夢眠書店開店日記 第7.5話:夢眠書店作戦会議!

2015年12月26日
知る・学ぶ
アイドルBOOKS
Pocket

「本が好きだから、もっとたくさんの人に本を読んでもらいたいし、自分もいろんな本と出合いたい」。そんな思いから夢眠書店を作ることに決め、2015年8月から連載している「夢眠書店開店日記」。これまでいろいろなところを取材させていただきましたが、今回「作戦会議」と題して、現在公開している第7話までを振り返りつつ、今後どんな方にお話を伺いたいかなどを話し合いました。


夢眠ねむ(以下、夢眠)作戦会議だし、私、賢い風にPC置きますね(笑)。

ホワイトボードに「夢眠書店作戦会議」と書く

―今日はこれまでを一度総括しようと思います。ねむちゃんはこの連載でいろんなところを取材して、どんなことを思いましたか?

夢眠:これまで取次を皮切りに、書店員の方や出版社の編集や宣伝、営業の方のお話を聞いてきました。絵本に復刊に……結構いろんなところに行きましたね。私は特に絵本や小説ができるまでの話が聞きたかったので、最初に気になっていたところに行くことができて、よかったです。

―行ってみてどうでしたか?

夢眠:お会いした方が皆「本を売りたい」と思っているというか、本が好きで今のお仕事をされている方ばかりだったのが嬉しかったですね。当たり前なのかもしれませんが……。

―確かに「本はあまり好きじゃないけど、お金のためにやっています」という方は少ないですよね。

夢眠:そうそう! 嫌々働いている人に会わなかったのが、すごく幸せでした。やっぱり本好きな人はいい人だなって!(笑)

一同:(笑)

04_ねむ・ほんのひきだし-4th_0974c

夢眠:「いい人だ」というと偏見かもしれないけど、やっぱり「自分が好きなものを好きな人っていいじゃん!」と思いました。あと味方が多くてよかったなとも。「アイドルが入ってきてやだ!」って言われるかもなと思ってたけど、本好きなおかげで皆さんが仲間に入れてくれたというか、さっきも内田さん(第7話に登場いただいた「POP王」こと三省堂書店の内田さん)が「仲間だ!」って言ってくださって。

古幡:さすが!

夢眠:あはは! でもそうやって、私は別の職業だけど出版業界にちょっと足を入れさせてもらったイメージで、ちゃんと本屋さんとしてやれる気がしてきました。

04_ねむ・ほんのひきだし-4th_1063c

夢眠:ただ、見方を変えるとその愛情の深さで、本好きの人たちが知らぬ間に読書の敷居を上げている気もしました。「えっ、これ知らないのにこれ語るの?」みたいなことを……私はちょっと思ったりしちゃうんです……。愛情があるからこそ、こだわりが強くなってしまうんだけれど、「本好き以外の人にも楽しさをきちんと伝えなきゃな!」って改めて思いました。

夢眠:この連載も「本好きの〇〇」っていう内容にしちゃうと、「本苦手だし……」という人が夢眠書店に入って来られなくなっちゃうと思っていて。POPを作ったり、ネットでも見やすいコンテンツを作ったりして、別の角度からの入口をいっぱい作って最終的に“本好き”にするみたいなやり方が、連載を通してなんとなく分かってきたような気がします。

夢眠:あとは……やっぱり、変わり者も多かったですね(笑)。愛すべき変わり者たちというか(笑)。

 

04_ねむ・ほんのひきだし-4th_0959c

古幡:ねむちゃんは、他にはどんなところに行ってみたいですか?

夢眠:自分が知らない職種の方のところに行きたいです。装丁とか……。

―取次の流通センターはどうですか? 本を書店に送る現場なんですけれど。あとは印刷工場や、校閲も面白いかなと思っています。

夢眠:流通センター、見てみたいです! あとはどこかなあ。雑誌かな?

―書店員さんにはたくさん会いに行きたいですよね。

夢眠:そうですね! 色んな書店員さんに会いたいです。喫茶スペースがある書店さんのところに行けたらいいなあ。


第7.5話はこれでおしまい。ほんの一部しかお見せできませんでしたが、今後もさまざまなところに取材に行く予定です。ぜひお楽しみに!

04_endねむ・ほんのひきだし-4th_1127c

今までの連載を読んでいないという方は、ぜひこちらからご覧ください。

〉夢眠書店開店日記 本ってそもそも何なんだろう?①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/3038/

〉夢眠書店開店日記 第2話:ついたくさん買っちゃう本屋さんの秘密①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/3905/

〉夢眠書店開店日記 第3話:編集者ってどんな仕事?(文芸編)①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/4512/

〉夢眠書店開店日記 第4話:本を売るための宣伝とは?①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/4976/

〉夢眠書店開店日記 第5話:大好きな絵本ができるまで ―編集者ってどんな仕事?(絵本編)①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/5610/

〉夢眠書店開店日記 第6話:絶版した本を復活させる「復刊ドットコム」の仕事 ①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/6271/

〉夢眠書店開店日記 第7話:POP王直伝! 見る者を惹きつけるPOP作りの極意①
http://hon-hikidashi.jp/know_learn/6939/

次の「夢眠書店開店日記」を読む ▶

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る