• KPIはもう古い!注目の目標管理指標「OKR」はどこが違う?【総合4.2点】

    2018年07月30日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    OKR
    著者:クリスティーナ・ウォドキー 二木夢子 及川卓也
    発売日:2018年03月
    発行所:日経BP社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784822255640

     

    『OKR』の要点

    1.OKRを導入する前に、まずミッションを定めるべきだ。誰もが覚えられるぐらい短く、それでいて人を鼓舞させ、向かうべき道を指し示す言葉を選ぼう。

    2.OKRとはO(目標)とKR(主な結果)からなる。Oはミッションに似ているが、より短期的なものだ。KRはOを達成するための定量的な行動指標である。

    3.OKRをうまく導入するうえでは、(1)最初のうちは会社のOKRを1つだけ定める、(2)全社で導入する前に1つのチーム内で導入する、(3)プロジェクト単位で適用するところから始める、という3つの方法が考えられる。

     

    レビュー

    これからはKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)ではなく、OKRの時代になるかもしれない――それが読了後まっさきに出てきた感想だった。

    もちろんKPIとOKRは用いられる場面が異なる。KPIがまったく使われなくなるということはないだろう。だがOKRのほうがより本質的なところをついているし、組織や個人の成長に寄与する指標だと感じる。

    ここでいうOKRとはObjectives and Key Results(目標と主な結果)の略称だ。インテルが開発したこの手法は、グーグルなど名だたるIT企業にも取り入れられ、大きな成果を出している。KPIのように「パフォーマンスを評価する」だけでなく、「人を鼓舞し、能力を高める」ことにも重きを置いており、会社におけるゴールのモデルや存在そのものをつくり替えるポテンシャルがある。まさに変化の激しい現代社会だからこそ生まれたしくみといえよう。

    本書は2部構成となっており、前半では物語(小説)形式でOKRの難しさと有用性が、後半ではOKR運用のコツが、それぞれ詳細に語られる。OKRはかなり柔軟性に富んだ手法だが、一方でかならず守らなければならないルールもある。逆にいうとそれさえしっかり守っていれば、さまざまな規模や業態の企業で効果を発揮してくれるはずだ。

    しくみを通して、企業や個人を成長させる。まさにかくあるべしだ。目標達成のための新たなバイブルとしてご活用いただきたい。

    『OKR』の要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『OKR』が気になる方におすすめ

    コトラーの「予測不能時代」のマネジメント
    著者:フィリップ・コトラー ジョン・A・キャスリオーネ 齋藤慎子
    発売日:2018年03月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:2,592円(税込)
    ISBNコード:9784492557839
    実践版GRITやり抜く力を手に入れる
    著者:キャロライン・アダムス・ミラー 宇野カオリ 藤原弘美
    発売日:2018年02月
    発行所:すばる舎
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784799106839
    チームの生産性を最大化するエマジェネティックス
    著者:小山昇 賀川正宣
    発売日:2018年02月
    発行所:あさ出版
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784866670386
    世界最先端のマーケティング
    著者:奥谷孝司 岩井琢磨
    発売日:2018年02月
    発行所:日経BP社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784822255589




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る