シティボーイの教科書「POPEYE」創刊号が完全復刻!創刊40周年記念で1冊まるごと付録に

2016年06月10日
くらす
ほんのひきだし編集部 浅野
Pocket

「POPEYE」創刊40周年!

POPEYEメイン

2016年6月、マガジンハウスの男性向けファッション誌「POPEYE」が創刊から40周年を迎えます。“40周年記念号”と題された6月10日(金)発売の「POPEYE」最新号は、創刊号と同じテーマで特集を組み、さらに完全復刻版の創刊号を1冊まるごと付録にして、「POPEYE」の今と昔を比べることのできる内容となっています。

POPEYE (ポパイ) 2016年 07月号
著者:
発売日:2016年06月10日
発行所:マガジンハウス
価格:980円(税込)
JANコード:4910180290763

 

シティボーイに愛されてきた雑誌「POPEYE」

「シティボーイ」のキーワードを前面に押し出した雑誌「POPEYE」は、今も昔もファッションとカルチャーに敏感な読者のお手本として、長年にわたって愛されてきました。

1976年に編集された「POPEYE」創刊号の内容は、ずばり「カリフォルニア特集」。日本にまだ専門店がない時代のスケートボード研究や、当時アメリカで流行し始めていたジョギング、UCLAに通う大学生たちのリアルライフ、カリフォルニアで見つけた女の子たちなどなど、現代にも通じる“POPEYEらしさ”がぎゅっと詰まっています。

▼小林泰彦さんによる「カリフォルニア スケッチ」

「カリフォルニア スケッチ」

▼スケートボード研究「West-coast Skateboard Catalog」

「West-coast Skateboard Catalog」

今回「POPEYE」40周年記念号の付録となった完全復刻版創刊号では、これら創刊号の全198ページを当時と同じA4変形サイズでリバイバル! 当時の愛読者はもちろんですが、「若い読者に、40年前の『POPEYE』を読んでもらいたくて、創刊号を付録にしました。インターネットも携帯電話もなかった時代、好奇心と情熱だけで作った一冊。今の編集者の教科書のような存在です」という木下孝浩編集長の言葉通り、この「POPEYEの原点」ともいうべき内容は、若い読者こそ楽しめるのではないでしょうか。

 

「POPEYE」最新号でもカリフォルニアを総力取材!

6月10日(金)発売の「POPEYE」最新号では、2016年の西海岸を総力取材! 最新のシティガイドをはじめ、LAで今注目のショップや街で見つけたシティボーイの生活、ドミトリー訪問など、こちらも盛りだくさんです。ぜひ40年前の創刊号と比較しながら読んでみてください。

▼2016年最新のシティガイド

40周年記念号誌面

▼ドミトリー取材では創刊号に登場したUCLAも!

40周年記念号誌面_05

 

TSUTAYA・蔦屋書店では「POPEYE」バックナンバーや限定グッズも販売!

6月10日(金)からは「POPEYE」40周年記年号の発売日にあわせ、TSUTAYA・蔦屋書店のフラッグシップ15店舗限定で「POPEYE」バックナンバーやイラストレーターの長場雄さんによる限定Tシャツ、マグカップが販売されます。

『POPEYE』サンドイッチTシャツ

さらに代官山蔦屋書店には、雑誌「POPEYE」と同年に「アメリカンライフショップ ビームス」をテーマに掲げ創業された「BEAMS」のポップアップショップがオープン! 創業当時の店舗と同様に、西海岸に住む男子学生の部屋をイメージした売り場が展開されます。

***

雑誌「POPEYE」の変わったもの、変わらないものを感じられる「POPEYE」40周年記念号。今はファッションから少し距離を置いてしまっている方も、ぜひ創刊40周年を機に“シティボーイスタイル”の世界を覗いてみてくださいね。

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る