夢眠書店開店日記 本ってそもそも何なんだろう?③

2015年08月15日
知る・学ぶ
アイドルBOOKS
Pocket

アイドル夢眠ねむは本が好き。もっと本をいろんな人に読んでもらいたいし、自分もいろんな本と出会いたい。そんな気持ちから「夢眠書店」という本屋を作ることに決めました。でも、いざ書店をやると言ったところで、何から始めていいか分からない……。実は本のことをそんなに知らなかったと気づいた夢眠ねむは、本に関わるお仕事をしている人たちにいろいろと教えてもらいに行くことにしました。

それが「夢眠書店開店日記」です。

〉第1話「本ってそもそも何なんだろう?①」から読む
〉前の話を読む

今回の対談相手夢眠と古幡

古幡瑞穂 日本出版販売株式会社 マーケティング本部販売企画グループチームリーダー

 PROFILE 
ネット書店の立ち上げを経て、その後はMDとして各種マーケットデータを利用した販売戦略の立案や売場作りの提案を行ってきた。本屋大賞の立ち上げにも関わり、現在は本屋大賞実行委員会理事を務めている。

 

本の売上ってどう分配される?

古幡:ここに1,000円の本があったとして、どのくらいが書店さんの取り分だと思う?もちろん会社によってちょっとずつ違うから、だいたいでいいけれど。

夢眠:えー、分からないです。

古幡:まず著者に10%(100円)、書店さんには22%くらい、私たち取次には8%。

夢眠:あれ、残りは?

古幡:残りの60%は出版社さん。でもその中には、装丁家の方がいたりカメラマンさんがいたり、実際の印刷費があったり……。

夢眠:作る費用全部なのか。私が「カバー付けたい」とか言ったら、その分利益がなくなるのか!

古幡:(『夢眠軒の料理』を見ながら)このビニールカバーを見ると、付けたくなるのも分かるけどね(笑)。

夢眠軒の料理
著者:夢眠ねむ
発売日:2015年03月
発行所:主婦の友社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784074100576

夢眠:昔の料理の本にはカバーがついているものも多いですよね!この本は実用的に使ってほしくて。キッチンで汚してほしかったんです。

古幡:「暮しの手帖」世代が喜びそうだよね。

夢眠:そう!「暮しの手帖」大好き!もろにそれです。

 

夢眠書店でやってみてほしいこと

―日販から見て、夢眠書店にやってみてほしいことはありますか?

nemu2008

夢眠:夢眠書店は、読書好きな人にも、本と関わったことない人にも来てもらえるお店にしたいと思っているんです。

古幡:それはすごくいいけど難しいね。でも、うーん……こんなのはどう!?

―編集部注:これは本当にやろうと思っているので、実際にやるまで少々お待ちください!

古幡:あと、私は本屋大賞の実行委員もやっているんだけど、「夢眠ねむ大賞」とか設立しちゃう!?

夢眠:やっちゃう(笑)?でも、最初に言ったやつをやってみたいなー。

―では、そんな夢眠書店に置くなら、本はどんなのがいいと思いますか?

古幡:うーん。好きな本って何なんだっけ?

夢眠:クラフト・エヴィング商会の『クラウド・コレクター』です。

クラウド・コレクター 手帖版
著者:クラフト・エヴィング商会
発売日:2004年04月
発行所:筑摩書房
価格:1,026円(税込)
ISBNコード:9784480039279

古幡:そっか、わたしもクラフト・エヴィング好きで、『ないもの、あります』が一番好きだな。

ないもの、あります
著者:クラフト・エヴィング商会
発売日:2009年02月
発行所:筑摩書房
価格:972円(税込)
ISBNコード:9784480425713

古幡:うーん……でも話していると、文芸というよりは、ちょっと変わったものを読んでもらいたくなったよ。今話題の『ホワット・イフ?』はどうだろう?「光速の90%の剛速球をバッターに投げたらどうなる?」「人類総がかりでレーザーポインターで照らしたら月の色は変わる?」っていう突拍子もない質問に対して、答えを出してくれる本なの。

夢眠:なにそれおもしろい!私そんなテレビ番組好きだった!読んでみたーい。

―ということで、夢眠書店ご推薦本は『ホワット・イフ?』になりました。

ホワット・イフ?
著者:ランドール・マンロー 吉田三知世
発売日:2015年06月
発行所:早川書房
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784152095459

▼ねむさん直筆のPOP夢眠書店POP


 感想 
「本」とは何か。「“何かが書かれた紙を束ねたもの”ってこと?」なんて思ったけれど、それだけじゃなくて数字がたくさんのっかっていた!……自分の知らない暗号を知って、こっそり色んな本のコードを見てみちゃいました。私に本が届く前に、書店にあって、日販にあって、出版社にあって……作家さんの頭にあって。一つ欠けたらここになかったかもしれない本。本のことを、これからもどんどん知っていきたい!


日販 古幡さんとの対談は今回が最後。推薦本第1号も決まったところで、次回からは「書店」でのお勉強が始まります。お楽しみに!

次の「夢眠書店開店日記」を読む ▶

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る