• アニメであり、特撮やコミックのようでもある演出が見どころ!「スパイダーマン:スパイダーバース」ついに公開:今週公開の映画

    2019年03月08日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    3月8日公開「劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル」

    ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブルに加え、別次元からやってきたウルトラマンジードも参戦! 謎の存在「ウルトラマントレギア」に立ち向かう、湊兄妹の“最後の戦い”が描かれます。

    あらすじ
    湊家が暮らす「綾香市」に怪獣が出なくなってから、一年の月日が流れていた。
    湊家の面々も平和な日々を送っていたが、自分の「夢」に向かって着実に歩んでいるイサミやアサヒに対し、カツミは将来の進路を決めかねていた。そこでカツミは、高校時代の友人で、ゲームクリエイターを目指していた戸井に、久しぶりに会ってみることにする。だが、戸井は就職したゲーム会社をすでに辞め、自宅に引きこもった生活を送っていた。カツミは、戸井の様子にショックを受ける。

    そんな戸井の閉ざされた心に、邪悪なアプローチをかけたのは、トレギアと名乗る謎の存在だった。さらにトレギアは、今度はカツミの心にアプローチ。カツミを、地球から遠く離れた、怪獣たちが棲む異星へと飛ばしてしまった。
    そして地球では、出現した怪獣・スネークダークネスを、イサミが変身したウルトラマンブルと、別の世界から飛ばされてきた朝倉リク=ウルトラマンジードが迎え撃つ。

    果たしてカツミは、家族のもとへ帰ってくることができるのか? そして、恐るべきトレギアの正体と、その目的は!?
    いま、絆の力が奇跡を呼び起こす……!

    (「劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル」公式サイトより)

    小説版はこちら

    小説劇場版ウルトラマンR/B
    著者:伊豆平成 布施龍太 円谷プロダクション
    発売日:2019年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:950円(税込)
    ISBNコード:9784049124880

     

    3月8日公開「PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.3『恩讐の彼方に』」

    2012年にスタートしたアニメシリーズ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版三部作。

    TVシリーズ・劇場版のスタッフが再結集しており、塩谷直義監督のもと、Production I.Gがアニメーション制作を担当しています。

    あらすじ
    2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。
    南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。
    その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。
    かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。
    出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは……。

    (「PSYCHO-PASS Sinners of the System」公式サイトより)

    原作はこちら

    PSYCHOーPASS SS Case.1
    著者:斎夏生 サイコパス製作委員会
    発売日:2019年01月
    発行所:マッグガーデン
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784800008251

     

    3月8日公開「シンプル・フェイバー」

    「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリックと、「ゴシップガール」でブレイクしたブレイク・ライブリーのダブル主演作。

    気立てが“よすぎる”シングルマザーでブロガーのステファニーと、ママ友のなかでも目立ってゴージャスなエミリー。対照的な二人は人には言えない秘密を共有するまでに仲良くなりますが、エミリーがステファニーに“ささやかな頼み(a simple favor)”をした後、物語は怪しい方向へ転がり始めます。

    あらすじ
    ニューヨーク郊外に住むステファニー(アナ・ケンドリック)は育児や料理についてのブログを運営しているシングルマザー。ある日、同じクラスに息子を通わせるエミリー(ブレイク・ライブリー)に誘われて、豪華な邸宅を訪ねることになる。事故で夫を失い、保険金を切り崩しながら子供を育てている朗らかで気立てのいいステファニーと、スランプに陥っている作家の夫、ショーン(ヘンリー・ゴールディング)と愛し合い、華やかなファッション業界で働くどこか気怠くミステリアスなエミリー。対照的なふたりだったが、お互いの秘密を打ち明けあうほど親密な仲になっていった。

    そんな中、ステファニーは息子を学校に迎えに行ってほしいとエミリーから依頼される。その後、エミリーは息子を引き取りには現れず、失踪。親友を助けたいと思ったステファニーは、残されたエミリーの息子とショーンの身の回りの世話も買って出て、自身のブログでも情報を募る。手がかりを求めてエミリーが働いていたオフィスを訪ねたりもしたものの、彼女の行方はなかなかつかめなかった。やがてミシガン州でエミリーを目撃したという情報が入るが……。

    (映画「シンプル・フェイバー」公式サイトより)

    原作はこちら

    ささやかな頼み
    著者:ダーシー・ベル 東野さやか
    発売日:2017年05月
    発行所:早川書房
    価格:1,145円(税込)
    ISBNコード:9784151826511

