• カンヌ出品も決定!6月公開・映画「海街diary」の原作コミックを読もう!

    2015年05月08日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    是枝裕和監督の最新作「海街diary」が、2015年5月13日からフランスで開催される「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に、正式に出品されることが決まりました。

    今回コンペティション部門に選ばれた17作品が、最高賞である「パルムドール」賞を競うことになります。
    受賞作の発表は、カンヌ国際映画祭の最終日である5月24日。「うなぎ」(今村昌平監督/1997年)以来、日本人として18年ぶりのパルムドール受賞が「海街diary」に期待されています!

    映画『海街diary』公式サイト
    http://umimachi.gaga.ne.jp/

     

    映画「海街diary」は6月13日から全国公開

    「海街diary」は、「そして父になる」の是枝裕和監督がメガホンを握り、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんと、今をときめく女優たちが共演することで大きな話題を呼んでいます。

    原作は吉田秋生さんによる、海が見える街に暮らす四姉妹の絆を描いた同名漫画。吉田さんは『カリフォルニア物語』や『BANANA FISH』『YASHIA -夜叉-』などの代表作がありますが、本作も累計発行部数250万部を誇るベストセラーとなっています。2013年には「マンガ大賞」で大賞を受賞しました。

    2006年から「月刊フラワーズ」(小学館)にて連載されており、単行本は第6巻まで発売されています。

    海街diary(うみまちダイアリー)蝉 1
    著者:吉田秋生
    発売日:2007年04月
    発行所:小学館
    価格:589円(税込)
    ISBNコード:9784091670250

     

    『海街diary』を読んだら『ラヴァーズ・キス』もおすすめ!

    ちなみに吉田秋生作品には、『海街diary』と大変関係の深い作品があります。それは、1995年から翌年にかけて連載された『ラヴァーズ・キス』です。

    『ラヴァーズ・キス』は、『海街diary』と同じく鎌倉を舞台にした恋愛オムニバスです。舞台が同じというだけではなく、『ラヴァーズ・キス』の登場人物が『海街diary』にも登場するなど、クロスーバーもしています。

    ラヴァーズ・キス 新装版
    著者:吉田秋生
    発売日:2015年05月
    発行所:小学館
    価格:800円(税込)
    ISBNコード:9784091670694

    鎌倉を舞台に吉田秋生さんが描いた2つの物語、『海街diary』と『ラヴァーズ・キス』。映画をより深く楽しむために、あわせて読んでみてはいかがでしょうか?

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る