• 「ぼく」は悪役レスラーという仕事をどこまで理解できたのか?パパわるシリーズ第3弾が勤労感謝の日に発売

    2018年11月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今年9月に棚橋弘至さん主演で映画化された「パパわる」シリーズの第3弾『わるものパパのだいだいだーいファン』が、11月23日(金・祝)に発売されました。

    『わるものパパのだいだいだーいファン』は、『パパのしごとはわるものです』『パパはわるものチャンピオン』のその後のエピソードを描いた作品です。

    前作までで、「父親の仕事が悪役レスラーだった」という事実にショックを受けるも、懸命に戦うパパの姿を見てそれを次第に受け入れていった「ぼく」。

    しかし今作では、パパの仕事に関する新たな事実が発覚したことで、再び「ぼく」の心が揺れ動き、前作までで解決していなかったことが浮き彫りになっていきます。

    あらすじ
    ぼくのパパは、悪者レスラーのゴキブリマスク。
    正義の味方のドラゴン・ジョージを痛めつけて、みんなから嫌われてる。
    ぼくは、パパを応援してるけど、声には出さない。ときどき、パパがドラゴン・ジョージだったらなあって思う。パパには絶対言えないけど。

    そんなある日、公園で一人で遊んでいると、正義のレスラー、ドラゴン・ジョージが現れた!

    キャッチボールをするうちに、ぼくのパパがゴキブリマスクだと知ったドラゴンは、パパも昔は正義の味方として活躍していたこと、そして、ドラゴンもパパの大々ファンだったことを教えてくれた。

    驚くぼくに、ドラゴン・ジョージは言った。

    「だれだって、せいぎのみかたに なるときもあれば、わるものに なるときも あるんだ」

    人に嫌われる仕事をしているパパのことを「わからないけど、わかったことにする」と子どもなりに理解したものの、正義のヒーローに憧れる気持ちはそのまま、やっぱり「パパが正義の味方だったらよかったのに」と思わずにはいられない「ぼく」。

    しかし今作では、憧れの存在から「自分もいつかはゴキブリマスク2号になるかもしれない」と告げられてしまいます。

    悪役レスラーというパパの仕事を「ぼく」はどこまで理解できたのか?

    心の葛藤が丁寧に描かれた、読者も「ぼく」と一緒に成長できるような一冊です。

    今作から絵を手がけるのは、『わけあって絶滅しました。世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』の挿絵を担当したサトウマサノリさん。本の帯には、棚橋弘至さんが熱いコメントを寄せています。

    わるものパパのだいだいだーいファン
    著者:板橋雅弘 サトウマサノリ
    発売日:2018年11月
    発行所:岩崎書店
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784265081608

    ※対象年齢:3、4歳~小学校低学年

     

    関連記事

    わかりあえない苦しさは皆が抱えている――映画「パパはわるものチャンピオン」主演 プロレスラー・棚橋さんインタビュー




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る