• 10年間で1000万円!?20代・30代の貯金の鉄則を横山光昭さんに聞いてみた

    2018年05月31日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    突然ですが20代・30代の皆さん、貯金ってどれくらいありますか?

    ちなみに筆者も20代後半。昨年5月に総務省が発表した「20代の平均貯金額は184万円」「45.3%が“貯金はしていない”と答えた」という調査結果を見て、「うーん、やっぱりそんなもんか」と思っていました。(※2017年5月発表「家計調査」より)

    でもやっぱり将来が不安だし、貯金は増やしたい。とはいえ投資はなんとなく怖いし、節約する以外にお金を増やす方法もわからない。

    そこで『はじめての人のための3000円投資生活』がベストセラーとなっている家計再生コンサルタントの横山光昭さんに、20代~30代ならではの“家計の考え方”をお聞きしてきました。

    横山光昭(よこやま・みつあき)
    株式会社マイエフピー代表取締役。これまで1万人以上の赤字会計を再生させた実績を持つ庶民派ファイナンシャルプランナー。“未来のおかね”を学べるお店「mirai talk」の共同代表も務める。
    著書に『年収200万円からの貯金生活宣言』『はじめての人のための3000円投資生活』など。5月に、若手ビジネスマン向けの最新刊『めざせ1000万円!20代からの貯金と投資の鉄則』を上梓した。

    めざせ1000万円!20代からの貯金と投資の鉄則
    著者:横山光昭
    発売日:2018年05月
    発行所:小学館
    価格:1,188円(税込)
    ISBNコード:9784093886024

     

    人生に“貯め期”は3度来る!?

    ――本日はよろしくお願いします。さっそくですが、先日出版された『めざせ1000万円!20代からの貯金と投資の鉄則』について伺いたいと思います。20~30代の若いビジネスマンに向けて書かれた本ということですが、この世代の“お金の使い方”に対して、横山さんはどんな考えをお持ちでしょうか?

    貯金に対する意欲は高いと思います。お金に対して真面目というか、好きなものにパーッと使ったりするという声をあまり聞きませんね。「車離れ」「飲み会離れ」なんていう話題もよく聞きますが、映画や旅行、デート代までできれば削りたいという人もいるそうです。

    それ自体を否定するつもりはありませんが、もし「将来が不安でお金が使えない」と窮屈な気持ちでいるのなら、それってすごくもったいない。お金を貯めること以上に、自分という資本を豊かにすることは本当に大切です。なので「節約・やりくりだけではない資産の作り方、増やし方」というのを伝えたくて、この本を書きました。

    ――若い世代に向けて書かれたマネー本って、意外とないですよね。

    多くの貯蓄本には「クレジットカードの枚数を減らそう」「教育費を減らそう」ということが書かれていますけど、若い世代ってそもそも1枚しかクレジットカードを持っていなかったりするし、子どもがいたとしてもまだ幼いので、教育費もそんなにかかっていないんですよね。

    今回はそんな若い人たちにとっての“教科書”になるように、貯金や投資に対してまったく知識がない人にもわかりやすくて、本当に役に立つことだけをまとめた内容にしました。

    ――「若手ビジネスマンが10年間で1000万円貯める」っていうのがテーマになっているんですけど、正直その半分も貯められないような気がしています。というのも、これが私が社会人1年目のときの生活ぶりなんですが……。

    ・初任給21万円(手取りは約17万円)。
    ・都心の企業に勤め、片道30分超の賃貸物件で一人暮らし。
    ・平日:朝夕は自宅で食事、昼は外食かコンビニ。2週間に1回程度、飲み会がある。
    ・休日:土日どちらかは外出。2週間に1回程度、昼夕ともに外食する。

    ――「うまくいけば1か月1~2万円余る」っていうレベルなんですよ。ボーナスを含めて考えれば運よく1000万円に届かなくもないんですけど、引っ越しとか旅行とか、まとまったお金がかかるタイミングがあるとそうはいかないですよね。

    身も蓋もない話なんですけど、お金なんて普通にしてたら貯まらないんですよ(笑)。これから先、結婚して、子どもができて、家を買ったり車を買ったり……みたいなことを考えたら、まとまったお金が必要なタイミングこそあれ、お金をがっつり貯められそうな時期なんてないでしょう?