     

    3月8日公開「スパイダーマン:スパイダーバース」

    第91回アカデミー賞 長編アニメーション賞受賞作。中学生の男の子が“新たなスパイダーマン”として成長していく姿が描かれているとともに、時空が歪められたことで、異なる次元で活躍する(さらに個性も造形も異なる)さまざまなスパイダーマンが集結するという点も見どころです。

    CGならではの臨場感もあり、間違いなくアニメ作品でありながら、実写の特撮やコミックのようでもあり……。巧みな演出にも注目したいところ。

    あらすじ
    スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。
    13歳のマイルス・モラレスもその一人 ――そう、彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だ。
    ピーターの死は、闇社会に君臨するキングピンが時空を歪めたことでもたらされた。
    しかし若きマイルスには彼の更なる野望を阻止するパワーはない。

    「彼に替わって“守る”」と誓ったものの、不安だらけのマイルス。
    そんな彼の前に突如現れたのは――死んだはずのピーターだった!

    (映画「スパイダーマン:スパイダーバース」公式サイトより)

    原作はこちら

    スパイダーバース
    著者:ダン・スロット オリビア・コワペル ジュゼッペ・カムンコリ 秋友克也 マーベルキャラクターズ
    発売日:2016年05月
    発行所:ヴィレッジブックス
    価格:2,376円(税込)
    ISBNコード:9784864912815

    もっと見る

     

    3月9日公開「きばいやんせ!私」

    「百円の恋」「嘘八百」でタッグを組んだ武正晴監督×足立紳さん(脚本)のコンビが描く、伝統の復活と、迷走する主人公の“人生の復活”の物語。

    あらすじ
    不倫騒ぎで左遷された主人公の女子アナ・貴子を演じるのは、夏帆さん。貴子の元同級生を、太賀さんが演じます。

    フリン騒ぎで週刊誌に叩かれ、キー局のニュースショーのMCを降ろされ、左遷された女子アナ、コジタカこと児島貴子(夏帆)。今は、沼のカミツキガメといった、たわいないネタを取材するディレクター兼レポーター。キツイところはAD任せ、やる気のなさは見え見えだ。かつての自分のポジションについた新人女子アナにもムカついている。そんな彼女に、手間のかかる新たな企画が押し付けられる。それは都道府県ごとに一つずつ祭を取材する「日本の奇祭47選」。

    “アナウンス部に戻れる可能性”をちらつかされ、貴子は仕方なく、小学2年生の時に1年間だけ住んでいた鹿児島の南大隅町へ下見に向かうことにした。そこに変わった祭、御崎祭りがあったことをおぼろげながら思い出したからだ。

    (映画「きばいやんせ!私」公式サイトより)

    ノベライズ発売中

    きばいやんせ!私
    著者:工藤晋 足立紳
    発売日:2019年02月
    発行所:双葉社
    価格:630円(税込)
    ISBNコード:9784575521900

     

    3月9日公開「マイ・ブックショップ」

    ※原作本が3名に当たるTwitterキャンペーン実施中!(くわしくはこちら)※

    『テムズ河の人々』でブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの小説が、「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ監督によって映画化。本屋が1軒もなかった小さな地方の町に、亡き夫との夢だった書店を開業した女性の物語を描く作品です。

    主人公・フローレンスを演じるのは、「メリー・ポピンズ リターンズ」でジェーン・バンクスを演じたエミリー・モーティマー。彼女の最初の客となる老紳士・ブランディッシュを「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイ、フローレンスを追い詰めるガマート夫人を、「しあわせへのまわり道」のパトリシア・クラークソンが演じています。

    あらすじ
    1959年のイギリス。書店が1軒もなかった保守的な地方の町で、夫を戦争で亡くした未亡人 フローレンスが、周囲の反発を受けながらも本屋のない町に本屋を開く。ある日、彼女は、40年以上も邸宅に引きこもり、ただ本を読むだけの毎日を過ごしていた老紳士と出会う。フローレンスは、読書の情熱を共有するその老紳士に支えられ、書店を軌道に乗せるのだが、彼女をよく思わない地元の有力者夫人は書店をつぶそうと画策する。

    原作はこちら

    ブックショップ
    著者:ペネロピ・フィッツジェラルド 山本やよい
    発売日:2019年03月
    発行所:ハーパーコリンズ・ジャパン
    価格:1,836円(税込)
    ISBNコード:9784596552082




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る