• 『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』英単語が1語わずか15秒で覚えられる!イラストで脳に“刷り込む”記憶法

    2018年08月24日
    知る・学ぶ
    日販 MD課 藤川
    Pocket

    『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』の“脳のある特性”をいかした単語の暗記方法

    8月31日(金)より、第235回TOEIC公開テストの受験申し込みが始まります(試験日は11月18日(日))。

    英単語を覚えるには「単語帳を繰り返し読む」「ひたすら書く」「音読する」などいろいろな方法がありますが、なかなか記憶が定着しない、単語量が増えないという方は多いのではないでしょうか。

    今回はそんな方にぜひ試してみてほしい“脳のある特性”をいかした単語の暗記方法を、『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』、通称「刷り単」からご紹介します。

     

    「赤いブタを保管する」「プリンを弁当に入れないで!」……

    まずはこちら。ブタが宝箱に入っていますね。これはどういう意味でしょう?

    イラストの隣を見てみると……

    「赤いブタを、保管する」。その上に「archive(アーカイヴ):保管する、保管所、倉庫」と書かれています。

    アーカイヴ”タを、“保管する”。このように「刷り単」では、イラストとショートストーリー、英単語とその意味を、ひとまとめで覚えます。

    もう一つ見てみましょう。

    右側の男の子がプリンを持って、いじわるそうに笑っています。左の子は困っている様子。そして2人の前にはお弁当がありますね。

    このイラストで覚える英単語は「prevent」、「防ぐ、予防する」という意味の単語です。

    「『プリンを弁当にいれないで!』といたずらを防いでいる。」、「『“プリ”ンを“ヴェント”ウに入れないで!』と“防いで”いる。」……! ストーリーとして若干無理があるような気がしないでもないですが、この“引っかかり”も、記憶にとどまりやすい仕掛けの一つになっているようです。

    最後にもう一つ。

    眉を剃りこんだやんちゃそうな男の人が、手前の人に怒っているようです。こちらは……

    「glare」(意味:怒ってにらみつける、ぎらぎら光る)という単語を覚えるためのイラスト。「“グレ”た“”ニキが、“にらみつけている”」とあります。

    それではおさらいしましょう。下の3つの単語は、どんな意味でしたか?

     

    ただの「イラスト付き英単語帳」ではない! 単語の掲載順にもこだわりが

    イラスト記憶法を使った暗記はいかがでしたか? 「ダジャレじゃん……」と思った方も、しっかり3つとも覚えられたのではないでしょうか。

    『イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880』に掲載されている英単語は、全部で3000語。そしてTOEICの受験勉強に役立つよう、英単語の重要度にあわせて3つのパートにわけて掲載されています。

    ・【Part A】TOEIC500~800点を目指すうえで確実に押さえておきたい最重要単語(1122語)
    ・【Part B】高得点を狙うための必須単語(758語)
    ・【Part C】中学英語レベルの基礎単語(1120語)

    ※【Part C】はイラストなし

    Part A・Part Bを制覇すると、タイトルの1880語に。試験へ向けて勉強するときは掲載順どおりに、中学英語から復習したいときにはまずPart Cに取り組むというのもいいかもしれません。

    ちなみに本書の出版元・あさ出版の公式サイトによると、編集担当者の方のおすすめ単語は「No.11」と「No.546」だそう。どんな内容なのかはぜひ実物でお確かめください!

    本の帯にあるQRコードから、補足コンテンツやセミナー・勉強会の情報、LINE@で著者に直接質問できるなどの特典もゲットできます。

    イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880
    著者:吉野邦昭 永井堂元
    発売日:2017年02月
    発行所:あさ出版
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784860639693




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る