• このコミックがキテる!既刊5巻以内のおすすめ漫画ランキング〈2015年12月新刊発売〉

    2015年12月18日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    全国書店のPOSデータを収集・分析し、まだ巻数の若い伸び盛りの漫画を厳選し紹介する新シリーズ「このコミックがキテる!既刊5巻以内のおすすめ漫画ランキング」。2回目となる今回は、2015年12月に最新刊が発売されるタイトルから紹介します。

    〈買い忘れはない?11月に最新刊が発売されたおすすめ漫画はこちら〉
    http://hon-hikidashi.jp/enjoy/6552/

    メジャーなS級タイトルだけでは飽き足らない、新しいモノ好きでライトな漫画好きの方が次の一冊に出会うきっかけになれば幸いです。試し読みができる作品は、試し読みページへのリンクも掲載します。気になった作品は、ぜひ書店で探してみてください!

    それではさっそくまいりましょう。今回は12月に最新巻が発売されるタイトルをランキング形式で紹介していきます。

     

    第1位『だがしかし』〈最新4巻は12月18日発売〉

    【2016年1月よりアニメ化】
    懐かしの駄菓子ネタが満載の「駄菓子×美少女」コメディー!

    だがしかし 1
    著者:コトヤマ
    発売日:2014年09月
    発行所:小学館
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784091251251

    〈あらすじ〉
    イナカの駄菓子屋を継がせたい父と、継ぎたくない息子のココノツ。そんな店に、都会からやってきた駄菓子屋マニアの女の子・枝垂ほたるが現れる。ほたるはココノツに駄菓子屋を継がせるため、たびたび店を訪れるようになって……!? ボーイ×ガール×だがしコメディ―!

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『甘々と稲妻』(雨隠ギド/講談社)
    ・『食戟のソーマ』(附田祐斗/集英社)
    ・『干物妹!うまるちゃん』(サンカクヘッド/集英社)

    〈おすすめポイント〉
    2016年1月よりTBS、CBC、サンテレビほかでアニメ化される、駄菓子がテーマのギャグ漫画です。

    TVアニメ「だがしかし」公式ページ
    http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/

    うまい棒、ブタメン、ラムネ、ヨーグル、キャベツ太郎、ボンタンアメ、都こんぶなどなど、懐かしい駄菓子が多数登場!「遠足の前に300円分のお菓子を駄菓子屋に買いに行っていた」という世代にはジャストミートの内容です。そのためか、「週刊少年サンデー」連載の少年漫画ながら20代・30代の読者が多いです。

    また『だがしかし』はただの駄菓子ウンチク漫画に留まりません。絵の上手さやヒロインの可愛さ(ハイテンション残念美少女のほたるが、なんだかエロいです)、ギャグの面白さまで、全てが一級のボーイミーツガールの傑作です。

    〉『だがしかし』公式サイト(キャラクター紹介あり)
    http://www.shogakukan.co.jp/pr/dagashikashi/

    〉こちらで1~3話を試し読みできます!
    http://club.shogakukan.co.jp/book/detail-book/book_group_id/289/

     

    第2位『ブラッククローバー』〈最新4巻は12月4日発売〉

    魔導士の頂点を目指す!! 王道「少年」魔法ファンタジー開幕!

    ブラック・クローバー 1
    著者:田畠裕基
    発売日:2015年06月
    発行所:集英社
    価格:432円(税込)
    ISBNコード:9784088804163

    〈あらすじ〉
    魔法がすべての、とある世界──。生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す! 少年魔法ファンタジー、ここに開幕!!

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『七つの大罪』(鈴木央/講談社)
    ・『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平/集英社)
    ・『青の祓魔師』(加藤和恵/集英社)
    ・『ワールドトリガー』(蓑原大介/集英社)

    〈おすすめポイント〉
    『ブラッククローバー』は『HUNGRY JOKER』の田畠裕基さんによる少年魔法ファンタジーで、「友情」「努力」「勝利」という少年ジャンプの三大テーマをしっかり描いた、まさに少年マンガの王道。次のジャンプを担う作品に成長してもらいたい期待の作品です。「落ちこぼれの主人公×天才のライバル」という設定が好きな方におすすめ。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://www.s-manga.net/book/978-4-08-880416-3.html

     

    第3位『MAJOR 2nd』〈最新3巻は12月12日発売〉

    あの国民的野球コミックの続編が連載開始! 今度の主人公は吾郎の息子・大吾!

    MAJOR 2nd 1
    著者:満田拓也
    発売日:2015年06月
    発行所:小学館
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784091261588

    〈あらすじ〉
    メジャーリーグや日本代表で活躍していたプロ野球選手の吾郎。その息子・大吾は、父親にあこがれ野球を始めるが、才能のなさと2世の重圧から1年足らずでドルフィンズをやめる。
    そんな大吾の前に、吾郎の友人で野球選手・佐藤寿也の息子が転校してくる。本当は野球をやりたかったけれど、致命的に肩が弱い大吾。果たして……!?

