• 高山一実『トラペジウム』 想像以上の売れ行きで「年内の生産はこれが限界」

    2018年12月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    11月28日(水)に発売された乃木坂46メンバー 高山一実さんの長編小説デビュー作『トラペジウム』が、4刷・8万4,000部に到達。発売からわずか10日で初版の4倍超まで部数を伸ばし、全国の書店で売り切れが続出しています。

    トラペジウム

    12月21日(金)頃より待望の重版分が店頭に順次並び始めるのですが、このたび大規模の重版、そして年末というタイミングもあって「表紙に使われている用紙の在庫を使い切ってしまった」ことが明らかになり、「年内の生産力ではこれが限界」という異例の“嘆きのコメント”が公表されるに至りました。

    『トラペジウム』は、高山一実さんが「手紙」というコンセプトのもとに、読者へ伝えたいメッセージが随所にしのばせられている作品。

    その思いは物語だけでなく造本にも込められており、今回『トラペジウム』で採用されている「仮フランス装」「天アンカット」は、製本に時間のかかる設計となっているそうです。

    なお現在「ダ・ヴィンチニュース」には、乃木坂46の西野七瀬さんと齋藤飛鳥さん、欅坂46の長濱ねるさんによる“読書感想文”が公開されています。無事『トラペジウム』を手に入れたら、現役アイドルである彼女たちが本作をどう読んだのかもチェックしてみては。

    トラペジウム
    著者:高山一実
    発売日:2018年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784040686967

    高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東の、己のすべてをかけて追いかけた夢の結末とは!?

    現役トップアイドルが、アイドルを目指す女の子の10年間を描いた感動の青春小説。

     

    関連記事

    『トラペジウム』3週連続トップ! 本屋で今検索されている本ランキング(2018年12月11日~17日)

    乃木坂46 高山一実『トラペジウム』で小説家デビュー!気になる内容は?




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る