夢眠書店開店日記 第14話:ねむちゃんも愛読!30年以上愛される雑誌作りの現場に潜入③

2016年12月31日
知る・学ぶ
アイドルBOOKS
Pocket

「夢眠書店開店日記」第14話では、雑誌「オレンジページ」の編集部を取材。今回は試作用キッチンから場所を移して、雑誌が作られていく過程を詳しく教えていただきます。貴重な創刊号も見せていただきました!!

〉これまでのお話を見る

今回の対談相手

上杉真由美 株式会社オレンジページ
出版事業本部 オレンジページ編集部 料理・美容担当 アシスタントマネジャー
2008年にオレンジページに入社し、4年間広告営業を経験した後、2012年よりオレンジページ編集部へ異動。お肉と甘いものが好きだからか、肉の特集とバレンタインスイーツの特集をよく担当している。

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0042c

▼最新号はこちら!

オレンジページ 2017年 1/17号
著者:
発売日:2016年12月28日
発行所:オレンジページ
価格:450円(税込)
JANコード:4910210230172

 

「オレンジページ」創刊号には、カブトムシが載っている!?

上杉真由美(以下、上杉)最後にご案内するのは、サロンです。

夢眠ねむ(以下、夢眠)ここにもキッチンがあるんですね~~。

上杉:ここはイベントスペースで、普段は料理教室などに使用しています。今日は色々な特集の号や、資料を持ってきました。あと私、ねむさんにプレゼントがあって……あんまりきれいにできなかったんですけど。

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0441c2

夢眠:わあ! かわいい~~~!!

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0446c2

夢眠:目は何でできてるんですか?

上杉:海藻でできたペンがあって、それでちょんちょんって目を描いたんですよ。

夢眠:すごーい、おもしろーーい! ありがとうございます!

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0611c2

―今日は創刊号も持ってきていただいています。

上杉:よかったら中をご覧になってください。

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0477c2

夢眠:創刊号は1985年……昭和60年ですか。でもなんか、トレンディですね。

上杉:昭和60年というともう30年以上も前になりますけど、特集が結構攻めてますよね。

夢眠:創刊号はステーキの特集なんですね!! 「お肉」じゃなくてステーキの特集っていうのが変わってる。

上杉:当時は「ごちそうといえばステーキ」という時代だったんでしょうね。あとは、こんな特集もあって……。

夢眠:うわあ! カブトムシ飼ってる!(笑)

上杉:「オレンジページ」って、もともとはダイエーの出版部門なんですよ。いわゆるスーパーのチラシから、単純なチラシではなく「販売している商品を使って何ができるか」というところにまで広げていったのが、「オレンジページ」の始まりなんです。雑誌の名前も、ダイエーのコーポレートカラーがオレンジだったところから来ているんですよ。

夢眠:じゃあ、最初から「主婦の味方」っていう感じだったんですね。

上杉:そうですね。だから「家族が喜ぶもの」を全般的に扱っていて、カブトムシ特集もその一つなんだと思います。

夢眠:だから後ろの方には、子ども用品とかも載ってるんですね。スーパーマーケットで売っているものを使って日々やることといえば「料理」だから、料理のことがたくさん載ってはいるけど。

%e3%81%ad%e3%82%80%e3%83%bb%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a0%e3%81%97-10th_0463c2

上杉:あとはやっぱり、表紙が料理だとそそられますよね。それで料理が表紙になることが多かったので「オレンジページ=料理雑誌」というイメージが定着しているのかなと思います。でも実際には「生活情報誌」ということで、生活まわりのお得な情報を、料理に限らず色々と紹介しているんですよ。

夢眠:確かに、お部屋の掃除も、収納のことも載ってますよね。

上杉:年末の目玉特集は「大掃除」ですし。

夢眠:あー! その号いつも買ってます! 読むとやった気になって、一回満足しちゃうんですよね(苦笑)。

上杉:そういう声もよく聞きます(笑)。

1 2
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る