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『MIX』(あだち充/小学館)
    ・『ダイヤのA』(寺嶋裕二/講談社)
    ・『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)
    ・『黒子のバスケ』(藤巻忠俊/集英社)

    〈おすすめポイント〉
    吾郎の息子・大吾と寿也の息子・光による、熱い王道野球物語。『MAJOR』のキャラクターの再登場や『MAJOR』を意識した設定の違いなどは、ファンには感涙ものです! もちろん前作を知らない新規の読者でもすんなり入れる内容となっています。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://club.shogakukan.co.jp/book/detail-book/book_group_id/372/

     

    第4位『東京タラレバ娘』〈最新4巻は12月11日発売〉

    独身・彼氏ナシ・女子会中毒の全タラレバ女子に捧ぐ問題作!

    東京タラレバ娘 1
    著者:東村アキコ
    発売日:2014年09月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063409352

    〈あらすじ〉
    「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」
    気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど……。「かくかくしかじか」でマンガ大賞受賞の東村アキコが描く、鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

    〈このコミックが好きな人にオススメ!>
    ・『きょうは会社休みます。』(藤村真理/集英社)
    ・『姉の結婚』(西炯子/集英社)
    ・『俺物語!!』(漫画:アルコ 原作:河原和音/集英社)

    〈おすすめポイント〉
    『かくかくしかじか』『海月姫』の東村アキコさんによる、話題沸騰・取り扱い注意の問題作。読んだ独身女性からは「グサグサ胸に刺さる!」と悲鳴が聞こえてきており、先日発表された宝島社『このマンガがすごい!2016』オンナ編でも第2位にランクインしています。特に第4巻収録エピソードのツラさはハンパないと話題です!!
    それにしても東村アキコさんの時代の空気を読む目はさすがです。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409352

     

    第5位『ゴールデンカムイ』〈最新5巻は12月18日発売〉

    舞台は神宿る北の大地! 隠された埋蔵金を巡るサバイバルが開幕

    ゴールデンカムイ 1
    著者:野田サトル
    発売日:2015年01月
    発行所:集英社
    価格:555円(税込)
    ISBNコード:9784088900827

    〈あらすじ〉
    「不死身の杉元」という異名を持った元軍人・杉元は、ある目的の為に大金を欲していた……。ゴールドラッシュに湧いた北海道へ足を踏み入れた杉元を待っていたのは、アイヌの少女・アシリパとアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりだった!?

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『ドリフターズ』(平野耕太/少年画報社)
    ・『キングダム』(原泰久/集英社)
    ・『乙嫁語り』(森薫/KADOKAWA)
    ・『アルスラーン戦記』(漫画:荒川弘 原作:田中芳樹/講談社)

    〈おすすめポイント〉
    2015年上半期で1番売れたコミック第1巻は何だ?上半期コミック第1巻売上ランキングBEST 50」で第4位を獲得した今年を代表するヒット作です。先日発表された『このマンガがすごい!2016』オトコ編でも第2位にランクインしております。
    元軍人「不死身の杉元」が野生の熊や一癖も二癖もある凶悪な死刑囚や軍人を相手取って繰り広げるバイオレンスたっぷりの「アクションパート」、アイヌの美少女・アシリパとのアイヌ料理を巡る爆笑必至の「グルメパート」、隠された財宝を巡る「サスペンスパート」のバランスが絶妙で、極上のエンタテインメント作品に仕上がっています。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://www.s-manga.net/book/978-4-08-890082-7.html

     

    第6位『賭ケグルイ』〈最新4巻は12月22日発売〉

    賭すこと、それが私の存在理由。クルった学園のギャンブルストーリー

    賭ケグルイ 1
    著者:尚村透 河本ほむら
    発売日:2014年10月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:627円(税込)
    ISBNコード:9784757544499

    〈あらすじ〉
    名門・私立百花王学園は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。
    そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……。

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『東京喰種』(石田スイ/集英社)
    ・『嘘喰い』(迫稔雄/集英社)
    ・『LIAR GAME』(甲斐谷忍/集英社)
    ・『賭博黙示録カイジ』(福本伸行/講談社)

    〈おすすめポイント〉
    創作ギャンブル漫画が好きな方におすすめしたい、今一番ノっているギャンブル漫画。緊迫した心理戦も面白いですが、一見清楚な美少女たちがいざギャンブルを始めると完全にイってしまった狂気の表情を見せる、そのギャップにも注目です。ドSな女の子が好きな男性にもおすすめ。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/series/kakegurui/index.html

     

    第7位『午前0時、キスしに来てよ』〈最新2巻は12月11日発売〉

    『近キョリ恋愛』のみきもと凜が贈る、リアル・シンデレラストーリー♥

    午前0時、キスしに来てよ 1
    著者:みきもと凜
    発売日:2015年07月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063419931

    〈あらすじ〉
    誰もが認める優等生・日奈々のヒミツの願い、それは“おとぎ話のような恋”をすること。ある日、日奈々の高校に超絶イケメン俳優・綾瀬楓が映画撮影で来たことが、日奈々の平凡な毎日を変えていく──!!

