• 第6回ブクログ大賞

    第6回ブクログ大賞 投票開始!『余命10年』『大家さんと僕』『バッタを倒しにアフリカへ』『Lily』『さよなら未来』などがノミネート

    2018年10月01日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「第6回ブクログ大賞」の投票受付が、本日10月1日(月)よりスタートしました。

    投票ジャンルは〈小説〉〈マンガ〉〈ビジネス書〉〈エッセイ・ノンフィクション〉〈人文・自然科学〉〈海外小説〉の6部門と、全ジャンルから好きな作品に自由に投票できる〈フリー投票部門〉。

    読書管理・ブックレビューサイト「ブクログ」ユーザーからの投票によって、各部門につき大賞1作品が決定します。

    今回ノミネートされた作品は、2017年5月1日~2018年7月31日の15か月間に発売された書籍のうち、ブクログユーザーの登録数・評価数をもとに選出。本好きが「面白い・面白そう」と思った作品から、投票によって“本当に面白い本”が選出されるというのがこの賞のコンセプトです。

    ※マンガ部門は9巻以下の作品が対象。
    ※フリー投票部門については、ジャンル・発売年月日を問わず、投票者が上記期間に読んだ書籍を自由に投票することができます。

    投票期間:2018年10月1日(月)~22日(月)

    投票方法:
    「第6回ブクログ大賞」特設サイトにアクセスしたのち、下記いずれかの方法で投票。
    ①Twitterアカウントで投票
    ②ブクログユーザーアカウントで投票

    ※大賞作は2018年11月12日(月)に発表されます。

    「第6回ブクログ大賞」特設サイト(ノミネート作もこちらから)
    https://booklog.jp/award/2018

     

    前回の大賞受賞作はこちら

    ●小説部門大賞
    『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

    ●マンガ部門大賞
    『夜廻り猫』(深谷かほる/講談社)

    ●ビジネス部門大賞
    『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(中島聡/文響社)

    ●エッセイ・ノンフィクション部門大賞
    『いのちの車窓から』(星野源/KADOKAWA)

    ●人文書部門大賞
    『ゲンロン0 観光客の哲学』(東浩紀/株式会社ゲンロン)

    ●海外小説部門大賞
    『アウシュヴィッツの図書係』(アントニオ・G・イトゥルベ、訳:小原京子/集英社)

    ●フリー投票部門
    『ねないこはわたし』(せなけいこ/文藝春秋)

    〉詳細・受賞コメントはこちら
    https://booklog.jp/award/2017




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る