• 「コリジョンルール」ってどんなルールか知ってる?野球観戦や草野球のお供におすすめの2冊

    2016年05月27日
    知る・学ぶ
    ほんのひきだし編集部 田中
    Pocket

    2016年のペナントレースが始まって、もうすぐ2か月。皆さんの応援しているチームの調子はいかがでしょうか? 今年も40代の若手監督就任や広島カープ・新井選手の2,000本安打達成など、プロ野球界は盛り上がりを見せていますね。

    そんな2016年の野球界ですが、5月11日に開催された阪神-巨人の7回戦でちょっとした騒動がありました。3回表、巨人の攻撃でホームを狙った2塁走者に対してセンター・大和選手がバックホーム、捕手の原口選手がタッチアウトにしたシーンです。巨人・原監督の抗議により審判団が映像を検証した結果、判定はアウトからセーフへと変更されました。

    この判定に対して阪神は意見書を提出。これに対し、セ・リーグは「今期から導入された本塁での選手の衝突を防ぐ『コリジョン・ルール』を適用した」との見解を示しました。

     

    野球のルールは、実はほぼ毎年改訂されている

    3ストライクでバッターアウト、3アウトで攻守交代と、あまり変わらないように思われる野球のルール。しかし実はほぼ毎年、時代にあわせて改訂が行われています。先ほど登場した「コリジョン・ルール(衝突ルール)」についても、2011年にメジャーリーグベースボール公式戦で発生した本塁クロスプレーでの大ケガが発端となり、メジャーリーグでは昨年から、日本プロ野球では今年から導入されました。

    この他にも、今年からグラブの大きさに関する規則や、キャッチャーマスクの着用に関するルールなどが改正されています。

     

    複雑な野球のルールはこの2冊で押さえよう!

    ただでさえ複雑なのに毎年変更されている野球のルール。キャッチアップしていくのはなかなか難しいものですが、それでも知っていると野球観戦は俄然楽しくなります! 前置きが長くなりましたが、今日はそんな野球のルールを知るために便利な本を2冊紹介します。

    公認野球規則 2016
    著者:日本プロフェッショナル野球組織 全日本野球協会
    発売日:2016年04月
    発行所:日本プロフェッショナル野球組織
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784583109763

    [日販MARCより]
    公認野球規則を市販化。野球をより身近にするためにいつも携帯したいオフィシャルルールブック。規則条文の構成が大きく変更。新たな条文番号の後に「旧条文番号」を表示、巻末に2015年と16年の対比表を掲載。

    これぞ日本における野球の六法全書! 以前は市販されておらず、限られた関係者しか購入できなかったのですが、今では本屋さんで入手できるようになりました。プロ野球もアマチュア野球も草野球も、審判の判定はこのルールブックが基準となっています。「俺がルールブックだ!」は通用しませんよ(笑)。

    わかりやすい野球のルール
    著者:粟村哲志
    発売日:2016年04月
    発行所:成美堂出版
    価格:810円(税込)
    ISBNコード:9784415321608

    [日販MARCより]
    基本ルールから判定の難しいルールまで、ゲームの進行に必要なすべてのルールを、イラストや写真とともに解説。グラウンド・用具の解説、テーマごとの公認野球規則なども掲載。ルール改正に対応した2016年版。

    いつの時代も法律書(ルールブック)は読みづらいものです。先にご紹介した『公認野球規則』も、英語を翻訳したものなので平易な日本語とは言いがたく、なかなか理解しづらいのが実態。今回ご紹介する『わかりやすい野球のルール』は、そんな難しい野球規則を図と事例でやさしく説明してくれている一冊です。改訂されたルールや、プロ野球選手でも判断を誤るような事例も、この本を読めばすんなり理解できますよ。

    ***

    少年野球や草野球で審判をすることがある方はもちろん、野球観戦の基礎知識として野球の正しいルールを知っておくのもいいかもしれません。野球好きの方はぜひお手元に!

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る