• 普通の腹筋の5倍の効果!「世界一受けたい授業」で紹介された『5秒腹筋』が売行好調

    2017年12月13日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    「世界一受けたい授業」で紹介!『5秒腹筋』が売行好調

    日本テレビ「世界一受けたい授業」(11月11日放送回)で紹介されたのをきっかけに、現在あるエクササイズの本が売れています。

    その本のタイトルは『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』です。

    5秒腹筋劇的腹やせトレーニング
    著者:松井薫
    発売日:2017年10月
    発行所:西東社
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784791627073

    番組には、「5秒筋トレ」の提唱者でパーソナルトレーナーの松井薫さんが登場。「家でできる5秒筋トレ」として、二の腕・ふくらはぎ・太もも・おしり・お腹に効くエクササイズを紹介しました。

    そして番組放送後、『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』の売上は急伸長。松井薫さんは「5秒筋トレ」に関する著書をいくつか出版されていますが、その中でも『5秒腹筋劇的腹やせトレーニング』は、特に大きく売上を伸ばしました。

    ▼『5秒腹筋劇的腹やせトレーニング』の日別売上冊数。番組放送翌日に、一気に売上が跳ねています。

    番組内では発表された「本当に痩せたい体の部分」のアンケート結果にもありましたが、この反響を見ても、やはり多くの人にとって、ぽっこり膨らんだお腹は悩みのタネになっているようです。

    それでは今回紹介された「5秒腹筋」とは、どのようなエクササイズなのでしょうか?

     

    「5秒腹筋」とは何なのか?

    松井薫さんが考案した「5秒腹筋」は、「体に負担をかけない」「1回たったの5秒」「お腹の筋肉を“つぶす”」という3点がポイントです。

    その内容は、従来の腹筋運動のようにつらい動きを繰り返すのではなく、お腹の筋肉をつぶした状態で、5秒間姿勢をキープするだけというもの。「お腹の筋肉をつぶす」という表現はあまりなじみがないかもしれませんが、腹筋を空き缶に見立て、上下から力を加えてグシャッとつぶすイメージで上体を前に倒します。

    一般的な腹筋は「床に横たわって上体を起こす」という動作を繰り返すものですが、これは筋肉や関節への負荷が大きく、首や腰を痛めるおそれもあります。そしてきついわりにすぐに効果が実感できないので、長続きしない人が多いのだそうです。

    それに対して「5秒腹筋」の姿勢は、体に大きな負担がかからないので、体力に自信がない人でも簡単にできるのだそう。運動自体もきつくないので、楽に行えます。

    さらに従来の腹筋に比べて、5倍も効果があるのだとか。収縮して負荷がかかった状態を維持する運動は「アイソメトリック運動」と呼ばれており、気になる箇所に効果的に刺激を与えるため、脂肪燃焼効果が高くなります。

    「5秒腹筋」ではトレーニングで鍛えている筋肉をイメージすることも大切で、脳からの指令が筋肉に伝わりやすくなると解説されています。また、「筋肉に話しかける」ことも推奨されており、本にも話しかける筋肉の部位とどのように話しかけると良いのかが掲載されています。筋肉と会話をすることで狙った所を効率よく鍛えられるのだそうです。

    以上のように、「5秒腹筋」は負荷が少なく楽に実践できるだけでなく、効果が出やすいので長続きするエクササイズなのです。

     

    『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』の内容は?

    パーソナルトレーナーである松井薫さんの著書『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』は、次のような構成になっています。

    ■5秒腹筋ってなに?
    ■STEP1 誰でも成果をあげられる2週間プログラム
    ■STEP2 パーツ別トレーニング
    ■STEP3 正しい食事のとり方

    導入の「5秒腹筋ってなに?」では、まず「5秒腹筋」のポイントやメリットを解説。「劇的にトレーニングの効果を高めるコツ」も公開されていますので、しっかり理解しながら読みましょう。

    またこの章には、実際に「5秒腹筋」エクササイズを2週間試したモニターの成果や体験談も掲載されています。モニターの例を見ると、プログラム終了後には腹囲が細くなり、くびれがあらわれています。2週間でマイナス10.9cm細くなった人も! 体重もしっかり落ちており、その効果に期待が高まります。

    次の「STEP1」が、『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』のメインコンテンツ。「5秒腹筋」の2週間のプログラムが公開されています。

    このプログラムでは、2週間毎日行なう基本エクササイズ2種類と、ターゲットとなる筋肉にピンポイントで刺激を与える4種類のエクササイズが紹介されています。4種類のエクササイズは途中でメニューが変わり、1週目は「脂肪を燃やす」筋肉、2週目は「お腹を引き締める」筋肉にターゲットを絞ってトレーニングします。

    『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』では、トレーニング方法の解説だけでなく、実際にトレーニングを行なった体験者からの疑問・不安も紹介されており、それに対して著者の松井薫さんが一つひとつアドバイスをしています。誰もがつまづきそうなポイントばかりですし、「うまくできないのは自分だけじゃないんだな」と不安な点を解消しながらプログラムを進めることができるので安心です。

    続いて「STEP2」では、2週間のプログラムでお腹を引き締めた後に行なう「パーツ別の『5秒筋トレ』」が紹介されています。アプローチする部位は、二の腕や胸、お尻、脚など。そして「STEP3」では、「5秒腹筋」の効果を高める高タンパク・低脂肪の食事法や、トレーニング前後の栄養補給に関するアドバイスが掲載されています。

    『5秒腹筋』というタイトルではありますが、お腹だけでなく、全身を引き締めることができるエクササイズ本です。

    ***

    『5秒腹筋 劇的腹やせトレーニング』は、負荷が少ないのでそれぞれのエクササイズは楽に行なえます。しかし、腹筋以外のすべてのメニューもこなすとなると、ある程度時間はかかりますし、2週間プログラムの間は毎日休まずトレーニングをする必要があります。

    毎日サボらずにトレーニングを続けるのは大変ですが、やればそれだけ効果は期待できそうです。この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る