• 20年間“母の愛”を諦めなかった青年の実話 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」ほか今週公開の映画

    2018年11月16日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    11月16日公開「アウト&アウト」

    漫画家、映画監督、脚本家などマルチに活躍する『BE-BOP-HIGHSCHOOL』のきうちかずひろさんが、『藁の楯』でデビューした“小説家・木内一裕”として執筆した小説『アウト&アウト』を自ら映画化。主演は遠藤憲一さんです。

    曲者ぞろいのアウトローたちが繰り広げるバイオレンスなクライム・サスペンスですが、元ヤクザ×小学生の女の子という異色のバディもの、そして血のつながらない2人の人間ドラマが描かれている点も魅力。

    あらすじ
    日本最大の暴力団・菱口組最高幹部の側近だった矢能政男(遠藤憲一)は、ヤクザ稼業から足を洗い、訳アリで預かることになった小学二年生の少女・栞(白鳥玉季)と二人で探偵事務所を営んでいる。

    ある日、そんな矢能の元に「取引」の現場に立ち会って欲しい、という依頼が入る。だが、指定された場所に足を運ぶと、依頼人は拳銃で撃たれた死体となっていた。虚をつかれた矢能は、マスクを被った男(岩井拳士朗)に銃口を向けられていた。その男は、矢能にその拳銃を握らせ、「証拠である凶器の拳銃に、あんたの指紋だけがついてる。これって致命的なことじゃないかな」そう言い残すと、矢能と死体を置き去りにして去って行った。

    依頼人の死体を調べると、パスポートが出てきた。名前は安田義行。だが、矢能が安田の姉に電話をかけると、目の前で死んでいる安田は3年前にカンボジアで死んだという。

    長年、悪党ばかりを見てきた矢能には、おおよその絵図は透けて見える。安田のビジネスは強請りで、「取引」の相手に口封じのために殺されたはず―。矢能は馴染みの情報屋(竹中直人)に、三年前に死んだことになっている安田の情報集めを頼むが、情報屋は、矢能がヤバい案件に首を突っ込むと、栞に危険が及ぶと心配する。

    (映画「アウト&アウト」公式サイトより)

    原作はこちら

    アウト&アウト
    著者:木内一裕
    発売日:2011年07月
    発行所:講談社
    価格:679円(税込)
    ISBNコード:9784062770118

     

    11月16日公開「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

    原作は、歌川たいじさんによる同名のコミックエッセイ。大人になっても“母の愛”を諦めなかった青年の実話が、大賀さん・吉田羊さんら出演で実写映画化されました。

    映画化にあたって原作漫画の全ページ描き下ろし・再構成が行なわれ、新版として刊行されています。

    あらすじ
    タイジ(大賀)は幼い頃から美しい母・光子(吉田羊)のことが大好き。手間暇かけてつくってくれる混ぜご飯はタイジの大好物だ。だが、家の中にいる光子はいつも情緒不安定で、タイジの行動にイラつき、容赦なく手を上げる。夫との離婚問題が浮上し、光子はタイジがいると不利になると思い、タイジは9歳にして児童保護施設へ入れられてしまう。1年後、良い条件で離婚した光子は、タイジとその姉・貴子を連れ、新しい家に出て行くが、そこでもまた不安定な生活を送るようになる。17歳になったタイジは、ある日光子から酷い言葉と暴力を受けたことをきっかけに、家を出て1人で生きていく決意をする。

    ただ、日々を生きているだけのタイジだったが、幼い頃に唯一自分の味方をしてくれた工場の婆ちゃん(木野花)と再会し、自分を今も思ってくれる強く優しい想いに心を動かされる。努力を重ね、一流企業の営業職に就いたタイジは社会人劇団にも入り、金持ちで華やかだが毒舌家のキミツ(森崎ウィン)と出会う。容赦なくモノを言うキミツに戸惑いながらも、次第に心を開いていくタイジ。会社の同僚・カナ(秋月三佳)やその恋人の大将(白石隼也)とも次第に打ち解けていく。大人になって初めて、人と心を通わせる幸せを感じたタイジは、友人たちの言葉から、自分が今も母を好きでいる事に気づき、再び母と向き合う決意をする。

    (映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公式サイトより)

    原作はこちら(新版)

    母さんがどんなに僕を嫌いでも 新版
    著者:歌川たいじ
    発売日:2018年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,188円(税込)
    ISBNコード:9784041062531

     

    11月16日公開「サムライせんせい」

    2015年に錦戸亮さん主演で連続ドラマ化された漫画『サムライせんせい』が、幕末150周年を記念して実写映画化。

    今回主人公の半平太を演じるのは、市原隼人さんです。

    あらすじ
    幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。
    それは幕末を⽣きた⾼知出⾝の志⼠・武市半平太。
    尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の⾝であった⼟佐勤王党盟主の半平太がふと⽬覚めると、そこは何故か平成の⽇本。

    ひょんなことで学習塾を経営する⽼⼈・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに⼾惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を⼿伝うことに。

    当初は、⼦どもたちや町の⼈々から好奇の⽬で⾒られたりしたものの、持ち前の真⾯⽬さや温厚な⼈柄で、⼈々の信頼を得てゆく。平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある⽇、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。
    楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本⻯⾺だった!

