夫にする「牛乳」「大豆製品」、筋力をアップさせる「鶏胸肉」「鮭」のレシピも掲載されています。

     

    お手軽食材「さば缶」で血液をサラサラに

    近年ブームを巻き起こしている「さば缶」も健康食材のひとつ。青魚に多く含まれる脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)が善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにするそうです。

    本書に掲載されているのは、下ごしらえのいらない「さば缶」ならではのお手軽レシピ。

    食欲がない時におすすめな「さばとごぼうのさっぱり煮」をはじめ、煮込まず短時間でできる「さば缶カレー」や、いつもの料理にプラスできる便利な作りおき食材「さば醤」など、手軽にチャレンジできるものばかりです。

    ▼さばとごぼうのさっぱり煮

    ▼さば醤

     

    使い勝手の良い食材「まいたけ」で骨を丈夫に!

    骨を丈夫にするにはカルシウムだけでなく、ビタミンDが必要。カルシウムの吸収を促進して、血中のカルシウムを骨まで運ぶ働きをします。

    「まいたけ」は、きのこ類のなかでもビタミンD含有量がひときわ多いことが知られています。免疫の働きをサポートしたり、血管を丈夫にしたりして動脈硬化や心筋梗塞を予防する作用もある、今注目の食材です。

    そのうえ「まいたけ」は和・洋・中、さまざまな味つけに合わせられ、使い勝手が抜群な食材でもあります。

    本書には、乳製品との組み合わせでカルシウム吸収率をさらにアップできる「まいたけとえびのグラタン」、汁ごと食べて栄養をまるごと吸収できる「まいたけとわかめのキムチスープ」などが掲載されています。

    ▼まいたけとえびのグラタン

    ▼まいたけとわかめのキムチスープ

    そのほかにも繊維が豊富な「もち麦」を使った「あさりとブロッコリーのもち麦リゾット」、食物繊維やビタミンに乳酸菌もいっぱいの「乳酵キャベツ」をアレンジした「キャベツ入りしょうが豆乳豚汁」など、美味しく健康になれるメニューがたっぷり掲載されている本書。

    今年は話題の食材を取り入れて健康な体を目指しましょう!

    食べて健康になるレシピ250
    発売日:2019年01月
    発行所:オレンジページ
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784865932706

     

    おすすめ関連記事

    いま話題の“サバ缶”で簡単に本格おつまみが完成!?手間がかかりそうな2品を実際につくってみた
    「サバ缶」を使って料理家2人が対決したら……?簡単なのに絶品のおつまみが完成!!
    その食べ方じゃもったいない!管理栄養士が教えるレシピ付き『食材のかしこい食べ方』




    タグ
    Pocket

  • 広告用_スマホ記事下

    dos20190107
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る