• 妖怪たちのいるところ

    水木しげる没後3年 未発表原画21枚がオールカラーで書籍化

    2018年11月30日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2015年11月30日に、93歳で亡くなった水木しげるさん。没後3年となる本日11月30日(金)の「ゲゲゲ忌」にあわせて、『妖怪たちのいるところ』と題したアートブックが発売されました。

    『妖怪たちのいるところ』は、水木しげるさんの妖怪絵に、妖怪学の第一人者・小松和彦さんが民俗学の観点から解説文をつけた一冊。

    大判オールカラーで掲載された妖怪絵はいずれも未発表作品で、妖怪・幽霊・妖精たちを“いるところ=場所”という切り口で分類整理している点も特徴です。

    (上)©水木プロ「十 妖怪と図像 その姿かたち」/(下)「一 妖怪のとき・暗闇の世界」より

    165体の妖怪解説や、画家の山口晃さんによる特別寄稿「ふるえる心」も収録。特別寄稿では一般的な絵画鑑賞論だけでなく、「水木絵をどのように楽しむか」も書かれています。

    (上)©水木プロ 「二 妖怪が出没する場所」/(下)「五 古道具・モノに籠もる霊」より

    これだけでも大充実の内容ですが、造本も豪華。筒箱から本を取り出すと、表紙には妖怪たちが浮き上がります。

    ぜひ実物を手に取って、味わってみてください。

    妖怪たちのいるところ
    著者:水木しげる 小松和彦
    発売日:2018年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:3,240円(税込)
    ISBNコード:9784041072059

    目次
    特別寄稿 「ふるえる心」山口晃
    一  妖怪のとき・暗闇の世界
    二  妖怪が出没する場所
    三  死後の世界への道
    四  家に棲む霊
    五  古道具・モノに籠もる霊
    六  動物の霊
    七  植物の霊
    八  祟る妖怪
    九  妖怪と幽霊
    十  妖怪と図像 その姿かたち
    十一 妖怪と音
    十二 カミと妖怪
    十三 都市と妖怪
    十四 妖怪を発見した人たち
    十五 妖怪の比較研究
    十六 妖怪とは何か
    あとがき 小松和彦

     

    関連記事

    「ゲゲゲの鬼太郎」水木しげるさん逝去 今読みたいおすすめ水木しげる漫画4選




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る