うさぎの還暦で思ったこと/「ミッフィー」と「うさこ」、ふたつの名前

2015年05月06日
楽しむ
馬場進矢(日販 商品情報センター)
Pocket


オランダ人絵本作家ディック・ブルーナのうさぎの絵本「ナインチェ(Nijntje)」の最初の作品が刊行されてから本年で60年となります。つまりあのうさぎは還暦ということです。

それを受け(?)、今年から来年にかけて「誕生60周年記念 ミッフィー展」が全国各地で開催されます。

ブルーナは10年前のエッセイでこのように書いています。

ぼくのこと、ミッフィーのこと
著者:講談社 ディック・ブルーナ
発売日:2005年04月
発行所:講談社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784062128261

最初の絵本をつくったのは1955年のことですから、ミッフィーとは長いつきあいになります。数えてみるともう50年にもなるんです。「うさこちゃん」という名前で、日本に絵本が出版されたのは、その9年後です。どの国よりも早く、ミッフィーの絵本を翻訳出版したのが日本だったのです。

 

世界各国で翻訳されているナインチェの絵本ですが、その外国語版がはじめて出版されたのは実は日本です。1964年、翻訳者は石井桃子先生、出版社は福音館書店、邦題は『ちいさなうさこちゃん』で刊行されました。

ちいさなうさこちゃん 改版
著者:ディック・ブルーナ 石井桃子
発売日:2010年04月
発行所:福音館書店
価格:756円(税込)
ISBNコード:9784834000269

 

と、先の引用を含めてあのうさぎの名前がいくつか並びましたが、整理すると下記のようになります。

  • ナインチェ…本名
  • ミッフィー…英名・和名
  • うさこ…和名(石井先生命名)

上記から和名はふたつありますが、日本デビュー時の名称は「うさこ」一本で、その後、福音館書店から続けて8作出版されました。つまり、60年代~70年代、あのうさぎと言えば「うさこ」だったということです。

そして『ちいさなうさこちゃん』から17年経った1981年、「うさこ」ではない「ミッフィー」という英名のナインチェ絵本が日本で刊行されます。それが『ミッフィーのゆめ』(舟崎靖子・文、講談社)です。

 

ということで、日本国内は「うさこ」と「ミッフィー」の二本が走る展開となったのです。

 

ブルーナの版権会社側にどんな戦略があったのかは不明ですが、同一のキャラクターライツ(権利)もので名称が別々でマーケティングされるということは珍しいケースです。

その後、「ミッフィー」名での刊行が続くと思われましたが、意外にも3年後の1984年に福音館書店から『うさこちゃんとじてんしゃ』が刊行され、再び「うさこ」としての刊行が続きます(但し、翻訳は石井先生から松岡享子先生に変わりました)。

やっぱり「うさこ」が本流なのかなと眺めていたら、月日は流れ、1994年に唐突に『ミッフィー どうしたの?』が講談社から刊行されます。翻訳者は『魔女の宅急便』等で有名な角野栄子先生です。

ミッフィーどうしたの?
著者:ディック・ブルーナ 角野栄子
発売日:2004年09月
発行所:講談社
価格:648円(税込)
ISBNコード:9784062703710

 

以降、講談社による角野訳「ミッフィー」は『ミッフィーのてがみ』(2004年)まで続き、今後は「ミッフィー」へシフトしていくのだろうなと思っていたら、予想外にもその翌年、『うさこちゃんとあかちゃん』が福音館書店(松岡先生訳)で刊行されました。

 

この頃には「ナインチェ」ファンはもう、著作権者(=ブルーナ)がなにをどうしたいのかさっぱりわからない状態になっていました。

 

そしてついに、まさかの展開になります。

2010年、なんと、講談社の『ミッフィー どうしたの?』の翻訳出版権が福音館書店へ移動し、タイトルも変更となり『うさこちゃんのさがしもの』(松岡先生訳)として新訳刊行されたのです。

うさこちゃんのさがしもの 改版
著者:ディック・ブルーナ 松岡享子
発売日:2010年04月
発行所:福音館書店
価格:756円(税込)
ISBNコード:9784834023190

結果、講談社角野訳『ミッフィー どうしたの?』は絶版となりました。
それを知った時、私はタイトルそのまま「ミッフィー、どうしたの?」と思った次第です。

今後もあのうさぎの名称が日本国内でどのような旅路を辿っていくのか、ナインチェファンとして追いかけていかねばと思っています。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る