• 家族と土いじりをしながら、考える事 文・「FQ JAPAN」発行人 清水朋宏

    2015年12月01日
    楽しむ
    日販 商品情報センター「日販通信」編集部
    Pocket

    この秋、最近都市生活者の間でちょっと流行になり始めている「市民農園」に加入して、家族と一緒に野菜作りを始めました。「農園」といっても、手がけるのは4アールほどのひと区画。1mほどの畝(うね)を4本も作ればいっぱいいっぱい、という程度の規模ですが、私にとってはなまりつつある身体に喝を入れるいい機会であり、2人の息子達にとっては、「土」に触れ、食べ物の大切さを知る貴重な「食育」の現場。さらに妻や母も参加して、家族のコミュニケーションの場としても、なかなか意味深いものとなっています。

    土いじりは、集中が必要です。まだ始めたばかりで、数回体験したに過ぎない「農作業」ですが、そのたびに考えることがあります。

    約10年前、そもそも私が“父親の育児”をテーマにした雑誌を日本で発売しようと思ったのは、自分自身が長男の子育てを体験してみて、純粋に「楽しかったから」でした。我が家ではごく当たり前にやっている男性の育児参加が、日本ではまだまだ市民権(?)を得ておらず、先進国といいながら随分立ち後れているな、という実感がありました。

    また、「仕事と家庭の両立」や「女性の社会参画(=男性と女性の役割分担)」など、日本社会の課題を解決する方法としても、男性の育児は必須だな、とも感じたのです。そこでイギリスで発行されていた父親向け雑誌「FQ(Father’s Quarterly)」の日本版を発行、早いものでそれから10年が経とうとしています。

    ところが雑誌制作の過程で、父親支援やワークライフバランスの啓蒙、女性の社会参画など、関連するさまざまなジャンルの第一線で活躍する方々とお会いする機会を得て、私の興味は単なる「父親の育児」から、「持続可能な社会」の実現というテーマへと広がっていきました。上手に子育てをこなすには、周りとの「協調」が大事です。パートナーや双方の両親、ご近所や保育園のお友達ファミリー……、助け合いながらやるのがイチバン。ところが日本の父親たちは、日々「競争」にさらされています。父親たちが安心して育児に参加するためにも、日本は「競争社会」から「協調社会」に変わらなければ……そしてそれはブームなどではなく、「持続可能」であることが何より大事だと気付いたのです。

    しかし、そんな時に起こったのが東日本大震災でした。父親として、ひとりの日本人として、エネルギー問題について世に問う必要性を強く感じ、すぐさま再生可能エネルギーを扱う雑誌「SOLAR JOURNAL」を発行しました。周囲の反対を押し切ってでも発行したのは、「持続可能な社会」の実現には、不可欠だという強い確信があったからです。

    そんな新雑誌の発行から数えても、今年で5年目。今、私の興味はさらにその先、「食」とその生産活動である「農業」へと広がり始めています。

    前述した2誌のテーマが、奇しくも「少子化」や「地方創生」というキーワードの元にクロスオーバーをはじめ、さらなるテーマとして、多様性を増すライフスタイルのひとつの最前線、あるいは日常生活の根本でもある「食」の生産地としての「農村」へと集約されていきました。そもそもそこで営まれている農業=食料を作るということはどんなことなのか、我々は「消費者」として、もっと知る必要がある……。「持続可能な社会」の実現には、避けて通れないテーマだと思うのです。

    市民農園で慣れない鍬をふるいながら真っ先に頭に浮かぶのは、収穫した野菜が並んだ食卓の楽しい時間。しかしそれだけでなく、そんな想いも大きな収穫だと感じる、今日この頃です。


    アクセスインターナショナル「FQ JAPAN」発行人
    清水朋宏 ―SHIMIZU Tomohiro

    自らの体験から男性の育児参加の必要性を痛感、2006年に日本初の父親向け育児雑誌「FQ JAPAN」を創刊。株式会社アクセスインターナショナル代表取締役社長。


    「FQ JAPAN」
    英国発の父親向け雑誌「FQ」の日本版として2006年創刊。日本における「イクメン」ブームを牽引、父親の育児参加の重要性を社会にアピールし続ける。最新号(vol.37、12月1日発売)には「父親の悩み大特集」を掲載。

    FQ JAPAN (エフキュージャパン) 2016年 01月号
    著者:
    発売日:2015年12月01日
    発行所:アクセスインターナショナル
    価格:500円(税込)
    JANコード:4910120670167

    「SOLAR JOURNAL」
    誰もがソーラー生活を楽しめるよう、スマートコミュニティの住人として欠かせない基本情報から最新のライフスタイルを分かりやすく紹介。現在発売中の秋号では「農活」(都市の日常生活に「農」をプラスする活動)を特集している。

    SOLAR JOURNAL (ソーラージャーナル) vol.15 2015年 11月号
    著者:
    発売日:2015年10月14日
    発行所:アクセスインターナショナル
    価格:500円(税込)
    JANコード:4910120681156


    (「日販通信」2015年12月号「編集長雑記」より転載)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る