• 【第1話を公開】一見地味なアラサーOL、その正体は!?Twitterで話題『魔女は三百路から』【前編】

    2018年11月10日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    10月29日(月)に第1巻が発売された漫画『魔女は三百路から』が話題となっています。

    魔女は三百路から 1
    著者:原田重光 松本救助
    発売日:2018年10月
    発行所:白泉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784592162810

    きっかけは、著者の松本救助さんによるツイート。本書の第1話の冒頭が掲載されています。

    本作の主人公は、一見地味なOL。同僚と思われる人の噂話では、彼女が周囲から、“謎多き独身アラサー女性”として認識されていることがわかります。

    しかし、最後のコマで衝撃の事実が明かされます。実はこの主人公、300回目の誕生日を迎えた“三百路(みおじ)の魔女”だったのです!

    こちらのツイートは、11月8日(木)現時点で22,800リツイート、65,054いいねを獲得。「なにこれ面白い!」「続きが見たい」「かわいい」と話題になりました。

     

    『魔女は三百路から』第1話を公開!

    そんな300歳の魔女・黒川御影(くろかわ・みかげ)の“おひとり様”ライフを描いた本作。

    恋人と過ごしているかのような「妄想フォト」を撮ってインスタに上げたり、飼い猫(使い魔)のノワールとたわむれたりと、自由で楽しいひとり暮らしを満喫していました。

    「この先百年、二百年後も孤独に生きていくんだろうな」と覚悟を決めていた御影でしたが、ある出来事をきっかけに「魔女は三百路からよ!」と一念発起することになります。

    今回は、本作の第1話を丸ごと掲載。“おひとり様”を極めた300歳の魔女の日常をぜひご覧ください。まずは前半からどうぞ!

    「妄想上の彼氏」にソックリの新入社員・小林が現れたことをきっかけに、「妄想を現実にしたい」と一念発起する御影。

    これに続く物語の後半では、小林と距離を縮めるために奮闘する姿が描かれます。

     

    後半はこちらから

    【第1話を公開】一見地味なアラサーOL、その正体は!?Twitterで話題『魔女は三百路から』【後編】


    ©松本救助・原田重光/白泉社

    魔女は三百路から 1
    著者:原田重光 松本救助
    発売日:2018年10月
    発行所:白泉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784592162810




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る