漫画家・浦沢直樹 初めての大型個展!「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」に行こう

2016年01月16日
楽しむ
SDJ(日販 広報)
Pocket

1月16日(土)より、東京の世田谷文学館にて漫画家・浦沢直樹さん初の大型個展となる企画展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」が開催されます(3月31日まで)。

 

浦沢直樹さんとは?

catch-DSC02089

『パイナップル ARAMY』『YAWARA!』『MASTERキートン』『Happy!』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』と、発表してきた作品すべてが「代表作」と呼べる稀代のヒットメーカー。幅広いジャンルの漫画作品で読者を魅了し続け、数多くの作品が映像化され、世界的に人気の高い漫画家です。手塚治虫文化賞、メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、アングレーム国際漫画祭最優秀長編賞(フランス)はじめ、数々の漫画賞を受賞しています。

MASTER KEATON完全版 1
著者:浦沢直樹 勝鹿北星 長崎尚志
発売日:2011年08月
発行所:小学館
価格:1,337円(税込)
ISBNコード:9784091841612
20世紀少年 1
著者:浦沢直樹
発売日:2000年01月
発行所:小学館
価格:545円(税込)
ISBNコード:9784091855312
BILLY BAT 18
著者:浦沢直樹 長崎尚志
発売日:2015年12月
発行所:講談社
価格:669円(税込)
ISBNコード:9784063885484

 

浦沢直樹さんは漫画論も大人気

以前「ほんのひきだし」でも記事にしましたが、普段なかなか見られない漫画家たちの仕事場に密着し「マンガ誕生」の瞬間を撮影、浦沢直樹さんが同じ漫画家としてインタビュアーとなり創作の秘密に迫ったNHK Eテレのドキュメンタリー番組「浦沢直樹の漫勉」も、大変話題になりました。

〉漫画の神々のペンさばきを見よ!Eテレ「漫勉」の再放送が9/20に決定!
http://hon-hikidashi.jp/enjoy/4713/

世界中に熱狂的なファンを持つ、日本の「マンガ」。
漫画家が、白い紙にドラマを描き出す手法は、これまで門外不出のものだった。
さらに漫画には、決められた手法はなく、漫画家それぞれがまったく違うやり方を、独自に生み出していると言う。

この番組は、普段は立ち入ることができない漫画家たちの仕事場に密着。最新の機材を用いて、「マンガ誕生」の瞬間をドキュメントする。
そして、日本を代表する漫画家・浦沢直樹が、それぞれの創作の秘密に、同じ漫画家の視点から切り込む。

日本の漫画家のペン先を、世界に届ける。
それが「漫勉」。

(NHK「浦沢直樹の漫勉」公式ページより http://www.nhk.or.jp/manben/

 

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」の内容は?

tkr_text001『20世紀少年』©浦沢直樹・スタジオナッツ/小学館

浦沢直樹さん初の大型個展ということで、展示総数は1,000点以上。その中にはなんと、単行本まるまる1冊分の生原稿もありました! そのほかにもストーリーの構想メモやネーム、秘蔵のイラストをはじめ、少年時代に描いた漫画ノートまでもが展示され、ファン垂涎の内容となっています。

 

公式ブックも発売!

今回、初めての本格個展を記念した公式ブック『浦沢直樹 描いて描いて描きまくる』の発売が決定しています。(2016年1月27日発売)刊行にあたっては合計12時間38分、文字数にして14万5千字にのぼる超ロングインタビューを行い、浦沢直樹さんの半生と制作の舞台裏を自らの言葉で語っていらっしゃいます。また、制作の過程が分かる秘蔵カットや名場面などもB5サイズで多数収録されています。

浦沢直樹描いて描いて描きまくる
著者:浦沢直樹 スタジオ・ナッツ
発売日:2016年02月
発行所:小学館
価格:2,700円(税込)
ISBNコード:9784091990419

 

「ひとり漫勉」を含む多彩なイベントも実施

会期中は、展示のほかにイベントも多数実施されます。参加するには、それぞれのイベントが開催される2週間前にEメールで申し込む必要があるとのこと。応募者多数の場合は抽選になるそうですので、申し込みをお忘れなく!

1月24日 トーク「ひとり漫勉」
1月31日 トーク&LIVE「ボブ・ディラン 聴いて歌って描きまくる」
2月28日 トーク「Boseと美津留の浦沢解剖学」
3月12日 浦沢直樹バンドLIVE

〉詳細はこちらからご確認ください
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

浦沢直樹「ひとり漫勉」レポート 「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」は3月31日まで

 

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」概要

会期:2016年1月16日(土)~3月31日(木)
会場:世田谷文学館2階展示室(京王線「芦花公園」駅より徒歩約5分)
休館日:月曜日(ただし3月21日は開館し、翌22日に休館)
観覧料:一般 800円/高校・大学生・65歳以上 600円/小・中学生 300円

主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館、読売新聞社
協力:スタジオ・ナッツ、小学館、講談社、ニンポップ、常盤陽
特別協力:長崎尚志、工藤かずや、勝鹿北星、手塚プロダクション

そのほか詳細については公式サイトにてご確認ください。
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る