• マーベル版『寄生獣』!?エンドロールの最後まで席を立たないように注意:「ヴェノム」ほか今週公開の映画

    2018年11月03日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    11月1日公開「ビブリア古書堂の事件手帖」

    シリーズ累計680万部突破の人気作『ビブリア古書堂の事件手帖』が、「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督によって実写映画化。

    栞子を黒木華さん、大輔を野村周平さんが演じ、そのほか成田凌さん、夏帆さん、東出昌大さんといった実力派キャストが出演。サザンオールスターズによる主題歌「北鎌倉の思い出」も必聴です。

    鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。店主の篠川栞子は極度の人見知りだが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は優れた洞察力と推理力で、五浦大輔が持ちこんだ夏目漱石の「それから」に記されたサインの真偽を解き明かし、彼の祖母・絹子が50年前に“秘密の恋”をしていたと指摘する。
    これが縁となり古書堂で働き始めた大輔は、日に日に栞子に惹かれていく。だが、過去の出来事から本が読めなくなった大輔は、同業者の稲垣が本を介して栞子と心を通わせるのを複雑な想いで見守るしかなかった。
    そんな中、謎の人物が栞子が大切に保管する太宰治の「晩年」を奪おうとしていた。その正体を探り始めた二人は、「それから」に秘められた絹子の恋の行方と、「晩年」に隠された秘密がつながっていることに気付く。しかもその先には、大輔の人生を変える“ある真実”が待ち受けていた――。

    映画「ビブリア古書堂の事件手帖」公式サイトより)

    原作はこちら

    ビブリア古書堂の事件手帖
    著者:三上延
    発売日:2011年03月
    発行所:アスキー・メディアワークス
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784048704694

    『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズついに完結!実写・アニメで映画化決定

    ビブリア古書堂の「その後」を描く『扉子と不思議な客人たち』

     

    11月2日公開「赤毛のアン 卒業」

    「赤毛でそばかすだらけで、やせっぽち」決して美少女ではないけれど、豊かな想像力とおしゃべりで皆を魅了する女の子・アン。世代を超えて愛される世界の名作が、モンゴメリの孫娘であるケイト・マクドナルド・バトラーをスタッフに加え、全3部作の劇場版になりました。

    今回公開された〈卒業〉は完結編。将来への夢をふくらませる16歳のアンに、突然の別れが訪れます。

    14歳の秋、新学期から長いスカートをはき始めたアンは、少し大人びて見える。でも、ギルバートはアンを無視。筏で溺れかけたアンを救助した一件で、アンの一言に傷つき、もう口をきかない決心をしたのだ。
    ステイシー先生は、シャーロットタウンにあるクイーン学院を受験したい生徒たちを集めて課外授業をすることにし、アンにも声をかけた。一生懸命勉強すれば教師になれると言われ、興奮して教師への夢を語るアン。マシュウとマリラは、アンに良い教育を受けさせるつもりでいたので喜んで賛成した。しかし、腹心の友ダイアナは両親に進学を反対され、参加できなかった。
    アンは、ギルバートや意地悪なジョシーを含む数人と2カ月課外授業を受け、クイーン学院を受験。ギルバートと同点の1番の成績で合格した。マシュウとマリラは寂しさをこらえながらアンをシャーロットタウンへ送り出す。

    映画「赤毛のアン 卒業」公式サイトより)

    原作はこちら

    赤毛のアン
    著者:ルーシー・モード・モンゴメリ 岸田衿子 安野光雅
    発売日:2018年06月
    発行所:朝日出版社
    価格:3,024円(税込)
    ISBNコード:9784255010687

    もっと見る

     

    11月2日公開「ヴェノム」

    スパイダーマンの宿敵として知られる「ヴェノム」。凶悪なルックスとキャラクターで愛され続けるスーパーヴィランが、「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督によって映画化されました。

    いち早く鑑賞した人々からは、「エンドロールが完全に終わるまで席を立たないように」とのコメントが相次いでいます。最後に何が待っているのか、ぜひご自身の目でお確かめください。

    敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという〈ライフ財団〉の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは〈シンビオート〉と呼ばれる地球外生命体だった。
    この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。
    エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく――。

    映画「ヴェノム」公式サイトより)

    原案作はこちら

    ヴェノム:リーサル・プロテクター
    著者:デイビット・ミケライニー マーク・バグリー ロン・リム 高木亮
    発売日:2018年10月
    発行所:小学館集英社プロダクション
    価格:2,376円(税込)
    ISBNコード:9784796877534

     

    11月2日公開「スマホを落としただけなのに」

    2017年に「このミステリーがすごい!」の“隠し玉”として注目を集めた『スマホを落としただけなのに』が、北川景子さん主演、「リング」の中田秀夫監督によって実写映画化されました。

    「うっかりスマホを落とした」。そんな誰にでも起こりうる出来事と、その末路を描くSNSミステリー。これを見た後は、別の意味でスマホが肌身離せなくなるかも。

    彼氏の富田(田中圭)に電話をかけた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。

    身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。落としたスマホから個人情報が流出したのか?

    ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。

    「違う! それ私じゃない! 私、何もやってない!」

    時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。

    スマホを拾ったのは誰だったのか。
    連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。
    そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?

    映画「スマホを落としただけなのに」公式サイトより)

    原作はこちら

    スマホを落としただけなのに
    著者:志駕晃
    発売日:2017年04月
    発行所:宝島社
    価格:702円(税込)
    ISBNコード:9784800270665

    『スマホを落としただけなのに』続編は「Wi-Fiをつないだだけ」から始まるサイバーミステリー!

     

    11月3日公開「走れ!T校バスケット部」

    シリーズ累計120万部の青春小説が、「今日、恋をはじめます」の古澤健監督、「おっさんずラブ」を手がけた脚本家・徳尾浩司さんらによって映画化されました。

    志尊淳さん、佐野勇斗さんら俳優陣が、バスケットボール元日本代表の半田圭史さんによる猛特訓を受けて臨んだという本作。圧巻のプレーの数々に注目です。

    連戦連敗!向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。
    そんなT校に、バスケの強豪白端高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。
    陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない――。
    そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢――。
    陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

    映画「走れ!T校バスケット部」公式サイトより)

    原作はこちら

    走れ! T校バスケット部
    著者:松崎洋
    発売日:2010年02月
    発行所:幻冬舎
    価格:535円(税込)
    ISBNコード:9784344414433




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る