• 人気ユーチューバーの影響で漫画が売れる!?「はじめしゃちょー×リアルアカウント」

    2016年02月20日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    小中学生に人気の「YouTuber」という存在

    YouTuber(ユーチューバー)とは何のことか、あなたはご存知ですか? YouTuberは動画共有サイト「YouTube」に自分の撮影した動画を投稿する人のこと。HIKAKINさんやマックスむらいさん、バイリンガールのちかさんなどが有名で、テレビCMなどにも登場しているため、以前に比べて認知度もかなり上がってきています。動画に広告を入れることで再生回数に応じた収入が得られることから、広告収入だけで生計を立てる「プロのYouTuber」も登場するほどです。

    「一人も知らない」という方もまだまだいるとは思いますが、生まれたときからインターネットが日常に溶け込んでいる現代の小中学生にとって、YouTuberは芸能人以上に身近な存在。好きなことをして暮らすことができる、憧れの職業であったりもします。

     

    漫画『リアルアカウント』とYouTuberがコラボレーション!

    以前から私は、「もしYouTuberが漫画を紹介してくれたら、小中学生に結構売れるんじゃないだろうか」「小中学生が漫画雑誌を読まなくなっている今、彼らにアプローチするのにYouTuberの存在は非常に有効なのではないか」と考えていました。

    参考:テレビ番組によって漫画が売れた事例
    “キングダム芸人” 効果で漫画『キングダム』完売店続出!「アメトーーク!」の爆発力
    『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生も嫉妬した!『四月は君の嘘』が売行好調 重版情報あり

    そんな私の期待に応えるかのように、昨年、YouTuberと漫画のコラボレーション企画が登場しました! タイトルは「はじめしゃちょー×リアルアカウント」。漫画『リアルアカウント』(原案:オクショウ、漫画:渡辺静/講談社)と はじめしゃちょーさんがコラボレーションした企画です。

    『リアルアカウント』は講談社「週刊少年マガジン」で連載中のサバイバル漫画。作品では国内最大のSNS「リアルアカウント」を舞台に、「負けると実際に死んでしまう」という理不尽なゲームに強制参加させられた主人公たちの頭脳戦が描かれています(単行本は7巻まで発売中)。

    〉『リアルアカウント』作品紹介ページ(試し読みあり)
    http://www.shonenmagazine.com/smaga/realaccount

    リアルアカウント 1
    著者:渡辺静 オクショウ
    発売日:2014年05月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063950656

    一方のはじめしゃちょーさんは「完璧な超巨大スライムの作り方」や「コーラ風呂に体中メントスで入ってみた」など、体を張った実験動画で人気を集めているトップクラスのYouTuberです。月間アクセス数はなんと1億回以上! 写真集も刊行されています。

    はじめしゃちょーPhoto Book
    著者:講談社
    発売日:2015年08月
    発行所:講談社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784063649727

    コラボレーション動画第1弾「変なやつに追われています」は2015年2月6日に、YouTube内のはじめしゃちょー公式チャンネルで公開されました。

    その後約1年の時を経て、2015年12月18日より「仲間が全員襲われました」や「黒歴史ゲーム」などいくつかの動画が公開されると、再びコラボレーション企画が注目されるようになりました! 動画は多いものではなんと240万回以上も再生されています! 恐るべしYouTuber!! 『リアルアカウント』も「フォロワー0で即死亡」などの衝撃的なフレーズで話題になっていましたが、やはりはじめしゃちょーさんの人気はすさまじいものがあります。

     

    人気ユーチューバーの影響で漫画が売れるのか?

    しかし、いくら動画が再生されても単行本が売れなければ、コラボレーションした意味がありません。しかも『リアルアカウント』は毎号の発行部数が100万部を超える「週刊少年マガジン」で連載されている、かなり知名度の高い作品です。果たして動画の視聴者から、新たな読者は獲得できたのでしょうか?

    コラボレーション動画の公開前後で売上がどう変化したのか、グラフを見てみましょう(日販 オープンネットワークWIN調べ)。

    01リアルアカウントWIN

    『リアルアカウント』もちゃんと売れています!! 動画公開以降の売上は約2倍に増え、2月に入ってからも高い売上水準を維持しております。

     

    はじめしゃちょーの動画を見て誰が『リアルアカウント』を買ったのか?

    続いて、はじめしゃちょーさんと『リアルアカウント』のコラボレーション動画を見て、誰が『リアルアカウント』を買ったのかを検証してみましょう。

    まず『リアルアカウント』第1巻が発売された2014年5月9日から、動画公開の前日である2015年12月17日までの購入者クラスタがこちらです。

    ▼動画公開前の購入者クラスタ(日販 WIN+調べ)

    02リアルアカウント(-1217)

    少年誌連載作品ということもあって男性の購入者が多く、特に10~20代の男性が中心となっています(ちなみに40代女性の購入者も多いですが、こちらはお母さんが子どものために買ったケースだと思われます)。併読されている漫画は『暗殺教室』『進撃の巨人』といった人気作のほか、『神さまの言うとおり』『トモダチゲーム』『賭ケグルイ』などのデスゲーム、頭脳ゲーム系漫画が多い傾向にありました。

    そしてこちらが、はじめしゃちょーさんと『リアルアカウント』のコラボレーション動画が公開された12月18日以降の『リアルアカウント』第1巻の購入者クラスタです。

    ▼動画公開後の“新規”購入者クラスタ(日販 WIN+調べ)

    03リアルアカウント(1218-)

    この2つのクラスタを見ると、他の世代と比べて10代の読者がダントツに増えており、コラボレーション動画の公開によって狙った層の新規読者をしっかり獲得できているのが分かります。

     

    『リアルアカウント』重版決定!
    帯でもはじめしゃちょーとコラボレーション

    動画の影響で現在品薄状態の『リアルアカウント』ですが、2月20日以降に順次全国の書店へ重版が投入される予定です。しかも重版分では、はじめしゃちょーさんとコラボレーションした帯が巻かれるとのこと!

    ぜひお近くの書店で、帯付きの『リアルアカウント』を探してみてください。

    ▼YouTuber関連記事もあわせてどうぞ

    『はじめの一歩』が総再生回数4億回の人気YouTuberとコラボ!マガスペでリピート連載!まとめ買いキャンペーンも!

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る