• 【第1話を公開】一見地味なアラサーOL、その正体は!?Twitterで話題『魔女は三百路から』【後編】

    2018年11月11日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    『魔女は三百路から』は、地味なアラサーOLに見えるものの、本当の正体は300歳を迎えた「魔女」である黒川御影(くろかわ・みかげ)を主人公とした漫画。

    御影の自由奔放な“おひとり様ライフ”を描いた本作は、著者・松本救助さんのツイートをきっかけに話題となりました。

    魔女は三百路から 1
    著者:原田重光 松本救助
    発売日:2018年10月
    発行所:白泉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784592162810

    ほんのひきだしでは、本作の第1話をまるごと公開。第1話の前編では、自由なひとり暮らし生活を楽しむ様子が描かれていました。

    後編では「妄想上の彼氏」にソックリの新入社員・小林に出会った御影が、妄想を現実にすべく奮闘します。

    前編はこちら
    【第1話を公開】一見地味なアラサーOL、その正体は!?Twitterで話題『魔女は三百路から』【前編】

     

    『魔女は三百路から』第1話を公開!【後編】

    1世紀年下の魔女・魔魅(まみ)から、インスタの写真を「見栄」ではないかと指摘されたことで、こじらせっぷりを加速させる御影。

    最終的には魔女の力を使い、勝手にツーショット写真を撮ることに成功しますが、もちろん現実は変わりません。今後、ふたりの関係は進展していくのでしょうか……?

     

    大人気につき重版決定!

    品薄状態が続いていた本作ですが、先日重版が決定。重版分は11月15日(木)に書店店頭に並びます。

    ▼著者・松本救助さんのTwitter

    300歳を迎えた魔女の、一風変わった日常を覗ける『魔女は三百路から』。気になった方はぜひチェックしてみてください!


    ©松本救助・原田重光/白泉社

    魔女は三百路から 1
    著者:原田重光 松本救助
    発売日:2018年10月
    発行所:白泉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784592162810




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る