• “新人監督の登竜門”新藤兼人賞を「鈴木家の嘘」野尻克己、「生きてるだけで、愛。」関根光才が受賞

    2018年11月27日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    11月27日(火)、“新人映画監督の登竜門”とされる2018年度新藤兼人賞の受賞作が発表され、「鈴木家の嘘」の野尻克己監督が金賞、「生きてるだけで、愛。」の関根光才監督が銀賞に決定しました。

     

    現役プロデューサーだけで審査する唯一の新人監督賞

    新藤兼人賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点からその年度で最もすぐれた新人監督を選ぶ賞。審査員が現役プロデューサーのみで構成されている点が特徴で、1996年に創設され、過去には是枝裕和さん、李相日さん、西川美和さんらが本賞を受賞しています。

    今回選考の対象となったのは、2017年12月から2018年11月に公開された劇場用実写長編映画のうち、監督にとって3作目以内のもの。作品数は過去最多185作品にのぼり、厳正なる審査の結果、野尻監督・関根監督の2名が選ばれました。

    「鈴木家の嘘」は、長男の死にショックを受け記憶をなくした母親と、そんな母を悲しませないために家族ぐるみで“やさしい嘘”をついた家族の、混乱と再生を描いたヒューマンドラマ。

    鈴木家の嘘2018年11月16日より公開中)
    監督・脚本:野尻克己
    出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋
    音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl)
    製作:松竹ブロードキャスティング
    制作プロダクション:ハーベストフィルム
    配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド

    ©松竹ブロードキャスティング

    銀賞に選ばれた関根監督の「生きてるだけで、愛。」は、うつによる過眠症のせいで引きこもり気味な寧子と、疲弊し人と深くかかわることを避ける同棲中の恋人・津奈木を描くラブストーリーです。

    生きてるだけで、愛。(2018年11月9日より公開中)
    出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲里依紗
    原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
    監督・脚本:関根光才
    製作幹事:ハピネット、スタイルジャム
    企画・制作プロダクション:スタイルジャム
    配給:クロックワークス

    ©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

     

    異例の大ヒット作となった「カメラを止めるな!」はプロデューサー賞に

    なお新藤兼人賞には、優秀な作品の完成に貢献したプロデューサー・企画者を評価する「プロデューサー賞」も設けられており、今回は「カメラを止めるな!」のプロデューサー・市橋浩治さんと、上田慎一郎監督、アスミック・エースの豊島雅郎さんが同賞を受賞。

    また本年度は、永年にわたって質の高い娯楽映画を作り続けている功績を称え、黒澤満さんに「日本映画製作者協会 特別賞」が贈呈されることも決定しています。

    〉新藤兼人賞公式サイト
    http://www2.odn.ne.jp/jfma/shindosho.htm

     

    おすすめ関連記事

    趣里×菅田将暉「生きてるだけで、愛。」 本谷有希子の芥川賞候補作が映画化




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る