• 子規手製の俳句カルタ、『魯敏遜漂行紀略(ロビンソン・クルーソー)』など約180点を展示 国立国会図書館70周年記念展示「本の玉手箱」開催中

    2018年10月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    10月18日(木)より国立国会図書館にて、展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」が開催されています。

    同展は、国立国会図書館の開館70周年を記念して行なわれている企画。

    昭和23年(1948)年からの国立国会図書館の歩みを振り返るとともに、約4,300万点にもおよぶ蔵書の多様さが、「美しい本・珍しい本」「どこかで見た本」「世を映す本」の全3章、資料約180点の展示で紹介されています。

    “近代印刷の理想書”といわれる『欽定訳聖書』や『チョーサー著作集』、正岡子規お手製の俳句カルタ、誰もが子どもの頃に親しんだであろう『魯敏遜漂行紀略(ロビンソン・クルーソー)』や、アンパンマンがはじめて登場した「PHP」、美しいしかけ絵本、一世を風靡したテレビドラマの脚本……。

    “玉手箱”の名にふさわしい、貴重で幅広い資料がたくさん見られる展示です。

    第1部 国立国会図書館の70年
    第2部 さまざまな蔵書
    ・第1章 美しい本・珍しい本
    ・第2章 どこかで見た本
    ・第3章 世を映す本

    関西館でも11月30日(金)より開催予定。読書の秋に、足を運んでみてはいかがでしょうか?

    会期中には国文学研究資料館長 ロバート・キャンベルさんを招いての講演会(要事前申し込み)、ギャラリートークなども開催されます。

    開館70周年記念展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」

    東京会場(国立国会図書館 東京本館 新館1F 展示室)
    ・前期:10月18日(木)~11月2日(金)10:00~19:00
    ・後期:11月5日(月)~24日(土)10:00~19:00
    ※入場無料。
    ※土曜日は18:00まで。
    ※日曜・祝日休館。11月21日(水)は資料整理休館日。

    関西会場(国立国会図書館 関西館 地下1F 大会議室)
    ・前期:11月30日(金)~12月8日(土)10:00~18:00
    ・後期:12月10日(月)~22日(土)10:00~18:00
    ※入場無料。
    ※日曜休館。12月19日(水)は資料整理休館日。

    展示資料一覧

    記念展示公式ページ




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る