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『きょうのキラ君』(みきもと凜/講談社)
    ・『ReReハロ』(南塔子/集英社)
    ・『思い、思われ、ふり、ふられ』(咲坂伊緒/集英社)

    〈おすすめポイント〉
    『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』のみきもと凜さんによる最新作。描かれるのは、普通の真面目な女子高生・日奈々を主人公としたイケメン俳優・楓とのシンデレラストーリーです。まさに王道の少女漫画という感じなのですが、「イケメン俳優・楓はお尻フェチである」という設定が面白いです。それにしてもこのタイトルと第1巻の表紙は可愛くてたまりませんね!

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063419931

     

    第8位『かつて神だった獣たちへ』〈最新3巻は12月9日発売〉

    『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、異形の兵士をめぐるダークファンジー

    かつて神だった獣たちへ 1
    著者:めいびい
    発売日:2014年12月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063952629

    〈あらすじ〉
    禁忌の技術をもって作り出された異形の兵士“擬神兵”。 その擬神兵たちを殺すために旅を続ける“獣狩り”のハンク。擬神兵だった父を彼に殺された少女、シャール。
    父が殺された意味を知るため、シャールは、ハンクと共に旅することを決意する―!!!

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『進撃の巨人』(諫山創/講談社)
    ・『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ/マッグガーデン)
    ・『東京喰種』(石田スイ/集英社)
    ・『終わりのセラフ』(原作:鏡貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔/集英社)
    ・『亜人』(桜井画門/講談社)

    〈おすすめポイント〉
    『かつて神だった獣たちへ』は、『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいさんによる最新作です。戦乱から民を守るために人から異形の “擬神兵”となり戦時は「神」ともてはやされた兵士たちが、いざ平和が訪れると差別・迫害され、今や「獣」として狩られる存在になってしまった……という舞台設定。人間の弱さや醜さを描いた、悲しく重厚なファンタジーです。「少女と渋いおっさんが旅をする」という設定が好きな方にもおすすめ。

    めいびいさんのラブコメ要素が欲しいという方は、12月25日に最新3巻が発売される異世界新婚ラブコメ『結構指輪物語』(スクウェア・エニックス)もあわせてどうぞ。

    結婚指輪物語 1
    著者:めいびい
    発売日:2014年12月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:617円(税込)
    ISBNコード:9784757544307

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063952629

     

    第9位『モトカレ←リトライ』〈最新3巻は12月25日発売〉

    モトカレに「リトライ」ってアリですか? 共感度200%のリアルラブストーリー♥

    モトカレ←リトライ 1
    著者:華谷艶
    発売日:2015年06月
    発行所:小学館
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784091373465

    〈あらすじ〉
    中学時代の初カレ&失恋を引きずったまま、大学生になった蜜。 新しい恋を探していた矢先に、隣の部屋に住んでいるのがモトカレ・楓と発覚!!
    5年たってすっかりモテ男になった楓が気になる蜜だが……?!

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館)
    ・『春待つ僕ら』(あなしん/講談社)
    ・『煩悩パズル』(川上ちひろ/小学館)
    ・『制服でヴァニラ・キス』(夜神里奈/小学館)

    〈おすすめポイント〉
    中学時代の初カレとの、大学生になってからの再開。しかも、色気のあるイケメンに成長しているのに優しさは昔と変わらない……!!という、女子の「こうだったらいいな」を叶える共感度120%のラブストーリー。2度目の恋は、かなり糖分高めです。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://www.shogakukan.co.jp/author/5244

     

    第10位『カラダ探し』〈最新5巻は12月4日発売〉

    深夜の校舎で繰り広げられる、終わらない血みどろの鬼ごっこ……。

    カラダ探し 1
    著者:村瀬克俊 ウェルザード
    発売日:2015年02月
    発行所:集英社
    価格:432円(税込)
    ISBNコード:9784088802916

    〈あらすじ〉
    友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。
    早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も“赤い人”に殺されると言うが……。

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『神さまの言うとおり』(原作:金城宗幸、作画:藤村緋二/講談社)
    ・『亜人』(桜井画門/講談社)
    ・『魔法少女・オブ・ジ・エンド』(佐藤健太郎/秋田書店)

    〈おすすめポイント〉
    携帯小説投稿サイト「E★エブリスタ」でウェルザードさんが連載していた人気小説を、村瀬克俊さんがコミカライズした作品。絵が上手いだけに怖さが半端じゃない! それでも読むのを止められない、傑作サバイバルホラー漫画です。

    〉作品紹介ページ(第1話試し読みあり)
    http://www.s-manga.net/book/978-4-08-880291-6.html

    ***

    以上が、12月に最新刊が発売される、まだ巻数が若い伸び盛りの旬なおすすめ漫画ランキングベスト10です。気になった作品があったらぜひ書店店頭でお買い求めください!


    先月のランキングを見る

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る