• モード系ファッション誌「GINZA」がリニューアル!新連載陣にソニア・パーク、平松洋子、EMC江本祐介らが登場

    2018年05月13日
    くらす
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    “東京発のモード系女性ファッション誌”として親しまれてきた「GINZA」(マガジンハウス)。

    今年で創刊21年目を迎えた同誌が5月11日(金)発売の6月号よりリニューアルし、新たな内容で書店店頭に並んでいます。

    新生GINZAがテーマにしたのは「Mode For Beautiful.」「Celebrate Everyday.」「Door To Intelligence.」の3つ。クラシックと最先端の同居する“銀座”という街からの発信にこだわり、ファッションの持つ「ささやかだけれど確かな楽しみ」を伝えるべく連載陣も一新されています。

    リニューアル第1弾となる特集は「OK, Ladies! 初夏の足音が聴こえる。」。モードな服はオーセンティックに、コンサバティブな服はモダンに着るという「GINZA」ならではのスタイリング。

    素肌が勝負となるこの季節にあわせたスキンケアグッズの紹介や、ファッションとのかけ合わせで提案するコスメ情報なども掲載されています。

    また「GINZA」の共感する女性にインタビューする連載「レディの肖像」には、第1回のゲストに女優・市川実日子さんが登場。

    先日オープンした「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」の花田菜々子店長をはじめ、街の気になる“個性派書店員”3名によるおすすめ本や、脱力系ラップで話題の「Enjoy Music Club」メンバー・江本祐介さんによるショートストーリー「QUIET TOWN OF TOKYO」、カラオケの十八番を自身の経験とともに語る「アノコノオハコ」(第1回:高橋ひとみ)なども読むことができます。

    GINZA (ギンザ) 2018年 06月号
    著者:
    発売日:2018年05月11日
    発行所:マガジンハウス
    価格:800円(税込)
    JANコード:4910128030680

    1.Mode For Beautiful.
    「このワンピースを着たらかわいくなれるだろうな」「今季のあのブランドのジャケット、こうスタイリングすると素敵」……都会に暮らし、モードに対する健康的な関心がある女性たちの心に、ポジティブなさざ波が立つようなファッション特集をお届けします。洋服だけでなく、ヘアメイクや言動もTPOに合わせて上品に振る舞える、美しくチャーミングな女性が新生GINZAのイメージです。

    2.Celebrate Everyday.
    春の気配を感じて軽快なアウターで外に出る喜び、お気に入りのシャツでうなぎを食べに行く夏の夕暮れ、ファッションを楽しむことは、季節を楽しむこと。都会で暮らす忙しい私たちの毎日に奥行きを出すのに、誰もが享受できるファクターとして四季を大切にします。

    3.Door To Intelligence.
    かっこいい先輩たちから物事の本質を教えてもらいます。ソニア パークさんからはスマートショッパーになる審美眼を、平松洋子さんからは日々の料理のエッセンスを。さらに歌舞伎、落語、クラシック……いつかは触れるんだろうなと思いながら気づけば通り過ぎてきた古典の教養や季節の花のことも。知らないことは恥ずかしい事じゃない、そんな気持ちで、知的好奇心を刺激する扉を明るく開きます。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る