〈書評〉サービス満載の異世界ファンタジー  文・三村美衣

2016年01月15日
楽しむ
日販 商品情報センター「新刊展望」編集部
Pocket

ラノベ読者はナイーブなので露骨なエロを求めてはいないと長らく言われてきた。まだまだエロスとヴァイオレンスの世界にはほど遠いが、最近では積極的に取り入れているレーベルもある。永菜葉一『天空監獄の魔術画廊』は、脱獄ゲームと魔法バトルを盛り込んだ異世界ファンタジーだが、舞台が美少女たちが囚われているハーレム状態な監獄だけに、サービス描写も満載で話題を呼んでいる。

魔王が描いた絵画が封印されていると伝えられる、空に浮かぶ魔法の島「天空の大監獄」。監獄に送られた絵描きの少年リオンがそこで見たのは、「魔王の絵画」のキャンパスとなった600人の少女たちだった。少女たちは絵画の内容に合わせた魔術を持っており、リオンは、仲間になった囚人たちと共に、魔術を駆使しての脱獄を企てるのだが……。囚人は看守の所有物で、日常的に売買が行われている、女たちの方にも監獄内カーストが存在し、虐めも日常茶飯事。登場人物の大半は絵に描いたようなクズ揃いと要素だけ抜き出すとかなり扇情的だが、異能バトルシーンも楽しく、主人公の真っ直ぐな性格と、ヒロインたちのかわいさが相まって、読後感は爽快だ。

天空監獄の魔術画廊
著者:永菜葉一
発売日:2015年03月
発行所:KADOKAWA
価格:648円(税込)
ISBNコード:9784041027615

アサウラ『英雄都市のバカども ~王女と封鎖された英雄都市~』は、書きおろし長編と短編連載が同時進行で展開される、ファンタジア文庫鉄板のスタイルを採用。物語の舞台となっているリキュールという都市は、かつて大国との大戦に巻き込まれ、一帯が焦土と化した際にも陥落することなく、最後まで戦い抜いたことで知られており、住人たちは英雄の鬱陶しいほどに熱い血潮とお祭り騒ぎの精神を脈々と受け継いでいる。無茶で無謀でとことんノリが良く、思い込みと勘違いが暴走して誰もが英雄にされてしまう街。そんな街に、帝国に追われる異国の王女様が助けを求めて逃げ込んできた。可憐な姿にほだされた街の人々は、彼女を護るために帝国の軍勢を相手に戦う。《ベン・トー》シリーズで、スーパーマーケットの店頭を舞台に割引シールが貼られた弁当の争奪戦を暑苦しく描写したアサウラの、勢いとギャグがそのまま移植された、とにかく面白い異世界ファンタジーだ。

英雄都市のバカども
著者:アサウラ
発売日:2015年11月
発行所:KADOKAWA
価格:626円(税込)
ISBNコード:9784040707402

滝川廉治『MONUMENT あるいは自分自身の怪物』は、超能力がごく普通に存在するもうひとつの世界を舞台にしたSF。凝った設定と衒学的な文体で入り込みにくいが、ナルシスティックな青臭さが癖になるちょっと懐かしいタイプのライトノベル。

主人公はフランケンシュタインを演じた俳優の名にちなみボリスと名付けられた、旧ソ連出身の工作員。彼に与えられた任務は、ピラミス魔法学院に潜入し、本人にも気づかれることなくひとりの少女を護衛することだった。ピラミス魔法学院は魔法の最高学府として知られ、学園は超古代魔法文明の遺跡「モニュメント」の上に作られている。ピラミス島へ向かう空港で、ターゲットの妹に近づいたボリスだが、しかしピラミス島に到着するや、歩く死体から襲撃を受け、さらに彼自身が拉致、拷問を受けることに……。

MONUMENT
著者:滝川廉治
発売日:2015年11月
発行所:集英社
価格:691円(税込)
ISBNコード:9784086310857

小山恭平『飽くなき欲の秘蹟(サクラメント)』は、第9回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。人の強い欲望が、一過性の異能を生み出すようになった、もうひとつの日本が舞台。異能は、さほど珍しいものでもないが、かといって誰もが手にできるわけではないため、異能を人から取り出し、転売するビジネスが成立するに至った。嫉妬や愛情など強い願いが形となった異能。異能転売ショップ秘蹟商会の高校生バイト世杉見識は、その人が抱える問題を解決すれば、快く異能を手放してくれると考え調査を始めるのだが……。テーマは異能だが、ファンタジーやSFというよりも日常の謎系のミステリーに近い読み心地。調査対象に寄り添おうとすればするほど、垣間見える主人公の感情的な欠落がこの先の展開を期待させる。

飽くなき欲の秘蹟
著者:小山恭平
発売日:2015年07月
発行所:小学館
価格:640円(税込)
ISBNコード:9784094515596

(「新刊展望」2016年2月号 「おもしろ本スクランブル」より転載)
common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る