• ラグビーが題材の池井戸潤書き下ろし小説『ノーサイド』大泉洋主演でドラマ化

    2019年02月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    7月よりスタートする池井戸潤さん原作のドラマ「ノーサイド」(仮)で、大泉洋さんが主演をつとめることが明らかになりました。

     

    池井戸潤の書き下ろし新作をドラマ化 小説は今夏刊行予定

    ドラマ「ノーサイド」(仮)は、TBS日曜劇場枠(毎週日曜21:00~)にて放送。原作小説『ノーサイド』はまだ発売されていない書き下ろし新作で、ドラマの放送時期でもある今夏刊行予定とのことです。

    またTEAM NACSのメンバーは、現在公開中の映画「七つの会議」をはじめ、「下町ロケット」「花咲舞が黙ってない」「陸王」などに出演してきましたが、大泉洋さんが池井戸潤作品に参加するのは今回が初めて。

    TEAM NACSの中でこれまで池井戸ドラマに出演していなかった“最後のひとり”でありながら、池井戸ドラマで主演を張る“最初のひとり”となりました。

     

    左遷サラリーマン×成績不振のラグビー部 逆境に立つ両者の“再起”を描く

    ラグビーワールドカップが開催される2019年。ドラマ「ノーサイド」は、出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていた中堅サラリーマンの主人公が、上司主導のプロジェクトに異を唱えたことで左遷され、成績不振にあえぐ自社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを任される……というストーリーです。

    出世の道を絶たれ、知識も経験もないまま“ラグビー部の再建”という重荷を背負った主人公。そして、かつては強豪チームだったものの今は低迷しているラグビー部。境遇の重なる両者が、再起に向けてどう戦っていくのかが本作の見どころです。

    スタッフは「半沢直樹シリーズ」や「下町ロケット」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」を手がけてきた伊與田英徳プロデューサー、演出の福澤克雄さんに加え、脚本で「七つの会議」「下町ロケット」の丑尾健太郎さんが参加。

    なおTBS日曜劇場については、現在常盤貴子さん主演の「グッドワイフ」が放送中。4月からは江波戸哲夫さん原作の「集団左遷!!」が放送予定です。

    TBS 日曜劇場「ノーサイド」(仮)
    2019年7月より 毎週日曜21:00~

    出演
    君嶋隼人:大泉洋

    スタッフ
    製作著作:TBS
    原作:池井戸潤『ノーサイド』(2019年夏刊行予定)
    脚本:丑尾健太郎 ほか
    演出:福澤克雄 ほか
    プロデューサー:伊與田英徳 ほか

     

    関連記事

    福山雅治が初めて銀行員を演じる ドラマ「集団左遷!!」原作文庫が2冊同時発売




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る