「3つの単語」で英語は伝わる!?世界一受けたい授業で話題の“魔法の英会話テクニック”

2017年03月20日
知る・学ぶ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

例えば「私の仕事は英語教師です」と英語で伝えたい時。

▼多くの人がこのように答えるかもしれませんが、

▼単語3つだけで伝えることもできます。このほうが直感的にも理解しやすいですよね。

この他にも番組内では、「I am a big fan of Yamanaka.(私は山中さんの大ファンです)」と「I love Yamanaka.」など、いくつかの例が紹介されました。

 

『英語は3語で伝わります』は誰が買っている?

それではこの『会話もメールも英語は3語で伝わります』は、どのような人が買っているのでしょうか? 購買層を見てみましょう(日販 WIN+調べ)。

男女比を見ると、4対6で女性がやや多め。40~60代がピークになっており、一般的な英会話の本よりも年齢層が高めです。

「NHKラジオ英会話テキスト」の購入者が50~60代中心であることを考えると、「とにかく今すぐ英語ができるようになりたい」というよりも「無理のない範囲でコツコツきちんと身につけたい」方や、複雑な英文法やイディオムを丸暗記させられた、いわゆる”受験英語”世代にウケているのかもしれません。

***

著者の中山裕木子さんは学生の頃から英語が得意で、TOEIC 950点、英検1級を取得していました。しかし社会に出た時、「自分は英語を“使えて”いない」と痛感したのだそうです。

その後中山さんは、特許翻訳などの難解な英語を扱う仕事をしながら、「難解なものをよりシンプルにし、伝わりやすくする」ための方法を編み出しました。それが『会話もメールも英語は3語で伝わります』で紹介されているテクニックです。

『会話もメールも英語は3語で伝わります』は、暗記中心だった“日本人英語”を、シンプルで伝わる英語に変えてくれる一冊です。「どんなに勉強しても英語が使えるようにならない」「英語の勉強がつらい」と悩んでいた方は、ぜひ参考にしてみてください!

1 2
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る