• プレゼンのロジックは「1つの結論」と「3つの根拠」のピラミッドで作る!『1分で話せ』【総合4.0点】

    2018年07月16日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    1分で話せ
    著者:伊藤羊一
    発売日:2018年03月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784797395235

     

    『1分で話せ』の要点

    1.プレゼンの目的は「人を動かす」ことにある。「理解してもらう」ことや「きれいに話す」ことはゴールではない。

    2.聞き手を具体的にイメージし、その人たちの反応を想像しながらプレゼンの準備を進める。準備とは、話す内容や言葉遣い、話し方などを考えていくことだ。

    3.プレゼンにおける「結論」とは、「相手をどこに動かすか」である。

    4.プレゼンのロジックは1つの結論と、それを支える3つの根拠のピラミッドで作る。

    5.ロジックで左脳に、イメージで右脳に働きかけることで、相手の気持ちを動かす。

     

    レビュー

    「自分に自信があり、人前で話すことが大好き」「話す内容が次から次へと頭に浮かんでくるので、プレゼンで困ったことなどない」――会社で働くビジネスパーソンの中で、こういった人はまれだろう。大多数の人はむしろ、プレゼンでは何を話せばいいのかわからないし、人前に出ると頭が真っ白になってしまうはずだ。本書は、そんな人のための一冊である。

    本書では「1分で伝える」ためのプレゼンでの話し方を中心として、「伝わる話し方」を紹介している。結論から話すのはビジネスの基本だが、では結論とは何なのか、といった根本的な問題から、あえて上司に「突っ込ませる」などの応用的なテクニックまでを幅広く取り上げている。それだけでなく、取引先の社長との商談や、会議の収拾がつかなくなってしまった場合など、ビジネスの場で直面しそうなさまざまなシーンが想定されており、実践的だ。また、1つひとつのトピックを紹介する前に「良い例」と「悪い例」が見開きで提示されており、直感的に理解しやすくなっている。

    そもそもプレゼンは「人を動かす」ために行うものだ。したがって、その目的を達成するために、根回しからアフターフォローまで、できることはなんでもやるべきだ――というのが、著者の主張だ。プレゼンが苦手な人はもちろん、プレゼン力に自信をもっている人も、読めば新たな気づきを得ることができるだろう。人前で話す機会がある人にとって、読んでおいて損はない一冊だといえる。

    『1分で話せ』の要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『1分で話せ』が気になる方におすすめ

    どこでも誰とでも働ける
    著者:尾原和啓
    発売日:2018年04月
    発行所:ダイヤモンド社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784478102022
    最強の思考法「抽象化する力」の講義
    著者:的場昭弘
    発売日:2018年02月
    発行所:日本実業出版社
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784534055668
    教養としてのプログラミング的思考
    著者:草野俊彦
    発売日:2018年03月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784797395402
    問題児
    著者:山川健一
    発売日:2018年02月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784344032514




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る