「ジャンプ流!」創刊号のモ写用紙でマジュニア戦を描いてみた(vol.1 特集:鳥山明)

2016年01月25日
楽しむ
仕入部 SxGxMxT
Pocket

1月7日に集英社から発売された『DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流!』。創刊号の特集は鳥山明さん、DVDや秘伝ガイドがついてデビュー秘話や創作のテクニックなどが見られるということで、さっそく記者も購入してきました。今回はその内容をレポートしたいと思います!

ジャンプ流! 2016年 1/21号
著者:
発売日:2016年01月07日
発行所:集英社
価格:702円(税込)
JANコード:4910316530169

 

「ジャンプ流!DVD」を観てみた

DVDは「体感!カラー作画」「伝心!創作の現場から!」「実技!マンガテクニック」の3本立て。「体感!カラー作画」では、孫悟空のカラーイラストが猛烈なスピードと脅威の正確さで製作されていく過程を映像で観ることができます! バランスやポーズなどをほとんど「アタリ」なしで描き進めていく鳥山明先生。素人には真似できない職人芸の域に達していると思いました。

 

「ジャンプ流!秘伝ガイド」を読んでみた

付属冊子「ジャンプ流!秘伝ガイド」では、鳥山明さん本人の口から語られるデビュー秘話や漫画家を目指す人に向けたメッセージ、より具体的な漫画製作のテクニックなどが紹介されています。デビュー当時のエピソードや当時の原稿など、ファンにはたまらない内容! 秘伝ガイドを綴じるための特製バインダーも発売されていて、すべて揃えれば生涯の宝物になりそうです。

 

せっかくなので描いてみた

「ジャンプ流!」には毎号、代表作の名シーンをなぞり描きできる特製の“モ写用紙”が付いています。今号のモ写用紙は、飛び上がった悟空がマジュニアにかめはめ波を打つ迫力のシーン! せっかくなので、描いてみることにしました。

使用画材は下記の通り。

枠線:0.2mmペン(0.5mmか0.8mmが良いといわれますが、手元にこれしか無かった……)
人物:Gペン
背景:丸ペン
ベタ:筆ペン

というわけで、恥も外聞もなくいきなり完成原稿どん!

jumpryu-toriyama

手前味噌ながらキャラクターは意外と上手く描けたかなと思っているのですが、やはり細部や線の「抜き」(ペン先を紙から離すところ)ではプロと素人の差が歴然。そして定規で線を引くのが下手すぎる……。おかげで自分の弱点がはっきり分かったので、引き続き精進したいと思います!(お目汚しすみませんでした)

貴重な資料やタメになる情報が満載の「ジャンプ流!」。ファンにも漫画修行中の方にも熱烈にオススメしたいシリーズです!

「ジャンプ流!」は毎月第1・第3金曜日に発刊予定。毎号ジャンプの人気作家をピックアップしており、デビュー秘話や創作のテクニックなどが紹介されます。Vol.1の鳥山明さんに続き、現在はVol.2の岸本斉史さん(NARUTO)特集が発売中。Vol.3以降は尾田栄一郎さん(ONE PIECE)、久保帯人さん(BLEACH)、藤巻忠俊さん(黒子のバスケ)、松井優征さん(暗殺教室)、堀越耕平さん(僕のヒーローアカデミア)、高橋和希さん(遊☆戯☆王)と続きます。

〉「ジャンプ流!」公式サイト
http://www.jumpryu.com/

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る