• 続かない人こそ漫画で読むべき!『まんがで身につく続ける技術』で三日坊主を卒業しよう

    2016年07月01日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    仕事や勉強、早起き、貯金、禁煙、ダイエット、トレーニング……。いざ始めても「続かない」ものはたくさんあります。そしてたいていの場合、それらは「やらなければならない」けれど「好きでやりたいこと」ではないはずです。例えば、欲しいもののためにお金を貯めたいけれど、節約自体はしたくないとか……。

    やらなければならないのは分かっているのに、なぜ続かないのか?
    続けられる人と自分は何が違うのか?

    「やる気」「努力」「根性」という言葉にはうんざり気味の方におすすめしたいのが、科学的アプローチによる続けるための“技術”です。今回は2時間足らずでサクッと読める『まんがで身につく続ける技術』をご紹介します。

    まんがで身につく続ける技術
    著者:石田淳 臼土きね
    発売日:2016年04月
    発行所:あさ出版
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784860638726

     

    ストーリーはこんなふうになっています

    『まんがで身につく続ける技術』の主人公は、ややぽっちゃりした体型の28歳サラリーマン・野呂豊。海外で働くことを夢見て英会話学校に1年分の学費を払い込むも結局1度だけ通って退会、痩せるためにランニングを始めたものの、残業疲れを理由にサボったのをきっかけに元通りの生活へ……という典型的な三日坊主です。しかも所属する営業部での成績はビリ。

    続ける技術0001 (5)

    そんなある日、外部からの引き抜きで、樹林こずえという若い女性が営業部の課長に就任します。年齢は野呂よりも年下の25歳です。

    続ける技術0001 (3)

    着任早々、野呂に対して「営業成績もよくないし、仕事の内容も表層的でクオリティも低い」「日報もいい加減」と手厳しくコメントするこずえ。しかし続けて、「あなたは続ける技術を知らないだけ」「1か月で野呂さんを継続できる人間にしてみせます」と宣言します。

     

    そんな野呂の最初の課題は、日報を毎日つけること。「えっ、そんなこと?」と思うのですが、“こんなこと”にも続かない理由と続ける技術のヒントが潜んでいるのです。

    続ける技術0002

    1 2
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る