• 「男女の関係はあったんですか?」って、バカなことを聞くんじゃない!ビートたけし『バカ論』

    2017年10月16日
    知る・学ぶ
    日販 仕入部 鈴木
    Pocket

    ビートたけしさんの最新刊『バカ論』が10月14日(土)に発売されました。

    たけしさんと言えば、1985年から1996年にかけて放送されていた伝説のバラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ)を思い出す方も多いのではないでしょうか?

    寝ている芸能人をバズーカで叩き起こす「早朝バズーカ」や、露天風呂のつもりで入った人をスキーのゲレンデに裸で放り出す「すべり台雪見風呂」など、(良い意味で)”バカ”な企画を本気でやっていた番組でした。

    そんなたけしさんが語りつくす、「悪いバカ」と「良いバカ」とは……?

    バカ論
    著者:ビートたけし
    発売日:2017年10月
    発行所:新潮社
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784106107375

     

    「男女の関係はあったんですか?」って、バカなことを聞くんじゃない!

    たけしさんによる”バカ論”の矛先は、マスコミ、政治家、芸人から一般人にまで及びます。「お金を貸してください」という謎のファンレター(?)を送ってきた女性や、プレミアムフライデーを推す昨今の社会の風潮も、一本芯の通った”たけし流”の毒舌でバッサリ!

    今まで数えきれないほどの取材を受けてきたであろうたけしさん、”バカ”な質問をする芸能レポーターやインタビュアーに対しては特に苦言を呈しています。「男女の関係はあったのか?」「この責任をどう取るつもりか」という質問をする人は、どんな回答を受け取れば満足なのか、と。

    一方で、「第五章 こんなバカが好きなんだ」では、タモリさん、所ジョージさんといった芸人、吉本興業、SMAPなどの大物を相手取っての”バカ論”が炸裂! もちろん褒めっぱなしであるはずがなく、いつもの”たけし節”が全開です。

    さらには、昨今のお笑い番組の状況や、インターネット・スマートフォンの普及がテレビ業界に与えた影響など、テレビの第一線で活躍してきたたけしさんならではのメディア論を展開。ファンのみならず、テレビ好きやエンターテイメントに携わる人は必読の内容です。

    バカ論
    著者:ビートたけし
    発売日:2017年10月
    発行所:新潮社
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784106107375

    9月22日(金)に発売されたたけしさんの恋愛小説『アナログ』も合わせてどうぞ!

    アナログ
    著者:ビートたけし
    発売日:2017年09月
    発行所:新潮社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784103812227

    スマホなしで恋愛できますか?ビートたけし初の純愛小説『アナログ』発売




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る