• 人気声優・梶裕貴が「声優」という仕事への思いを語る『いつかすべてが君の力になる』【5/10発売】

    2018年05月10日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    梶裕貴『いつかすべてが君の力になる』が発売 「14歳の世渡り術」シリーズ最新作

    「進撃の巨人」のエレン・イェーガーや「七つの大罪」のメリオダスなど、数々の人気アニメで主人公の声をつとめてきた声優の梶裕貴さん。

    5月10日(木)、そんな梶さんによる著書『いつかすべてが君の力になる』が河出書房新社から発売されました。

    いつかすべてが君の力になる
    著者:梶裕貴
    発売日:2018年05月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784309617138

    目次
    第1章 僕が14歳だった頃
    第2章 夢に向かって進むということ
    第3章 「声優」って、 どんな仕事?
    第4章 プロフェッショナルとは
    第5章 選ばれ続けるために

     

    苦悩の下積み時代から“人気実力派声優”へ…… 梶裕貴が声優への熱い思いを語る!

    『いつかすべてが君の力になる』は、同社から刊行されている「14歳の世渡り術」シリーズの最新作。さまざまな分野で活躍する大人たちが、若者世代へ向けて〈今を生きるヒント〉を授ける書き下ろしシリーズです。

    今回本書を執筆した梶裕貴さんは、まさに14歳から声優を目指し始めたのだそう。『いつかすべてが君の力になる』では、苦悩に満ちた下積み時代から“人気実力派声優”となった現在までのエピソード、声優という仕事への熱い思いなどが綴られています。

    アニメ作品の収録スタジオなどで撮影された“お仕事現場グラビア”や、「進撃の巨人」でも仕事をともにした音響監督・三間雅文さんのスペシャルインタビューも収録。

    「新書よりもわかりやすく、10代から読める」というコンセプトのもとで制作されている本シリーズですが、梶裕貴さんの知られざる素顔がわかる、ファン必携の一冊です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る