• 元検事の“悪”の対話術が公開!『元検事が明かす「口の割らせ方」』

    2016年08月18日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    「部下の本音を知りたい」
    「取引先の真意を知りたい」
    「パートナーが浮気をしていないか気になる……」
    「子どもが何を考えているか分からない」

    人の本音を聞き出せないのが原因で、職場や家庭でのコミュニケーションに悩んでいる方は多いと思います。そんな方に今回ご紹介したいのがこちらです。

    元検事が明かす「口の割らせ方」
    著者:大澤孝征
    発売日:2016年08月
    発行所:小学館
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784098252657

    著者は、ワイドショーなどのコメンテーターでもおなじみの大澤孝征弁護士。大澤弁護士は元検事で、現役時代は被疑者から自白を引き出す名人だったのだそうです。『元検事が明かす「口の割らせ方」』ではヤクザや詐欺師から政治家、警察官まで、あらゆる強者に “口を割らせた” プロのすごい技が初公開されています。

    また本書ではテクニックを説明するにあたって、大澤弁護士が実際に遭遇したさまざまな事例も紹介されています。さらに、取調中の被疑者から聞き出した犯罪者の習慣・テクニックなども事例とともに掲載。「本当のことを喋ったら重い刑を科せられてしまうだろう」と警戒している被疑者たちから真意を引き出すにはどうすればいいのか、また犯罪者の手口にはどのような傾向があるのかを知ることのできる一冊です。

    例えば…

    悪質な強姦事件が発生。しかしなぜか被疑者グループは、警察で簡単な取り調べを受けただけで自宅に帰されました。警察官が不正に加担している可能性がありますが、問いただしても警察官は何も話しません。

    こんな警察官に口を割らせた方法や、

    保険金殺人の実行犯が逮捕されました。しかし殺人を依頼した被疑者は、だんまりを決め込んでいます。

    この被疑者から真相を聞き出した方法、さらに

    10人以上の目も覚めるような美人から大金も体も奪った、さえない外見の結婚詐欺師のテクニックとは?

    こんな驚きの事例まで! テクニックも気になるところですが、本当にこんなことが現実に起きているんですね……。

    「相手が話しているときは批判しない」「相手に教えを乞う」「自分の悪の部分を話して誘い水にする」「相手が何を言わないかに着目する」など、『元検事が明かす「口の割らせ方」』に本音を引き出すテクニックがたくさん掲載されていますが、大澤弁護士は、それと同時に「人に本音を語らせるのに安直なノウハウやマニュアルなどというものはない」と断言しています。

    これはつまり、読んで理解するだけでなく実践し試行錯誤することで、はじめて能力は磨かれるということです。試行錯誤をする際に、本書で紹介されている豊富な事例はきっと役に立つことでしょう。どうしても知りたい“他人の本音”がある方、また日常のコミュニケーションに「芯を食っていないなあ」とやきもきしている方、『元検事が明かす「口の割らせ方」』で対話術を磨いてみてはいかがでしょうか?

    元検事が明かす「口の割らせ方」
    著者:大澤孝征
    発売日:2016年08月
    発行所:小学館
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784098252657

    [目次]
    第1章 本音をしゃべらせる
    第2章 何を話すべきか
    第3章 どう話を聞くべきか
    第4章 人を見抜く
    第5章 相手を追い詰める
    第6章 心を動かす
    第7章 実践編 相手の本心を知るためのQ&A

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る