• ヨガがネガティブな存在だった15年前、ヨガの雑誌を世に出そうと奮闘する一人の編集者がいた

    2018年12月06日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    ヨガをする女性のことを英語で「ヨギーニ」と言います。この言葉を雑誌名にした「Yogini(ヨギーニ)」は、ヨガ界のオピニオンリーダーともいうべき雑誌。ポーズや思想、食生活、ファッションなど、ヨガにまつわるあらゆる情報を紹介しています。

    今回は、「Yogini」を創刊から手がけている橋村伸也編集長にエッセイを寄せていただきました。

    編集者としても一人の人間としても「ヨガ尽くしの人生」を送っているという橋村さん。日本ではヨガがネガティブな存在だった15年前、ヨガの雑誌を作るために奮闘する中である考えに至ったそうです。

    現在のヨガブームにもつながる、その発見とは何だったのでしょうか?

     

    ヨガがネガティブだった時代に、ヨガムックを売るために考えたこと。  文・枻出版社「Yogini」編集長 橋村伸也

    僕が創刊から15年関わってきた「Yogini」という媒体は、ヨガ専門のムックとして2004年9月に出版、2018年9月発売号で雑誌として独立創刊した。なんと66冊目、15年目にして雑誌コード取得。出版人としては感慨深い。

    さて、「Yogini」には前身となる「ヨガでシンプル・ビューティ・ライフ」というムックがある。2004年1月に単発ムックで出版し、なかなかの好成績で3刷。2号目もそこそこ。それなら定期ムックの顔をしてヨガの業界とマーケットを作っていこうと、「Yogini」の名前に変え出版し始めた。

    「Yogini」の原点でもある「ヨガでシンプル・ビューティ・ライフ」を企画し、出版した頃、ヨガ=宗教であり、世間ではかなり煙たがられる存在だった。背景には、オウム真理教が信者たちの修行にヨガを用いていたことがある。ヨガにはその印象が強かった。そして1994年からのオウムの事件以降、ヨガ教室は毎月のように入会者ゼロという暗黒時代に入る。風評被害は激しく、長く続いた。そんな時代にヨガのムックを企画編集した当時の話をしたい。

    そもそも世間が「ヨガ」というものの印象を、ネガティブな存在として認識していた。国民のほとんどと言っても過言でないほど。そのヨガのムックを売ることは、なかなか難しいのではないか? それは安易にわかるのだが、当時の僕は、ヨガのこと、海外の事情と歴史、日本でヨガを楽しんでいる人たちのことなどを調べていくうちに、ある考えに至った。

    ヨガ=宗教ではなく、ヨガ=ビューティ! それも人の外見的な美しさと内面的な美しさ、その両方を磨くことができる、素晴らしいメソッド! これまで(2003年まで)にさまざまな健康メソッドが流行ってきたが、心も体も美しくしてくれ、さらに浄化やダイエット、そしてスピリチュアルな部分まで持ち合わせているものなんてほかにない。一人で宝を探し当てた気分で興奮した。絶対にいい本を作るというエネルギーとモチベーションが湧いてきた。

    そこからどのようなものを作るかを考えた。それまでに出版されていたヨガ関連の本をすべて読もうとした時に、自分が一冊もきちんと読めなかったことが気づきだった。著しく難しい日本語に仏教的な言葉が絡み合い、そこに英語の難しいワードが入りながら、古いインドの言葉であるサンスクリット語のヨガ用語が用いられていたのだ。さらに解剖生理学的な言葉、意識や無意識の世界といった精神&心理的な専門用語まで登場する。ヨガの哲学的な本は難しすぎて、読めるところとしてはポーズのみだった。

    ならば、専門的なこと、ヨガをしている人のライフスタイルなどをわかりやすく、シンプルに表現し、美しいビジュアルとともに展開する本を作ろう。そして「ヨガ=宗教」という世間のイメージを「ヨガ=本質的なビューティ」に変え、女性の心を打ち抜くような斬新な表紙にしようと考えた。

    結果、このムックは売れ、その後ヨガが日本で大流行し、今もなお、ヨガの人気は衰えていない。

    わかりにくいヨガのことを、わかりやすく、やさしく、ビジュアルをうまく使いながら、シンプルかつ美しく伝えたい。その思いを胸に、またこれから100号に向けて走っていく。ヨガは深い。深さとは美しさだ。その名言に助けられながら、編集者としても、一人の人間としてもヨガ尽くしになった人生を続ける覚悟をしている。


    枻出版社「Yogini」編集長
    橋村伸也―HASHIMURA Nobuya
    1975年、大阪生まれ。20歳で英国にてアート、デザイン、スポーツを学ぶ。帰国後、40か国以上を旅する。2001年枻出版社入社。数多くの専門誌に携わり、ヨガ関係の出版物を手がける。2005年退社し、女性の健康と美容に特化した制作編集プロダクション「Lotus8」を起業。現在も枻出版社の「Yogini」「YOLO」の編集長を兼務。


    「Yogini」
    ポーズや思想、食生活やダイエット、ファッションやアイテムなど、ヨガにまつわるすべてを美しい写真と情報で網羅するヨガ界のオピニオンリーダー誌。11月20日(火)発売の1月号では、ポーズをがっつり特集。ポーズの基本、続けていくとどうなるか、解剖生理の視点、心や脳との関係、メンズの苦手克服など。

    Yogini 2019年 01月号
    著者:
    発売日:2018年11月20日
    発行所:□出版社
    価格:1,080円(税込)
    JANコード:4910090110199

    (「日販通信」2018年12月号「編集長雑記」より転載)




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る