• 朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』が文庫化!映像化を夢見て書き下ろした短編集

    2018年11月15日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    11月15日(木)に、朝井リョウさんによる『世にも奇妙な君物語』の文庫版が発売されました。

    世にも奇妙な君物語
    著者:朝井リョウ
    発売日:2018年11月
    発行所:講談社
    価格:713円(税込)
    ISBNコード:9784065137222

    本作は、オムニバスドラマ「世にも奇妙な物語」の大ファンだという朝井さんが、いつか番組で映像化されることを夢見て書き下ろした短編集。

    怖い話や不気味な話、はたまたコミカルな話などそれぞれ違ったテイストの短編が収録されており、まさに「世にも奇妙な物語」を意識した構成になっていることが特徴です。

    今回は、そのなかから第1話の「シェアハウさない」をご紹介します。

     

    一見何の変哲もないシェアハウス。しかしそこには秘密が……

    本作の主人公はフリーライターの浩子。ある日、居酒屋で一人泥酔しているところを、偶然居合わせた客の真須美に助けられます。

    目が覚めると、そこは年齢も仕事もバラバラな男女が住むシェアハウスでした。なかには一人暮らしをする余裕がある人も。

    「なぜ、あえてシェアハウスに住むのか?」――もともと仕事でシェアハウスの記事を書こうとしていた浩子は、これを絶好の機会として捉え、潜入してネタを集めようと目論みます。

    ところが住民と交流を深めていくなかで、浩子はある違和感を覚えるようになり……。

    現在、都市部に住む若者を中心に定着した「シェアハウス」という居住スタイル。わいわいと楽しそうなイメージを抱きがちですが、本作ではそのイメージを裏切る結末が用意されています。

    浩子が覚えた違和感とは、そしてそのシェアハウスに隠された秘密とは? ぜひ本書を読んで確認してみてくださいね。

     

    普通のハッピーエンドでは終わらない、驚きの結末

    ほかには、奇妙な法律が制定された未来を舞台とした「リア充裁判」、保護者からのクレームに葛藤する保育士を描いた「立て! 金次郎」、ネットニュースを題材とした「13.5文字しか集中して読めな」、それまでの話がすべて集約される「脇役バトルロワイアル」の全5編を収録。

    「世にも奇妙な物語」のテイストに沿っているだけでなく、現代特有の問題を取り上げており、朝井さんならではの鋭い視点を楽しめる物語ばかり。秋の夜長におすすめの一冊です。

    世にも奇妙な君物語
    著者:朝井リョウ
    発売日:2018年11月
    発行所:講談社
    価格:713円(税込)
    ISBNコード:9784065137222

     

    朝井リョウさん関連記事

    「握手券つきCD」商法は悪か?現代のアイドルにまつわる問題が満載!朝井リョウ『武道館』文庫版
    【対談】朝井リョウ×青羽悠「何かになりたい」と欲して書いた、初めての小説(第29回小説すばる新人賞対談)
    朝井リョウ『何様』インタビュー:『何者』よりもっと広く、もっと遠くへ 『何様』に込められた作家・朝井リョウのいま




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る