• 初心者におすすめ!『3000円投資生活』人気の理由は「損の少なさ」と「分かりやすさ」にある

    2016年11月11日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    『3000円投資生活』が売れている!

    今、『はじめての人のための3000円投資生活』という本が売れています。

    はじめての人のための3000円投資生活
    著者:横山光昭
    発売日:2016年07月
    発行所:アスコム
    価格:1,188円(税込)
    ISBNコード:9784776209119

    『はじめての人のための3000円投資生活』が発売されたのは、2016年6月27日。発売後しばらくは「じわじわと売れている」という感じだったのですが、次第に口コミで話題になり、新聞・テレビなどでも紹介されて大ブレイクしました。

    ▼『はじめての人のための3000円投資生活』の売れ行き(日販 オープンネットワークWIN調べ)

    『3000円投資生活』 売上 グラフ

    発売から4か月経った今も勢いは衰えておらず、今やビジネス書売上ランキングの常連で、書店のビジネス書の平台では山積みになっているのを見かけます。

     

    『3000円投資生活』の著者・横山光昭さんとは?

    『はじめての人のための3000円投資生活』の著者・横山光昭さん(@chokin_myfp)は、ファイナンシャルプランナーの中でも家計再生を専門とする「家計再生コンサルタント」。お金に悩む人の相談に乗り、借金・ローンを中心に、その人の盲点を探りながら抜本的な解決方法を考えて、再生に導くという仕事をしているのだそうです。

    これまでに再生させた赤字家計はなんと1万人以上! TBS「はなまるマーケット」やフジテレビ「ノンストップ!」などテレビ番組へも多数出演しているほか、『貯められる人は、超シンプル』や『年収200万円からの貯金生活宣言』といったお金に関する著書も多数あります。

    図解 年収200万円からの貯金生活宣言
    発売日:年月
    発行所:
    価格:1,080円(税込)
    JANコード:9784799314265

     

    本当にできるの? 『3000円投資生活』の内容は……

    『はじめての人のための3000円投資生活』は、家計再生コンサルタントの横山さんが毎月3000円から「貯金感覚」で始められる簡単な投資方法を伝授してくれる一冊です。

    目次を見てみましょう。

    ・プロローグ
    ・PART1:さあ、3000円投資生活を始めよう
    ・PART2:3000円投資生活なら「貯金感覚」でコツコツ増える
    ・PART3:1万人の家計を見てきてわかった「投資の分かれ道」
    ・PART4:絶対にやってはいけない、投資とお金の使い方

    この投資方法は、横山さんが7~8年前から紹介しているもの。なんとこれまでに約4000人が成功しているそうで、中には夫婦で貯金0円のところから8年間で1070万円に増やした人もいるのだとか! 貯金だけでなく、子どもの養育費や住宅ローンの頭金など、目的もさまざまだそうです。

    ちなみに、月3000円の投資を1年間続けた時の累計投資金額は3万6000円(3000円×12か月)。もし10年間続けても36万円にしかなりません。

    さすがに横山さんはこの元手だけで「1000万円が作れる」と謳っている訳ではありません。横山さんが提案している投資方法は、貯金はそれまで通り続けながら「少額から投資を始めることで投資に慣れておいて、お金に余裕が出てきたら少しずつ増額し、資金を増やしていく」というところがポイントです。

     

    『3000円投資生活』が初心者におすすめな理由

    数多くの投資本・マネー本がある中で、今大ヒットしている横山さんの『はじめての人のための3000円投資生活』。この本は本当に初心者にもおすすめできる内容なのでしょうか?

    余談ですが、実は私は20年近くの投資歴があり、これまで投資信託、株、FXと様々な投資に手を出し、ITバブルの発生と崩壊、サブプライムショック、リーマンショックを経験し、おいしい思いと苦い思い(こちらの方が多い)をしてきました。そんな私から見ても、横山さんが『はじめての人のための3000円投資生活』で奨めている投資法は、非常に安全性が高い投資方法だと思います。

    そこで今回は、経験を踏まえた上で『はじめての人のための3000円投資生活』を読んで感じた「初心者におすすめできる理由」を、6つの点にまとめてご紹介します。

    ①「3000円」という金額設定が絶妙
    まず、タイトルの「3000円」という金額がなんとも絶妙です。3000円といえば飲み会1回分くらいの値段。無理なく捻出できる金額ですし、仮に失ったとしても「大損した」というショックは受けなくて済みそうです。「投資は無くなっても大丈夫な余裕資金でやる」という基本原則に従っています。

    ②説明がとにかく分かりやすい!
    普段から多くの家計相談に乗っているだけあって、横山さんの説明は非常に分かりやすいのが特徴です。専門用語もほとんど使われていないので、投資経験のない人でも1~2時間程度で読めてしまいます。投資に対して「なんだか難しそう」と苦手意識を持っている人こそ、手に取ってみてほしい一冊です。

