お子さんの算数嫌いを克服!フラッシュ暗算開発者監修のカラーそろばんで算数を好きになろう

2016年01月03日
知る・学ぶ
ほんのひきだし編集部 浅野
Pocket

突然ですが、問題です。

547+194+362=[ ? ]

答えは1,103です。さて今、あなたはどうやって計算しましたか?

 

算数は小学生の好きな科目No.1!でも嫌いな科目もNo.1……

学研総合教育研究所の調査によれば、約22%の小学生が「科目の中で算数が一番好き」と答えたのに対し、ほぼ同数が「算数が一番嫌い」と回答しているそうです。算数は好き嫌い・得手不得手が極端に分かれる科目なんですね。

ちなみに「算数が苦手」と答えたのは特に女子に多いようで、女子だけの集計結果を見ると算数は「好きな科目No.4」「嫌いな科目No.1」となっています。

(2013年3月調査「小学生白書Web版:小学生の日常生活に関する調査」よりhttp://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/index.html

 

テストの点数がよくても、好きでない教科を勉強するのはつらい

算数が好きでないと「答えさえ合っていればいい」と正解を導く方法だけを暗記してしまいがちです。「計算ドリルは正確にできるけれど、文章問題は苦手」「意味は分かっていないけれど、出題されるパターンを覚えて同じ方法で解く」というのがその例。

それが通用しているうちは、好きでなくても苦にはならないでしょう。しかし決して楽しくはないでしょうし、少し変わった問題に出くわしたときに「もう無理!」と一気に嫌いになってしまうかもしれません。

 

そろばんで算数が得意になる!

r-IMG_4278

算数が得意になる!カラーそろばんBOOK
著者:宮本裕史
発売日:2015年11月
発行所:宝島社
価格:1,814円(税込)
ISBNコード:9784800246745

『算数が得意になる!カラーそろばんBOOK』は、その名の通りオリジナルのカラーそろばんがついたドリルです。よく使う一の位・十の位・百の位の珠が塗り分けられているので、初めてそろばんを触る子どもにも分かりやすいはず。

r-IMG_4283

ドリルは7つのステップに分かれており、最初はそろばんの珠の動かし方から始めます。続いてそろばんで計算するときの3つのルールを習得。「10になる『ともだち』とたせないたし算ルール」「5に6~9をたすときのルール」「1~4をたすときのルール」を練習問題で身につけ、それらをクリアしたらルールを組み合わせた問題にレベルアップします。ここまではすべて1桁の計算。これもスムーズにできるようになったら、最後は2桁の問題に挑戦です。

r-IMG_4281

こちらの監修を務めたのは、フラッシュ暗算の開発者・宮本裕史さん。ご自身が珠算のエキスパートなだけでなく、塾の珠算段位合格者数も全国でトップレベルなのだそうです。

***

計算が速く正確にできるだけでなく、集中力も身につくそろばん。ぜひ冬休み・春休みの間にお子さんと挑戦して、算数を「好きな科目」にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る