• 読者からのいいね・RTで第1位を決定!「第2回マンガ新聞大賞」一般投票がスタート

    2018年12月14日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    12月14日(金)11:30より、第2回マンガ新聞大賞の一般投票がスタートしました。

    投票は読者によるTwitterの「いいね」「RT」で行なわれ、21日(金)にWeb上で結果発表、来年2月14日(木)に授賞式が開催されます。

    第2回マンガ新聞大賞にノミネートされているのは、下記の10作品。

    連載間もない作品を世に広めるため、直近約1年間に第1巻が刊行された漫画を対象としています。

    ・『アイとアイザワ』(原作:かっぴー、漫画:うめ/宝島社)
    ・『違国日記』(ヤマシタトモコ/祥伝社)
    ・『地獄楽』(賀来ゆうじ/集英社)
    ・『終末のワルキューレ』(作画:アジチカ、原作:梅村真也、構成:フクイタクミ/ノース・スターズ・ピクチャーズ)
    ・『左ききのエレン』(原作:かっぴー、作画:nifuni/集英社)
    ・『ブルーピリオド』(山口つばさ/講談社)
    ・『マイホームヒーロー』(原作:山川直輝、作画:朝基まさし/講談社)
    ・『ミステリと言う勿れ』(田村由美/小学館)
    ・『来世は他人がいい』(小西明日翔/講談社)
    ・『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉/講談社)

    ※選考方法
    2017年9月1日~2018年10月31日に単行本第1巻が発売された作品を対象に、マンガ新聞レビュー部のレビュアー約50名が重みづけ投票を行ないランキングを集計。上位10作をノミネート作に決定。

    冒頭で「投票はTwitterのいいね・RTで行なわれる」と紹介しましたが、本日11:30より順次、マンガ新聞レビュー部の公式Twitterアカウント(@mangahonz)から投票用ツイートが各作品について投稿されます。

    そのツイートに対する「いいね」「RT」の数で、大賞作品が決定されるというしくみです。

    投票期間は12月19日(水)14:59まで。

    本日より2019年2月21日(木)までの間は、一部電子書店でノミネート10作の「無料試し読み増量キャンペーン」が行なわれていますので、気になっていたけれどまだ読んでいない作品がある方、全タイトル読んでから投票したい方は活用してみては。

    なお「ほんのひきだし」でも、『終末のワルキューレ』の第1話まるごと試し読み、『ミステリと言う勿れ』『ランウェイで笑って』のくわしい作品紹介、『ブルーピリオド』のレビューなどを公開しています。こちらもぜひご覧ください。

    第2回マンガ新聞大賞
    ・投票期間:2018年12月14日(金)11:30~19日(水)14:59
    ・順位発表:12月21日(金)「マンガ新聞」上にて発表
    ・授賞式:2019年2月14日(木)「BOOK LAB TOKYO」(東京・渋谷)で開催

    ※無料試し読み増量キャンペーン実施店… LINEマンガ/pixivコミック/BookLive!/BookLive!コミック ほか
    ※授賞式の参加申し込みはこちら(https://peatix.com/event/581672

     

    関連記事

    【第1話無料公開】神vs人類の激アツタイマン勝負!漫画『終末のワルキューレ』が面白い
    新人漫画賞史上4人目の特選でデビュー!猪ノ谷言葉が描く『ランウェイで笑って』
    【ミステリと言う勿れ】『7SEEDS』田村由美が描く天パの不思議系青年が主人公の新感覚ストーリー
    【レビュー】絵は“才能”or“学ぶもの”?東京藝大の狭き門に挑むスポ根受験物語『ブルーピリオド』

    田村由美『7SEEDS』アニメ化決定・夏Bチームの声優解禁 来春Netflixで独占配信




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    dos20190107
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る