    (映画「サムライせんせい」公式サイトより)

    原作はこちら

    サムライせんせい
    著者:黒江S介
    発売日:2014年11月
    発行所:リブレ
    価格:678円(税込)
    ISBNコード:9784799724439

     

    11月16日公開「人魚の眠る家」

    東野圭吾作家デビュー30周年記念作として刊行された『人魚の眠る家』。衝撃的な内容で話題になった同作は、累計100万部突破のベストセラーとなっています。

    事故で脳死状態となった大切な娘。「何をもって“死”とするのか?」という問いを投げかける小説はほかにもありますが、本作では、「生きている」と信じたい母親の行動がどんどんエスカレートしていきます。

    そんな母親を映画で演じるのは、篠原涼子さん。メガホンを取ったのは「TRICK」「明日の記憶」の堤幸彦監督です。

    あらすじ
    離婚寸前の夫婦のもとに、ある日突然、届いた知らせ。「娘がプールで溺れた――」。愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。奇蹟を信じる夫婦は、ある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく――。

    (「人魚の眠る家」公式サイトより)

    原作はこちら

    人魚の眠る家
    著者:東野圭吾
    発売日:2018年05月
    発行所:幻冬舎
    価格:788円(税込)
    ISBNコード:9784344427303

     

    11月17日公開「メサイア ―幻夜乃刻―」

    高殿円さんの小説『メサイア 警備局特別公安五係』を原作に、ドラマ、舞台、映画などさまざまに展開されている「メサイア・プロジェクト」。

    今回公開された「メサイア―幻夜乃刻―」は映画シリーズ4作目で、舞台とはまた違ったアクションシーンが見どころ。主人公の加々美いつきは、舞台版と同じく杉江大志さんが演じます。

    あらすじ
    加々美いつき(杉江大志)は、有賀涼(井澤勇貴)を救うために北方連合に投降。サリュート(山田ジェームス武)によって移送される途中、何者かに襲撃される。気がつくと加々美とサリュートは密室にいた・・・。
    二人を監禁した男の名前は『ナイトメア』。照る日の杜事件において、ナイトメアを名乗っていた有賀でも園之人でもない真の黒幕であった。
    「私は君たちに恨みを持つ者だ。君たちが自分達の罪を認め。罪を償うのであれば生きて、ここから出ることができる・・・」
    襲い来る刺客たち・・・その中の一人であるヤマシロ(波岡一喜)を名乗る男も加わり、三人の男たちは命を賭けた脱出ゲームに挑むのであった。

    (映画「メサイア ―幻夜乃刻―」公式サイトより)

    原作はこちら

    メサイア
    著者:高殿円
    発売日:2016年05月
    発行所:講談社
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784062932967

    漫画版も発売中

    メサイアーCODE EDGEー 1
    著者:ミナヅキアキラ 高殿円 MESSIAH PROJECT
    発売日:2018年04月
    発行所:講談社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784065112939

     

    11月17日公開「銃」

    芥川賞候補にもなった中村文則さんのデビュー作『銃』が、村上虹郎さん主演、「百円の恋」の武正晴監督によって映画化。

    映画のために中村文則さんが書き下ろしたセリフもあるそうですので、ぜひ原作と見比べてみてください。

    あらすじ
    俺は拳銃を拾った――。
    大学生、西川トオル(村上虹郎)は、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という〈道具=武器〉は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。

    (映画「銃」公式サイトより)

    原作はこちら

    著者:中村文則
    発売日:2012年07月
    発行所:河出書房新社
    価格:583円(税込)
    ISBNコード:9784309411668

     

    11月17日公開「PEACE MAKER 鐵 後篇:友命~ユウメイ~」

    仇討ちのため兄とともに新撰組隊士となった市村鉄之助を主人公に、波乱に満ちた幕末の世と、新撰組の活躍を描く漫画『PEACE MAKER 鐵』。黒乃奈々絵さんの代表作が2部作で劇場アニメ化されました。

    前篇「想道」は今年6月に公開。Blue-ray・DVDが11月28日(水)に発売予定となっています。

    あらすじ
    慶応四年――幕府軍と薩摩軍の争い“鳥羽伏見の戦い”が始まった。土方は前線で指揮を執り、山崎は隊医として負傷者の救護にあたる。しかし圧倒的に不利な銃撃戦、淀城の薩摩への寝返りと、苦戦する新撰組は次第に追い詰められていく。 一方で、思いを寄せる少女・沙夜を身請けするため奔走していた鉄之助は、隊を離れたまま幕府軍大敗の知らせを聞く。自分は何のために新撰組に入ったのか――屯所へ来て間もない頃、山崎と交わした会話を思い出した鉄之助は、もう一度刀を手に、隊へと戻る決意をするが……

    (劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」公式サイトより)

    原作はこちら

    PEACE MAKER鐵 1
    著者:黒乃奈々絵
    発売日:2002年10月
    発行所:マッグガーデン
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784901926119




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る