    ③お金を増やすための「王道」が分かる
    詳しくは本を読んでいただきたいのですが、横山さんが紹介している投資方法の基本的な考え方は、「ネット証券に口座を作り、国内株式、海外株式、国内債券、海外債券に分散投資してくれるバランス型の投資信託を毎月購入する」というものです。購入時期と投資先を分散させてリスクを減らすというのは、投資の基本であり、お金を増やすための王道でもあります。まだ知識の浅い初心者が、安全に投資生活をスタートするのにベストな選択です。

    ④手数料の安い具体的なネット証券や投資商品が書かれている
    『はじめての人のための3000円投資生活』には、おすすめのネット証券や買うべき投資商品などが具体名で紹介されています。しかも紹介されているネット証券や投資商品の手数料が他に比べて安いものを選んでいるのもポイントです。(投資は売買や運用にかかるコストを極力抑えるのも鉄則です。)「何も分からないけど、まず投資を始めてみたい!」という方は、『はじめての人のための3000円投資生活』で基本的な考え方や投資方法を理解した後、まずはおすすめされているネット証券や投資商品から投資を始めてみるのがよいと思います。

    ⑤「横山式カンタン投資法」は、忙しい人にこそぴったりの投資方法である
    個別株やFXなどの投資は、日々値動きをチェックして値動きに一喜一憂しがちです。しかし「横山式カンタン投資法」は、基本的に一度買ったらほったらかし。経済紙やマネー誌を読んで勉強をしたり、経済の動向を追いかける必要はありません。「忙しくて投資なんてやってる時間がない!」「投資に精神的に振り回されたくない」という人にこそ試してみてほしい投資方法です。

    ⑥手を出してはいけない投資商品についてのホンネが書かれている
    横山さんは銀行や証券会社、不動産会社の方ではなく「金融に詳しい第三者」なので、『はじめての人のための3000円投資生活』には「買ってはいけない金融商品」などがかなり本音で書かれています。賃貸不動産やFX、外貨預金などの危険性について書かれた部分は、投資をかじったことのある経験者も一度読んでおきたい内容です。

     

    『はじめての人のための3000円投資生活』の購入層は?

    『はじめての人のための3000円投資生活』は20~30代の年齢の若い投資初心者が多いのかと思いきや、実際に購入層を調べてみると、40代以上の方が多いことが分かりました(日販 WIN+調べ)。

    『3000円投資生活』 購買層

    子どもの養育費や住宅ローン、老後の生活費など様々なお金の心配ごとが増えてくる40代以上の人が、貯金だけでは心許なくなって、初めて投資に興味を持っているのでしょうか。もしくは20~30代の頃に投資で痛い目に合った人が、基本のやり方に戻ってきているのかもしれません。どちらにせよ『3000円投資生活』の投資方法で50代・貯蓄ゼロから1000万円増やした人がいるということを考えれば、40代以降に始めても遅くはなさそうです。

    ***

    『はじめての人のための3000円投資生活』で推奨される投資方法は、寓話「ウサギとカメ」にたとえると、まさに「カメの投資方法」です。「ウサギの投資方法」である株やFXのように急激に儲かることがない一方で、最後に大きく損をすることもありません(私の投資経験から言うと、個別株やFXは短期的に儲けることは可能ですが、10年を超えるとリーマン・ショックのような想像を絶する市場変動が起きる場合があるので、素人はコツコツ儲けてドカンと損するパターンになりがちです)。『はじめての人のための3000円投資生活』の投資方法はコツコツ続ける地味な方法ではありますが、損する可能性が比較的小さく、得する可能性が高い投資方法です。

    ちなみに私は20年近く色々な投資に手を出してきましたが、40代を迎え、株価や為替の値動きに振り回される精神的・時間的余裕がなくなった今は、(バランス型ファンドは運用手数料が高くつくので)自分で運用手数料の安い日本株・外国株・債権のインデックスファンドを組み合わせて毎月一定額を購入し、時々リバランスするという運用方法をとっています。これは『はじめての人のための3000円投資生活』にも〈応用編〉として書かれています。

    貯金だけではなかなか明るい未来が見出せない現代です。投資に絶対はありませんが、月3000円なら投資生活を始める価値は十分にあるのではないでしょうか? 書店で見かけたらぜひ手に取って、少し内容を読んでみてくださいね。

    [2017.07.01追記]

    『3000円投資生活』に実践編が登場!

    横山光昭さんの『はじめての人のための3000円投資生活』の実践編にあたる『3000円投資生活で本当に人生を変える!』が新たに発売になりました!

    『はじめての人のための3000円投資生活』で3000円投資生活を初めてみた方の、「この後もっとお金を増やすには、どうすればよいのか?」という疑問に応える一冊です。

    「家計再生コンサルタント」の横山光昭さんの本領発揮とも言える、現在の家計のムダを発見する横山式家計簿術も公開されています。

    以下の記事で『3000円投資生活で本当に人生を変える!』についても紹介していますので、さらにお金を増やすための次の一手を知りたい方は参考にしてみて下さい。

    ベストセラーの『3000円投資生活』に実践編が登場!“次の一手”で本当に人生が変わる!?

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る