毎日新聞の校閲担当が教える!相手に信頼感を与える“ミスのない文章”の書き方

2017年04月12日
知る・学ぶ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

正しい日本語の文章、書けていますか?

ビジネスにおいて避けて通れない「メールでのやり取り」や「資料作成」。社会人になると、さまざまな場面で「ミスがなく」「わかりやすい」文章を書くことが求められますが、あなたは自信がありますか?

例えば
「大変お求めやすい価格でご利用できます」
「お話させていただきたく存じます」
などは、誤った言葉づかいです。

「お求めやすい」は「お求めになりやすい」、「ご利用できます」は「ご利用になれます」が正しく、「お話する」は「お話しする」と送り仮名をつけるのが正解。

また「味あわせる」「ハイテク技術」なども、つい言ってしまいますが間違いです。正しくは「味わわせる」。「ハイテク技術」は「技術」の意味が重複しています。

 

たった一か所のミスで「信用に足らない」と思われることがある

「たかが誤字脱字で……」「伝わっていればそれでいいじゃないか」と思うかもしれませんが、たとえば重要な会議の資料や入社試験のエントリーシート、昇進のかかった小論文などでは、「他にも間違っているところがあるのではないか?」「この人は最後にもう一度内容をチェックしなかったのだろうか」と、相手を不安にさせたり、信用をなくしてしまったりすることが実際にあります。

逆に、正しい言葉づかいでわかりやすく文章が書けていれば、相手に安心感や好印象を与えることができるのです。


 

毎日新聞の校閲担当が教える「ミスがなくなる」文章術

昨年放送された石原さとみさん主演のドラマ「校閲ガール」で多くの人に知られるところとなりましたが、新聞社や出版社には、掲載前の原稿をすみずみまでチェックし、誤りや不備がないかを調べる「校閲」という仕事があります。

3月25日に発売された『毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術』は、毎日新聞社で長年校閲の仕事に携わってきた岩佐義樹さんによる著書。

新聞社の校閲部門に蓄積されている「不適切な表現・表記」についての知見を、わかりやすく事例に基づいて紹介・解説している一冊です。

冒頭で紹介した誤用例だけでなく、分かりやすい「テン」の打ち方や、つながりの悪い文章をすっきりさせる方法など、「正しく」「わかりやすく」「伝わる」文章の書き方が収録されています。

ビジネスマンの皆さんは、机にしのばせておくといいかもしれませんね。

毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術
著者:岩佐義樹
発売日:2017年03月
発行所:ポプラ社
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784591154397

第1章 つながりの悪い文章
(繰り返される「たり」のミス/「美しい水車小屋の娘」症候群/「新年あけまして」は正しいか/など)

第2章 たまには文法的に考えよう!
(活用の基本と、困った「来まい」/「味あわせる」では基本が「おぼつかぬ」/知らず知らず使う「知ってか知らずか」/など)

第3章 細かい決まりも通じやすさのため
(「ご存じ」か「ご存知」か、ごぞんじですか?/「人間ドッグ」? 人間犬ですか/「馬から落馬式表現」の「許される許容範囲」とは?/など)

第4章 文化庁「国語に関する世論調査」の慣用句にみる誤解
(「確信犯」は取り締まれるか/「破天荒」の意味は転向している/「一時しのぎ」こそ「姑息」の意味だが……/など)

第5章 固有名詞の誤りはこうして防ぐ
(「ぶつぶつ作戦」と「飛び石作戦」/「斉藤」は「セイトウ」と覚える/太田と大田の大きな違い/など)

 

「新聞での言葉のつかい方」はTwitterでも配信中

ちなみに毎日新聞の校閲グループは公式Twitter(@mainichi_kotoba)にて、『ミスがなくなるすごい文章術』で紹介されているような日本語に関するトピックのほか、漢字クイズや過去のニュースなどを日々発信しています。

なんとフォロワーは4万6000以上!

特に難読漢字クイズはなかなかの強敵です。自分の日本語力に自信がある方も、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ関連記事

続かない人こそ漫画で読むべき!『まんがで身につく続ける技術』で三日坊主を卒業しよう
累計20万部突破!毎日20冊本を読むDaiGoの“集中力を操る方法”とは?
問題の99%は筋トレとプロテインで解決する!フォロワー10万人のマッチョ社長が漫画に

石原さとみ主演でドラマ化する『校閲ガール』ってどんな話?
作家・編集・校閲が『校閲ガール』を語る!「地味にスゴイ!?校閲ナイト!」レポート【前編】
校閲者は、作家や編集の“仲間”なのか?「地味にスゴイ!?校閲ナイト!」レポート【後編】
夢眠書店開店日記 第9話:校閲者のお仕事とは?①

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る