• 注目の建築家があなたの家をリノベーションしてくれる!8月17日発売「BRUTUS」は約束建築/リノベーション特集

    2015年08月13日
    くらす
    AIDA(日販 仕入部)
    Pocket

    新しく独特な切り口で読者に新しいライフ・スタイルを提案し続ける雑誌「BRUTUS」。8月17日発売(首都圏基準)の第807号で、またまた新しい企画を提案してくれました。

    その名も「約束建築」。なんと「建築家10組が、あなたの物件をリノベーションします」という内容なのです。

    BRUTUS (ブルータス) 2015年 9/1号
    著者:
    発売日:2015年08月17日
    発行所:マガジンハウス
    価格:650円(税込)
    JANコード:4910277510958

     

    新進気鋭から大御所まで 次に手がける物件はあなたの家かもしれない

    今回「約束」してくれたのは、次の10組。若手だけでなく憧れの建築家たちもリノベーションに興味を持ち、今回の企画に参加しています。

    増田信吾+大坪克亘/403architecture[dajiba]/藤田雄介/島田陽/miCo./名和晃平/長坂常/藤森照信/田根剛/アトリエ・ワン

    この企画には、予算や所有する物件の情報といった必要事項を所定のハガキに記入のうえ投函することで応募できます。 集まった応募から各建築家が次のリノベーションの候補となる事例を選び、打ち合わせを経て、実際に設計してくれるという流れです。
    ただし、応募できる建築家は1組だけ。改修可能な所有物件と予算(費用は全て依頼主の負担となります)があれば、誰にでもリノベーションのチャンスがあります。

    ※詳細については本誌の応募要項を確認ください。

    著名な建築家にコンタクトをとること自体、なかなかない機会です。タイミングや条件が合う方は、ぜひこのチャンスをつかみとってください!

    ちなみに、実は15年前にも、「BRUTUS」では “新築で” 同じような企画を実施しています(2000年11/1号)。そのときはあの超有名建築家・安藤忠雄さんも「約束」してくれ、数年後、実際に設計した家が建ったそうですよ。

     

    建築家・作品紹介

    今回参加した建築家の一部の方と過去の作品事例をご紹介します。

    増田信吾+大坪克亘
    増田信吾:1982年生まれ。2007年武蔵野美術大学建築学科卒業。今年9月よりコーネル大学客員教授。
    大坪克亘:1983年生まれ。2007年 東京藝術大学建築科卒業。2008年よりユニットとして活動。
    増田信吾+大坪克旦02.01増田信吾+大坪克旦01.01

     

    403architecture [dajiba]
    1985年生まれの彌田徹(筑波大学大学院修了)、1986年生まれの辻琢磨、1984年生まれの橋本健史(ともに横浜国立大学大学院修了)の3人で2011年に設立。浜松を拠点にリノベーション事例を多く手がける。403 Architecture[dajiba]02.01 403 Architecture[dajiba]01.01

     

    藤田雄介/Camp Design inc.
    1981年兵庫県生まれ。2005年日本大学生産工学部建築工学科卒業。2007年東京都市大学(旧・武蔵工業大学)大学院工学研究科終了。手塚建築研究所勤務を経て、2010年〈Camp Design inc.〉主宰。
    藤田雄介02.01] 藤田雄介01.01

    BRUTUS (ブルータス) 2015年 9/1号
    著者:
    発売日:2015年08月17日
    発行所:マガジンハウス
    価格:650円(税込)
    JANコード:4910277510958

     

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る