• 『わたし、定時で帰ります。』吉高由里子主演でドラマ化 ブラック上司に立ち向かう新時代のお仕事エンタメ

    2019年01月24日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    朱野帰子さんの小説『わたし、定時で帰ります。』が、吉高由里子さん主演でドラマ化されることが決定しました。

    吉高由里子さんが演じるのは「残業ゼロ! 定時で帰る」がモットーの、“働き方新世代”に生きるワーキングガール。同作には向井理さん、柄本時生さん、泉澤祐希さん、シシド・カフカさん、内田有紀さん、ユースケ・サンタマリアさんも出演します。

    番組は4月より、TBS火曜ドラマ枠(毎週火曜22:00~)にて放送予定です。

    小説『わたし、定時で帰ります。』は、Web制作会社を舞台に“絶対に残業しないOL”と無謀な案件も安請け合いする“ブラック上司”の攻防を描く物語。

    小説は5つのエピソードで構成されていますが、ドラマは全10話での放送ということで、主人公だけでなくそれを取り巻く人々の視点も織り交ぜながら、オリジナルエピソードも加えて展開されるそう。

    すいすい読めてスカッとしつつ、自分の働き方を見つめ直すきっかけになる小説です。

    1月29日(火)には急遽文庫版の発売が決定! ぜひ今のうちに予習を。

    わたし、定時で帰ります。
    著者:朱野帰子
    発売日:2019年02月
    発行所:新潮社
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784101004617

    絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。時には批判されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事が最優先の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人。様々な社員に囲まれて働く結衣の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すという噂のブラックな上司が現れて――。(新潮社公式サイトより)

    ほんのひきだしでは「編集担当者による作品ガイド」を公開中! 本作の見どころやメッセージを紹介しています。

    「一緒に正解を探して」――絶対に残業しない会社員VS.ブラック上司!『わたし、定時で帰ります。』で「働き方」を考えてみませんか?




    タグ
    Pocket

  • 広告用_スマホ記事下

    dos20190107
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る