ズムサタでおなじみ!モッチーこと望月理恵さんの“居心地のいい会話”の秘訣とは?

2017年04月22日
知る・学ぶ
ほんのひきだし編集部 浅野
Pocket

日本テレビ系列「ズームイン!!サタデー」で辻岡義堂さんとともに司会を務め、「モッチー」の愛称で親しまれている望月理恵さん。

4月19日(水)、そんな望月さんによる著書『はずむ!「会話」の作り方~ネガティブな私が“会話の仕事”を続けられる50の方法~』が辰巳出版より発売されました。

 

モッチーは、実はネガティブで人見知り

ズムサタの人気コーナー「スナックモッチー」でもわれわれ視聴者を楽しませてくれている望月さんですが、実は「明るい性格だと思われがちですが、超ネガティブ」なのだそう。

これまで自分の仕事に対して「今日は完璧だった!」という手応えを感じたことはほとんどなく、むしろ1年前にしたインタビューでの反省点を思い出し、悔やむこともあるほどなのだそうです。

その根底にあるのは、「“誰にも負けない”と胸を張れるようなものがない」ということへのコンプレックス。

同じように、自分がまだ何者にもなれていないことに対する劣等感を感じている方、自分に対してダメ出しを繰り返すのが癖になっている方は多いのではないでしょうか?

 

ネガティブな自分に寄り添いすぎない! 負の連鎖を断つのは自分

それでも望月さんが現在のお仕事を続けてこられたのは、「次こそは」と頑張り続けたことのほかに、“できなかった自分”との付き合い方を見つけられたからなのだとか。

「過去の失敗を責め続けても仕方ないな、ということにある時気づきまして。それから『自分がやった』ということを“それも1つのケースだ”と思って突き放す作業をするようになりました」

『はずむ!「会話」の作り方』で最初に紹介されているのは、意外にも、会話のハウツーではなく「自分との付き合い方」です。

“今目の前にいる人”との会話を楽しむためには、過去の失敗にひきずられないこと、始める前から失敗した時のことを考えないことが大切なんですね。

 

「はずむ会話」で何がはずむのか?

今回の著書のタイトルは『はずむ会話の作り方』ですが、「会話が弾む・弾まないというのは、それぞれの場の雰囲気であって、相手が感じることですよね」と望月さん。

それでは、この本で“はずむ”のは何なのでしょうか?

「本のタイトルに関しては、最後まで悩みました。でも、ここでいう“はずむ”というのは、会話が弾むことではないんです」

「『無理やりにでも楽しくインタビューしなければならない』『ビビりながらも、何とか話を引き出さなければならない』という姿勢では、自分も相手も楽しくないですよね。そこで『自分が会話を楽しむ方法を提案できないか』『自分の心をはずませる会話ってなんだろう?』ということで、このタイトルになりました」

 

「スナックモッチー」のゲストから学んだ“心地よい会話”の秘密

望月さんが会話において大切にしているのは、「機嫌よくいること」「背伸びしないこと」「ちょうどいい距離を保つこと」。

数々のお仕事のなかでも、望月さんが自身の会話を磨くうえで“先生”となったのが、「スナックモッチー」を訪れるゲストの面々だといいます。

「実際にお話ししていると、笑い方ひとつで『この方は、心を開いてくださっているんだ』と思わされることが多々あります。それがなぜなのかわかったら、自分も実践すればいいんです」

『はずむ会話の作り方』には、「スナックモッチー」にゲストとして訪れた方のエピソードも収録されています。登場するのは、亀梨和也さん、杏さん、JUJUさん、ムロツヨシさん、いとうあさこさんなど。

望月さんの視線を通して“愛される人々”の秘密を覗いてみるのも、本書の楽しみ方のひとつです。

 

望月さんが読者に伝えたいメッセージは……

「『大人になったら人見知りがなくなる』とよくいわれますが、むしろ経験豊かになったぶん、見た目や雰囲気で『この人とは会わなそう……』と自ら“人見知り”を作り上げてしまっている方が多いというのが、私の印象です」

『はずむ会話の作り方』で紹介されているのは、ガチガチの会話スキルではありません。

前提となっているのは、なりたい自分に無理やり合わせるのではなく「自分を知り、それからどうするか?」ということ。

「私がこの本に書いたのは、こんな方法があるんだ、こういうふうに考えればいいんだというふうに、ご自身にプラスしていくハウツーです」

「会話術に興味がある方はもちろんですが、ついふさぎ込んでしまう方、前向きに過ごしたい方に手に取っていただければ嬉しいです」

はずむ!会話の作り方
著者:望月理恵
発売日:2017年04月
発行所:辰巳出版
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784777818549

CHAPTER 0:
ネガティブだってかまわない ~人見知り・話し下手の「あなた」にもできる~

CHAPTER 1:
場を作る ~相手が話しやすい「雰囲気」を作る~

CHAPTER 2:
聞く ~相手の「心」を開かせ、積極的に聞き出す~

CHAPTER 3:
話す ~自分のペースで伝える~

CHAPTER 4:
距離を詰める ~相手との「あいだ」を縮める~




Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る