    ――ないですね。

    結婚・出産といったライフステージが変化するタイミングで家計を見直す方は多いですし、それももちろんきっかけの一つなんですけど、いわゆる“貯め期”ではないんですよ。

    人生には“貯め期”があって、そのときにどれくらい貯められるかっていうのが重要なんですよね。結婚したり子どもができたりすると、そこからしばらくは“貯め期”じゃなくなる。貯め期は、独身時代と、子どもが小学校低学年のとき、あとは子どもが自立してからです。

     

    いざ家計改善! さて、どこから見直す?

    ――今まさに独身です。先ほどのケースだと、まずどこを見直したらいいでしょうか?

    まずは「自分がどういうお金の使い方をしているのか」を認識するところから始めて、“貯金体質”の基礎を作ります。貯金って、本当に小さな積み上げでできているので、数千円浮かす習慣が、頑張れば2万円、3万円浮かすことにつながっていく。逆にガラッと変えてしまうと、続かなくなったときにリバウンドしちゃうんですよね。

    なので、私が相談を受けている方たちには、「自分の行動パターンや消費のクセを把握する」「変化を起こす」「自分になじむようにマネジメントしていく」という方法を、1年くらいかけてゆっくり実践してもらっています。

    ――そこで紹介されているのが「レシートを分類して現状を把握する」というものなんですが、……これ、正直結構大変ですよね(笑)。

    寸分の狂いなくきっちり分類しようとすると“仕事”になってしまいますが、目的は「時間をおいて客観的に見つめる」ということです。なので極端に言うと、時系列に並べて眺めるだけでもいいんですよ。

    何かを買おうと思うとき、「不必要だけど買おう」なんて思わないでしょう。少なくともその時点では「欲しい」「必要だ」と思っているわけです。もっと言うと、ほしいという気持ちが先に立っているときって、不必要だと思っていても必要な理由を作って正当化しちゃうんですよね。

    逆に、動機が強くない「なんとなく買ったもの」は、すぐに記憶からなくなってしまう。なので、すべてを可視化して、定期的に見つめ直すことが重要なんです。しばらく続けているとお金の使い方が気になってきますよ。

    (筆者より)
    後日2週間ほど実践してみたところ、「ほぼ毎日コンビニエンスストアに立ち寄って、お菓子・お酒・ジュースのいずれかを買っている」ということがわかりました。

    ――自分のクセがわかったら、いよいよ家計にメスを入れていくわけですが……。

    私はいつも、「まず固定費を徹底して削りましょう」と言っています。

    支出を「固定費」と「変動費」の2つに分けて考えたとき、多くの人が変動費から着手しがちなんですよね。そっちのほうが手っ取り早いですから。

    固定費は住居費や光熱費など、毎月一定額支払うものです。通信費もそうですね。一方の変動費は、食費や日用品費、娯楽費、交際費なんかがそれに当たります。

    ――確かに、いきなり家賃の安いところへ引っ越すのは難しいですけど、「缶コーヒーを毎日我慢する」という目標ならすぐ実践できますね。

    そうですよね。確かに変動費のほうが、すぐに取り組めるんです。でも人間ですから、気を張っているときは意識が高くても、数か月から1年ずっと継続するなんてことはなかなかできない。となると、手っ取り早くても一定の効果が出ないんですよ。

    その点固定費は、最初は面倒でも、一度しっかり見直すことで一定の効果がきちんと得られるんです。住居費もそうですけれど、最近は格安スマホが普及したおかげで通信費もかなり安く抑えられるようになりました。生命保険だって「社会人になったら入るのが当たり前」と思われているかもしれないですが、自分にとって本当に必要なのか考えたら「あれ? 意外と必要じゃないぞ」なんてこともよくあります。

    ――生命保険、必要じゃないんですか。

    独身の方であれば、一般的に死亡保険はいらないです。死亡保険は、子どもができたときに入るべきですね。結婚していて子どもがいない場合は、仮に配偶者が亡くなっても、5年以上被保険者であれば遺族年金がもらえます。冷たい言い方だけれど、遺族としての保障という意味ではそれでカバーされるので、私はそれ以上の手厚い保障はかけなくてもかまわないと考えています。

    ――なるほど。ということは、私の場合は「格安スマホに変える」「生命保険を解約する」、契約更新のタイミングが近づいたら「家賃の安い物件を探す」ってことでいいんですね。

    めざせ1000万円!20代からの貯金と投資の鉄則
    著者:横山光昭
    発売日:2018年05月
    発行所:小学館
    価格:1,188円(税込)
    ISBNコード:9784093886024

    インタビューの続きは6月1日(金)11:00公開予定です




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る